マントラ瞑想に便利な「チャクラ・メディテーション動画」を紹介します。

2018/05/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

瞑想でチャクラを開くためには各チャクラに対応したマントラを唱える必要があります。しかし瞑想中は、なるべく頭で考える事を避けた方がいいのに、マントラを思い出したりしていると、つい頭を使ってしまいます。

そこで今回は、そんなマントラ瞑想便利な動画を見つけたので紹介したいと思います。尚、この動画は前回の記事…

7つのチャクラの特徴を解説…と合わせてご覧になる事をおススメします。動画に登場するマントラ(音)と各チャクラのシンボルを対応させていますので、ご覧になれば、より分かり易いと思います。

チャクラ・メディテーション動画

youtube動画 Chakra Dhyana (Michaelさんが公開)

チャクラ・メディテーション動画の使い方

最初は一度youtube動画を通して見て下さい。まず動画は、はじめモノクロで始まります。そして…

第1チャクラのシンボル色である赤に背景が変わり、マントラである音:Lang(ラン)を唱え始めます。何度もマントラを唱えますので、あなたも心の中で同じように唱えます。(※動画の中のチャクラ・シンボルも赤に着色されます)

注意:次のチャクラに行く前にクンダリニーの上昇メディテーションが間に入ります。

動画を何度か通してご覧になれば分かると思いますが、各チャクラとチャクラのメディテーションの間に、背景が金色に変わるシーン(場面)があります。この時、あなたの黄金色のクンダリニーが次のチャクラに流れるようにイメージして下さい。

注意:動画の英語では「金の流体があふれ出て流れるようにイメージする」とありますが、これはヨガで言うところのクンダリニーの上昇の事です。動画でも「クンダリニー・アローハーナン」と唱えています。

クンダリニーを知らない方は…

ヨガや瞑想でよく聞く「チャクラを開くとは」…をご覧下さい。

第2チャクラのシンボル色オレンジに変わり、マントラの音:Vang(バン)を唱え始めます。また何度もマントラを唱えます。あなたも心の中で同じように唱えます。

注意:これらと同じ要領で、第3チャクラから第7チャクラまで、瞑想をしながらマントラを唱えて下さい。(間にクンダリニー上昇が6回入ります)そして、大切なことは、チャクラの位置を意識しながらマントラを唱えることです。

第3チャクラから第7チャクラまでの、シンボルと色、マントラ(音)は前回の記事…

7つのチャクラの特徴を解説…を確認して下さい。

マントラ瞑想を行う上での注意点

マントラ瞑想の動画は全部で約22分間あります。最初は慣れるまで、ただ動画の音を聞きながら、瞑想を繰りえして下さい。身を任せて座るだけで構いません。椅子に腰掛けて瞑想をされても構いませんが、本格的に瞑想の座り方を知りたい方は…

瞑想は簡単なほうがいい説「おススメ瞑想法も紹介するよ」…の中で何種類か取り上げていますのでご覧下さい。

マントラ瞑想法でチャクラを開き、クンダリニーの上昇を成功させるには、もう一つ重要なポイントがあります。それは…

クンダリニーのイメージを持つことです。(クンダリニーの上昇とチャクラの回転)

先に出てきた、クンダリニーの上昇メディテーションがそれですが、もう少し詳しく説明する必要があります。黄金色のエネルギーが登ってきて、チャクラを回転させるイメージですが、もう少し明確なイメージングが必要だと思います。

しかし今回はこれくらいにしたいと思います。まず、この動画でマントラ瞑想に慣れて下さい。また機会があれば、お話したいと思います。

 

今回のまとめ

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。youtubeには、この動画以外にも優れた瞑想動画がたくさんアップされています。自分に合った動画を探されても面白いかと思います。

みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.