自動筆記「シュルレアリスム技法」を成功させる5つのヒント…とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回の記事で…自動筆記の方法の説明をしましたが、どんな技法にも、それを成功に導くコツ…と言うか・・・ちょっとしたスパイスのようなレシピが成否を大きく分けてしまいます。

そこで今回は、前回の補足記事としまして・・・「シュルレアリスム技法」を成功させるヒント…について書いて行きたいと思います。

まだ、前回の記事…自動筆記は「シュルレアリスム技法」が…おススメです。…をお読みでない方は、リンク先からご覧下さい。

(おは・こんばん・にちわ!…つっこみマン…只今 \( ̄^ ̄)/ 参上!!…です。

…レシピって、今回は料理の話じゃないよね・・・(゚ペ)?

・・・違います。比喩(ひゆ)の一つです。・・・(笑)

(あんたの…その、まわりクドイ言い回し…あまり ”うけて” ないから・・・ヾ(ーー )オイオイ

・・・分りました。気をつけます・・・(笑)…という訳で、今回はなるべく簡潔に、お話したいと思いますので…興味のある方は、ぜひ見て下さいね。

「シュルレアリスム技法」を成功させるヒント

また、つっこみマンから…お叱りをいただきそうですが・・・(笑)…プロの料理と、一般の料理との違いは、ほんの僅かな、火加減だと言われています。今回の内容はそんな記事です。

自動筆記のレシピ(手順)は前回お伝えしました。あれが全てです。・・・しかし、この小さくて大きな、自動筆記「シュルレアリスム技法」を成功させる考え方をお教えしたいと思います。

(つっこみ監視の目・・・d( ̄  ̄) 

ヒント1. あなたにとって…本当に必要な質問を考えてください。

無駄な質問の場合…スピリットはその答えを無視する場合があります。このセッションが成功するかどうかの1つ目のカギは…簡潔で明確な質問をするという事です。

本当にあなたの心に ”引っ掛かってきた質問”  を選んでください。感情的に負担が大きいほど、スピリットの反応はより明確になります。

また質問は、あまり長くない方がいいでしょう。箇条書きにできる程度に簡潔にまとめて下さい。もし多くの質問がある場合は…別のセッション(自動筆記)に分けて下さい。

質問例:例えば・・・「スピリットよ…どうして私の幸福を妨害するのですか?」

質問を簡潔(ストレート)に…自分の魂の叫びを、質問すると届く可能性が高くなります。

(魂の叫びか・・・ロト6を質問しようとした自分が恥ずかしい…m( ̄ー ̄)m ゴメン

ヒント2. あなたの心を…無にして下さい。

あなたの心を無にする方法を学ぶことは、自動筆記最も重要な部分です。このセッションが成功するかどうかの2つ目のカギは…自我を静めるという事です。ただ単にリラックスさせただけでは、まだ心に思考があって、自動筆記(自然に描く)の妨げになります。

あなたの心を無にする方法を学ぶには以下のものがあります(※すべて、このブログで説明してあります)

  • 瞑想
  • 呼吸法
  • ヴィジュアライゼーション(視覚化)
  • ヨガ

まず、自分に合うものを見つけて、毎日、最低でも20分くらいはセッションを行い、慣れておく必要があります。

(一日、20分も・・・俺に出来るかな?…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ヒント3. 優しいトランスを理解する

本来、私たち人間は非常に簡単にトランス状態に入る能力を持っています。しかしトランスに対して間違った知識やイメージがあります。このセッションが成功するかどうかの3つ目のカギは…トランスを理解するという事です。

私たちが日常で入っている、最も人気のあるトランス状態は、テレビですが…ここでもう一つ重要なポイントがあります。それは「ながら」です!

「テレビを見ながら」…何かをする、と言うことが優しいトランス状態の意味です。

優しいトランス状態は、あなたの思考が緩んだ状態(脳が弛緩した意識の一形態)です。この時、自動筆記を行うとスピリットからの情報の流れを容易にし非常に便利です。

優しいトランスに入る一般的な方法は、テレビ以外では、音楽を聞きながら、ダンスを踊りながら、反復的な仕事をしながら、という方法が考えられます。音楽コンサートは完全にトランス状態です。

どれを選んでもかまいませんが…ご近所迷惑にならないようにしてくださいね。僕、個人としては…落ち着いた音楽を聴きながら…をおススメします。

(俺は…やわな音楽じゃ、トランスに入らないぜ…やはりハード・ロックかな…( ̄0 ̄)w” イエーィ

ヒント4. 得た情報を許可する

さて、ここまで自動筆記の準備ができたら、描き始めることができます。僕がおススメする「シュルレアリスム技法」は、最初、意味のない絵を描く(文章でも可)ことから始まります。

最初うちは、まだ思考が少し働いていますから、描いた絵(得た情報)に、否定的な気持ち(意味がない…など)が湧き上がりますが、心配しないでください。

あなたが描いたものを完全に知らない(今まで描いたことのない)ものなら、それは実際にはとても良いことです!このセッションが成功するかどうかの4つ目のカギは…得た情報を許可するという事です。

更に、あなたは何かを描き続けることで、深いトランス状態へと入って行くでしょう。でも、恐れないで下さい。この段階では、あなたが何を描いているのか?…を分析することは出来ません。

ただ、得た情報(絵や文字など)を受け取るだけで良いと思います。自動筆記に慣れないうちは、この時、少し抑止力がかかります。(得た情報にガッカリするなど)

しかし、これも正常な反応です。この段階で、まだあなたの心が関わっていることが分かったら、前の、優しいトランス状態に戻って下さい。(※この手順を何度も繰り返す必要があります)

僕の個人的な方法としては、描いた絵を、他人が描いたものとして見るようにしています。

(へたくそな絵だな…と思うくらいはいいのかな?…(゚ペ)?

微妙な所だけど・・・(笑)第三者的な目で見られるならOKです。私が描いたけど、私の絵じゃない…とね。

ヒント5. 情報​​を解釈する

セッション中に自動筆記が終わりに近づいていることを感じ取ることがあります。実際には、スピリットから答え(情報)を得るという感覚が停止し、もうそれ以上の情報は来ないと感じます。

僕のおススメする「シュルレアリスム技法」の手順では、あらかじめセッション時間を設定(15分)していますから…それでセッションは終わりです。

いったん停止したら、あなたが描いたものを検討する時間です。しかし自動筆記の失敗における半分は、この得た情報を解釈する段階で起こります。何故なら…あなたの主観という思考が働き始めているからです。

このセッションが成功するかどうかの5つ目のカギは…情報を正しく解釈するという事です。

僕の経験では、自動筆記で得たメッセージは、暗号のような ”もの”  が多いです。特にシュルレアリスム技法」では文字ではなくで情報を得ますから、その解釈が難しいと感じられるかも知れません。

でも、その解釈において重要なヒントを一つお教えしたいと思います。それは描いた絵の中の「一定のパターン」を見つけることです。繰り返されるパターンには、特別な意味が込められています。

また、場合によっては「異なるパターン」(一つだけ違う)のメッセージを得る可能性もあります。

ここで、覚えておいて欲しいことは「スピリットからのメッセージの解釈には時間が必要」という事です。自動筆記セッションが終わった直後に  ”ひらめき”  のように答えを得られる場合もありますが…それは稀です。

ほとんどの場合は、しばらく経ってから、その意味に気付きます。1週間後が1ヶ月後…ひどいものだと1年後に気付く場合もあります。なぜそうなるかは分りませんが、おそらく自分の魂の成長が、そのメッセージに追いついていないから・・・と僕は思っています。

また、もう一つアドバイスをすれば、同じ質問の自動筆記セッションを何度か行い、同じパターンを探してみる方法もあります。これはパターンを探す方法に適していますが…やはり解釈には時間が必要です。

(そっか~メッセージを解読するのが難しいのか・・・

映画ダ・ヴィンチ・コードのラングドン教授が居てくれたらなぁ…(゚ペ)ありゃ?

ラングドン教授でも解釈は難しいと思うよ!…自分の人生の答えは…自分にしか分らないからね・・・(笑)

今回のまとめ

今回も、少し長くなってしまいましたが、自動筆記を成功させるヒントをいくつか書いてみました。しかし、自分で書いておいて…なんですが、成功させる…と意識するよりは、このセッションを楽しむ…と考えたほうがいいと思います。

芸術家になったつもりで楽しみながら  ”ひらめき”  を得てくださいね。・・・(笑)

(何だよ…それだったら俺は得意だぜ!…楽しいこと大好き…(≧∇≦)b OK

今回も、最後まで読んでいただいてありがとうございます。みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.