「睡眠」と「催眠」の違いから「ヒプノ・セラピーの誤解」について…

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回の「運」と「睡眠」のフシギな関係…の話の中で、少しだけ「睡眠」と「催眠」についてお話したと思いますが…(それ、俺が、つっこんだんだよね…(^_^)ニカッ♪…つっこみマン登場!

まだ、読まれていない方は、上記リンク先からご覧下さい。

催眠」つまり催眠療法も、多くの雑誌やマスコミなどで取り上げられ、一昔前(10年くらい)と比べると、幾分世間に認知されるようになってきました。しかし…

まだまだ、誤解が多く、間違ったイメージがあると思います。

(確かに…あるな。マインド・コントロールとかな…ヾ(- -;)

そこで今回は「催眠療法」つまり…「ヒプノ・セラピー」とは、どんなセラピーなのか?…について、もう一度、話したいと思います。(一年くらい前にも…書いていた気がする…「(゚ペ)ほりょ?

ヒプノ・セラピー(催眠)とは

ヒプノ・セラピーとはいったい何なのか?

「ヒプノ・セラピー」の「ヒプノ」という言葉は、ギリシャ語の「ヒプノス」に由来し「眠り」を意味します。つまり、眠りのセラピーと言うわけです。

(うん?…だったら、やっぱり睡眠と、いっしょじゃん…ヾ(・・;)オイオイ

実は…この「ヒプノ」という言葉を最初に使ったのは、イギリス人で医師である、ジェームス・ブレイド(1795-1860)という人で…この時代では、睡眠と催眠の違いは、まだはっきり分かっていませんでした。

(ふーん、そっか。なら仕方がないな…(*’-‘)b OK!

今でも…私たちセラピストが催眠から戻すとき「目覚める」という言い方をしているも、この影響です。

しかし、実際のセラピーの間に※クライアントが本当に眠っているわけではありません。(※セラピーを受ける人

催眠に入った状態とは…

例えば…夜、布団に入った寝入りばなの、”うとうとしてきた”状態や…朝、自然に目が覚めてしまって、もう少し眠たいけど、布団の中は温かくて起きたくないな…とか考えながら、”うとうとしている”ような状態。

…だと言えます。この状態に誘導してセラピーを行うわけです。

(俺…毎日、体験しているぜ!…(゚ー゚)(。_。)ウン

そう、誰もが、普通に毎日経験している状態です。

この状態を心理学的言えば「トランス状態」と言いますが…その昔、あるカルト的新興宗教団体が「マインド・コントロール」していた信者を「トランスに導いていた」という表現で使われたため、かなりイメージが悪いのです。

(それそれ…冒頭に言ったやつ!…ヾ(- -;)

 

トランス状態とは

(俺…トランス状態って…どんな感じなのか、興味があるな…w( ▼o▼ )w ワクワク!!…いけない気がする

君も、僕も、一日に何回も「トランス状態」に出たり入ったりしています。

(えっ、まさかと?…と驚いたり…して…w(゚o゚)w オオー!

トランス状態をもっと簡単に説明する方法があります。みなさん映画は映画館で見ますか?…それとも最近では最新作もDVDでかなり早い段階で出てきますから、自宅で映画を見ますか?

(俺は、やっぱし…家だな!…くつろげるし…(≧∇≦)b OK

僕はやはり映画館に足を運ぶのが好きです。大きなスクリーンに迫力のある音響。上映前の待合室の雰囲気。上映開始のブザー音…

ポップコーン片手に彼女と空いている席を探す事など、映画を見る前の儀式と言っては何ですが、それらの雰囲気がとても好きです。

(まぁーそれも悪くないね…(゚ー゚)(。_。)ウンウン

恋愛映画、ミステリー、戦争映画、SF、ホラーなどさまざまな物語が、そのスクリーンに映し出されることでしょう。…そして僕達は、いつの間にか、その物語の中に引き込まれてしまいます。

悲しい別れの物語は、涙を誘いますし…ホラーやサスペンス物には主人公が、この先いったいどうなってしまうのかと思い、心臓がドキドキさせられてしまいます。

(ホラーは嫌いだ…夜寝れなくなっちゃう…((-_-。)(。-_-))ノーノー

でも、ここで少しだけ…その見ている映画について”物理学的”に考えてみてください。

私たちが映画館で見ているものは、映写機から発せられた光がフイルムを通って、スクリーンに映し出された、いわば「影絵」のようなものです。

(ふむふむ…なるほど…(゚д゚)(。_。)ウン!

音声だって、録音された音源をデジタル変換して、蓄積し、また再生機(プレイヤー)によって復元された音にすぎません。

(確かに…(。_。)ウン!

でも、私たちはその「影絵」に…涙を流し、心を震わせるのです。

(何か…納得させられた気がする…(゚ー゚)(。_。)ウンウン

実は…

トランス状態は、この映画を見ている状態に非常近いもの、いや、映画鑑賞も一つのトランス状態といえるでしょう。

トランス状態を一言で言うと「非常に集中している状態」そして「その中に入り込んでしまっている状態」と言えます。

ヒプノ・セラピー」はこの状態を使った「セラピー」なのです。

「ヒプノ・セラピーとはリラックスして、顕在意識(自我意識)を休ませ、イマジネーションを通して潜在意識に触れさせるセラピーの事です」

もっと簡単に言うと…自我に休んでもらっていて、自分の中の本当の自分を探す、自己探求の旅をするセラピーとも言えるでしょう。

(そっかー。やっと分かった気がする…ホンマかいな…(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ…一人つっこみ

 

しかし残念ながら「ヒプノ・セラピー」についてはまだまだ誤解が多いことも事実です。「催眠」イコール「他人を操る悪い魔術」のように考えている人も少なくありません。

(それはサー…バラエティー番組やマスコミのせいじゃない?…正論…(≧∇≦)b OK

 

今回のまとめ

今回は「睡眠」と「催眠」の違いから「ヒプノ・セラピー」とは何かについてお話しました。

残念ながら日本では、まだまだ認知度合いが低く、誤解も多いのが現状ですので…少しでも「ヒプノ」の有効性が分かっていただきたいと思いますから、これからも、ちょくちょくお伝えしていきたいと思います。

(OK…了解しました。…(・o・)ゞラジャー!

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございます。今日も、みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.