路地に…魅せられて

2019/03/16
 




この記事を書いている人 - WRITER -

なぜ…これほどまでに「路地」に魅せられるのだろうか。懐かしさに惹かれているのは分るけど…それだけではない気がする。たぶん多くの人がそう感じるのは、路地を通り抜けた先に、何かが待っている気がするから…。それは不思議の世界?…あるいは妖怪が潜んでいるとか?…そんな子どもの頃の感覚が蘇ってくるのは、僕だけではないはずだ。

僕は「路地」が持つ…そんな空気感に惹かれているのだと思う。

ちなみに「路地」って言葉は ”通り抜けできる小路”…ってイメージだけど、京都では ”通り抜けの出来ない” 行き止まりの袋小路”のことを「路地」といって、読み方は「ろーじ」って読むらしい。”通り抜けが出来る小路” は「辻子(図子)」と書いて「ずし」…と言うらしくて、僕のイメージと違ってた。

引田の路地裏より RICOH GR Lens 18.3 F2.8 ハイコントラスト白黒

でも、まあ今まで「路地」って使っていたので…これも「路地」でいいよね。子どもの頃、路地の裏側で “輪投げ” や “めんこ” をして遊んだ…あの夕暮れ時の感じは「路地裏」じゃないとピントこない気がするからね。路地突き当たりに、人の住まない古びた民家があって、よく友だちと潜り込んで「秘密基地」にしていた。そこに集めた ”めんこ” や自分で作った武器(たわいもない木で作った刀とか)なんかを隠していたっけ…。

でも「危険だから入っちゃダメ」って…大人に言われていたけど、よけいワクワクして「密かな基地遊び」をしていた頃を思い出してしまった。これが今回の ”めっけもん写真” でした。

― リュウショウ・オカモト ―

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!