ありふれた町の光景から…感じるもの

 




この記事を書いている人 - WRITER -

ありふれた光景や”もの”なんかから…何かを感じるのは素敵な事だと思う。平凡な景色の中に、ちょっとした光と影を感じたり、町の気配なんかを発見して撮る。その平凡の中に、少しの変化や、異物なんかが混じっていると…より面白いと思うしね。こんな場所に、こんなものがあるんだ…って驚くことを楽しんでいるみたいだ。ただその驚きは、ほとんど僕の主観だから、他の人から、あまり理解されないと思うけど…。でも僕は、こうしてブログを書いているので、平凡な写真をたくさん撮っても、まだ救いがあるかな…。だって、こんな平凡な写真を見てくれる殊勝な人達が、たくさん居てくれて…。感謝しております。(笑)

引田の民家 RICOH GR Lens=18.3mm ポジフイルム調

今回の”めっけもん”は引田の普通の民家にあった大きな煙突。引田(ひけた)の詳細については…引田ひなまつりの「お雛さま」をご覧下さい。一枚目のアイキャッチ画像にある煙突は…讃洲笠屋邸の煙突で、そんなに違和感はなかったけど…この民家の、それも比較的、現代に近い建物の横に建つ、大きな煙突に興味を惹かれてしまった。この辺りは醤油工場が有名なので、もしかして、その煙突かもしれないけど…普通の民家と、この煙突の取り合わせ、色々と想像してしまうので面白い。

煙突といえば、昔、東京で下宿していた頃、よく通った銭湯や、焼き物の工場なんかを連想する。…でもこの煙突、銭湯という感じではなかったので、何か焼き物を作るための煙突かもしれない。…なんて「町撮り」をしながら想像して、いつも楽しんでいる。なんて事のない、たわいもないカメラ・ライフで、本格的な写真家の方に笑われてしまいそうだけど…もっと誰も見向きもしなかったような被写体や、もっとマニアックなものを撮りたいと思っています。

そういう意味でいうと、今回の写真は少しメジャーすぎたかな?(笑)…煙突は誰でも目を惹くからね。これからも、こんな写真が多くなると思うけど、面白いと感じてくれましたら、また見ていって下さいね。

― リュウショウ・オカモト ―

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!