何故、ナンバー33は最強なのか? 後編

2018/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お待たせしました!前回、お伝えした「何故、ナンバー33は最強なのか?」について本題に入りたいと思います。しかしこれは、一般的な運命数などを見るカバラ数秘術とは違います。ナンバー33つまり、数「33」が、何故、最強の数字として脚光を浴びているようになったのか?…についての検証したいと思います。

少々、怖い話になるかも知れませんので、ナンバー33に関係のある方(※特にマスターナンバーの人とか)は、覚悟してお読み下さい。

また、あなたがマスターナンバーかどうか?については…

カバラ数秘術 運命数…まずの冒頭部分で、運命数をご確認下して下さい。そしてマスターナンバーならば…

カバラ数秘術の運命数「11,22,33」を持つ人…についての話…をご覧下さい。

ただ単に数字の持つパワーを、数学的や数秘術的に検証する内容ですが、ぜひこの機会に、ご自身の運命数を知っていただきたいと思います。

話が反れたので戻ります。前回の内容は、各数(0から9)の特徴についてお話しました。今回は、33という数字について検証したいと思います。前回の記事をまだ読まれていない方は…

何故、ナンバー33は最強なのか? 前編…からお読み下さい。

 

ナンバー33の関連事項

まず、みなさんは33という数字を見て、何を連想しますか?単にゾロ目の33にルート33、女性の方なら二度目の厄年(本厄)が33歳ですかね。後、京都にある国宝・三十三間堂に、法事の33回忌と、意外と33に関連する事柄って多いと思いませんか?

また、33は日本だけでなく、外国でも古くから意識されていた数字です。

有名なことでは聖書です。イエス・キリストがこの世にいた期間が33年で、ダビデがエルサレムを治めていた期間も33年間です。

また、聖書とあまり関係はありませんが「天使と悪魔」で有名なダンテの「神曲」は三部作各33章で構成されていますし、一説によれば、インド神話に登場するシヴァ神などの神々の数も33神だと言われています。

そして、33はこれら、に関わることだけでなく、厄災(やくさい)などにも関係している事柄が多く見られます。中でも特に気になるのが、北緯33度線の怪という話です。

 

北緯33度の怪

これは北緯33度に位置する場所に厄災が異常に多いという噂です。

上図の世界地図を見てください。黄色いラインが北緯33度線です。※分かりやすくするため実際の線より太いのでイメージとして捉えて下さい。

この黄色いラインに位置する場所を見ただけでも、ピンと来る方もいらっしゃると思いますが…

中東エルサレムや、現代でも内紛が続くイラクの首都バグダッド、リビアの首都トリポリ、シリアの首都ダマスカスなどは、いずれも北緯33度近辺に位置しています。

アメリカ大陸とヨーロッパ大陸の間に位置する大西洋には、船舶や飛行機の多くが消息を絶った魔の三角海域「バミューダトライアングル」も北緯33度に位置していますし…。

アメリカと言えば、未だに多くの議論の残る、歴史上最大のUFO事件「ロズウェル事件」が起きたのも、この北緯33度のラインです。

また世界中で起きているアメリカが関係した様々な争いや事件が多いのが、この北緯33度線ですが…

我々日本人が忘れてはならないのが、アメリカが原爆を投下した長崎も北緯33度線に位置します。(※厳密には北緯32度77分)

 

また、天災ですが最近では、熊本地震が起こってしまいました。今だ多くの住民が復興で苦労されていますが、この熊本の震源の震源地も北緯33度線近く(北緯32度45分)だったと言われています。

少し前で、若い人は知らないと思いますが、伊豆大島三原山の噴火(昭和61年)は島民避難でニュースを賑わせていましたが、これも北緯33度線近くでした。(※2016年にも群発地震が発生している)

こんなの、こじつけだ!…と思われる方もいらっしゃると思いますが、北緯33度線は日本だけでなく世界を見渡しても厄災の多いラインなのです。

話は戻りますが、何故ナンバー33という数はこれら厄災と関係しているのでしょうか?定かではありませんが、ある一つの仮説をお話しなければなりません。それがフリーメーソン33との関係です。

 

フリーメーソンと33との関係

フリーメーソンという秘密結社の名前。最近では都市伝説番組のおかげで、ほとんどの方が知っている現状では、秘密でも何でもなくなってきましたが、まだまだ知られていない事があります。

みなさんはフリーメーソンと聞くと、どんなイメージがありますか?世界(※特にアメリカ)を裏から支配している組織とか…金融社会をコントロールしている…とか。

詳しくは、ウィキペディアで調べて欲しいと思いますが、簡単に説明すると、フリーメーソンとは16世紀後半から17世紀初頭に起きた友愛結社のことで…。

現在、多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人を超え、うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下にあって、25万人は英連邦グランドロッジに、200万人は米国のグランドロッジに所属しているそうです。(※ウィキペディア調べ)

さて本題に入りますが、フリーメーソンは33という数字に異常なこだわりがあります。

まずメーソンに入会すると階級が与えらるそうです。最初は師弟から始まって、それから職人になり、親方になります。これがブルーロッジと呼ばれる地下の3階層で、そこから出世すると、地上階に出られ、さらに出世をするとビルの階層を一段づつ昇ります。

そして…このビルの最上階の階数が33階なのです。(※下図参照)

英語ですこし見づらいですが、地下のに階層があって地上と4階から32階まで階層があります。そして最上階(33段目)を「Grand Inspector General」と呼び最高大総監の地位とされています。

 

ちなみに日本の東京タワーにもフリーメーソンロッジがある事は有名ですよね。

東京タワーの高さが約333メートルなのはフリーメーソンと関係があるからで、最上段にはフリーメーソン最高位しか入れない秘密の部屋があるとの噂もあります。

 

後、これも有名な話ですが、あのディズニーの創業者ウォルトディズニーもフリーメーソンで、東京ディズニーランドを運営しているオリエンタルランド社が、子供の国ディズニーランド敷地内に、大人しか入れない、いわゆる秘密の部屋「クラブ33」を設置しているという都市伝説もあります。

(※イメージ写真です)

またディズニーアニメや映画には至るところに33サブリミナルメッセージが隠されているとの事ですが…。

そういえば、最近見たディズニー映画「トゥモローランド」に、夢の国(トゥモローランド)に行く方法で、パリのエッフェル塔の最上階に、ウォルトディズニーが造った秘密の部屋があって、そこからトゥモローランドに行くシーンがあったのですが…

東京タワーはパリのエッフェル塔をモデルに造ったと言われているので、さっきの噂、東京タワー最上階に秘密の部屋があるという都市伝説は信憑性があるかも知れませんね。

「信じるか信じないかは…あなた次第です!」

…ってどこかで聞いたセリフですね(笑)パクリではありません。

 

今回のまとめ

さて、今回は「何故、ナンバー33が最強なのか?」について色々見てきましたが、まだまだ33にまつわる話は、沢山あります。しかし厄災とフリーメーソンとの関連性は定かではありませんが、無視できない感じもあります。

また「友愛と厄災」というキーワードは、運命数33と言うマスターナンバーを持つ、金メダリスト羽生結弦選手が「怪我から復帰して優勝し、多くの人に夢と希望を与えた」…という彼の宿命をみても、何か無視できないものがあると思いませんか?

詳しくは…

オリンピック選手たちへ「感動をありがとう」運命数33の羽生結弦選手と未来数11の宇野昌麿選手の大活躍…をお読み下さい。

今回も長くなりましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.