魔導書「グリモワール」の実践について考えてみる

2018/04/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここまで今回の魔導書シリーズを読まれた方でしたら、もうお分かりかと思いますが…

魔術とは深層心理を応用したテクニックで、変性意識へと導く技術である。

…と言うことが出来ます。魔導書シリーズを最初から読みたい方は…

魔術奥義書「グリモワール」の基本は悪魔召喚に非ず…から先にお読み下さいね。

変性意識に導くため、様々な魔術道具や呪文などの方法があって、それらを取りまとめた物が、魔導書「グリモワール」です。そして今回、そのグリモワールの中で、特に取り上げたいと思っているのが…「ソロモン王の鍵」です。

何故「ソロモン王の鍵」なのか?、また「ソロモン王の鍵」とは何か?について知りたい方は…

魔導書「ソロモン王の鍵」について…をお読み下さい。

魔導書の実践について考える前に、僕の魔術に対してのスタンスをお話したいと思います。

 

魔導書「グリモワール」を実践するに当たって

まず、第一に、中世に流行った古典魔導書の内容を、そのまま実践するつもりはありません

具体的には、「ソロモン王の鍵」などの魔導書ですが、呪文や儀式の方法、生贄の種類などが書かれていますが、それをそのまま実践するつもりはありません。

何故かと言えば、それら細かい様式に、あまり意味がないと考えるからです。

 

そして、第二の理由は、そもそも魔導書の内容にも色々と問題があって、例えばヘブライ語から英語への翻訳の問題で、呪文や生贄の種類が違うことも多くあり、また魔導書を書いた(翻訳した)人間が、わざと欺(あざむ)く為に暗号化している事もあるからです。

また、悪名高き魔術師との異名を持つアレイスター・クロウリーのように、魔導書に忠実に実践して、世間からの非難を浴びるような行為はしたくないですよね(笑)

魔術師アレイスター・クロウリーを、まだ知らない方は…

魔術グループ「黄金の夜明け団」とは…を先にお読み下さい。

しかし、魔導書「グリモワール」の内容にも、大変重要なことがあって、それは何度も述べてきたように…

魔術は意識を変化させて、はじめて可能になる!

…ことであって、その為には一部の呪文や儀式も、意識を変容させる手助けになるツールと考えています。

中でもペンタクルと呼ばれる護符や呪文の効果は、神道であり仏教徒である、我々日本人にとってなじみの深いものでもあるので、積極的に取り入れて考えて行きたいと思います。

 

また、魔術以外にも、変性意識と言えば、ヒプノ・セラピーや座禅・瞑想法など、様々な得意分野が存在します。それらの技術も取り入れた魔術体系を考えて行きたいと思っています。

これから、みなさんと一緒に勉強をする事で、アレイスター・クロウリーを超える魔術師になれるかも知れませんね(笑)

 

今回のまとめ

…と言うことで、魔術という怪しいテーマですが、今回も最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。出来るだけ古典魔術を、科学の進歩した現代人が受け入れ易い形で紹介できたらと考えています。

それでは今回はこの辺で…みなさんに幸せが訪れますように。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.