3タイプの天使を具体的に考える。

2017/12/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回のブログでは3タイプの天使の存在守護天使自然天使、そして大天使)がいるというお話をしましたが、今回はその役割や仕事などについて、もう少し詳しくお話したいと思います。

3つのタイプの天使たち

前回のブログ記事で、天使とはどういった存在なのか掴めてきたと思います。そんな天使の仕事は全人類と全世界の守護ですから、その仕事は多岐にわたるのですが、その内容から大きく三つの種類に分類分けする事が出来ます。

それが「守護天使」それから「自然天使」そして「大天使」なのです。では早速、個々の天使について見て行きたいと思います。

 

◎守護天使(ガーディアン・エンジェル)

守護天使は前回も説明しましたが、特定の人間を守り導く天使のことです。おそらく守護天使のいない人間はいないと思います。人間一人につき最低でも二人の守護天使に守られていると言われています。

守護天使は、あなたより先に霊界に赴(おもむ)き「魂の覚醒」をした人間です。私達の遠い祖先かも知れませんし身内だった方かも知れません。

守護天使はあなたの誕生からずっと側にいて、あなたが天国に向うその日まで見守ります。しかしあなたの守護天使が一生同一の天使とは限りません。途中で違う天使と交代することもあるらしいのです。よく人生において生き方が180度変わる方がいらっしゃいますが、おそらくその時に守護天使も交代していると思われます。ただし安心してください。どんな事があっても、あなたの守護天使がいなくなる事はありません。

 

守護天使人間を守り安全な方向に私たちを導きますが、人間の行動を制限する事はありません。危機が近づいてきたときだけ、何かのメッセージで知らせてくれるのです。それは突然見えるビジョンかもしれませんし、夢枕などに立って教えてくれるかも知れません。また僕の子供の頃の天使体験でお話したように、普通の人間との偶然の出会いや、相手の言葉の中に含まれているかも知れません。ですから我々受け取る側の人間が注意しておかないとそのメッセージを見過ごしてしまうかも知れません。

 

僕はタロット・カード・リーディングも行いますから偶然引いたカードの中に守護天使からのメッセージを読み取る事が出来ます。またタロット・カードのような道具を使わなくても守護天使からのメッセージを受け取れる方もいらっしゃいます。いわゆる霊媒体質と呼ばれる人は守護天使発する光を見る事が出来る方です。

僕は瞑想中によく左の上の方からとても強い光を感じることがあります。一般的に人間の身体から発するオーラの光は色んな色があるそうですが、守護天使が発する光は真っ白な光でした。

 

◎自然天使(ナチュラル・エンジェル)

自然天使と名づけましたが自然界の天使のことです。この天使も基本的に人間を助けるために地上に遣わされているのですが、特に宇宙の秩序から我々の身近な自然環境までを守護している天使のことです。旧約聖書の創世記の一節に有った「まず、神は宇宙創造にあたって、まず、天使をつくられた」とはこの自然天使の事です。

壮大な宇宙にあって、太陽系の秩序を創り、多くの惑星を創られました。そして我々が生まれたこの地球という命の惑星を創られ、生命が誕生した事は疑いようのない事実です。そして地球上の全ての自然循環の秩序を守り、地球上の全ての息とし生けるものを守ってくれているのです。

 

最近、特に人間は、自然に対して「傲慢の罪」を犯しています。それは人間だけが便利であれば良いという考えから環境破壊を繰り返し、多くの生態系を狂わせてきました。それでも天使は惜しみない愛によって宇宙の秩序を守ってくれているのです。しかし思い出してください。その昔、人間が犯した「傲慢の罪」によって神の怒りをかい、地球上で大洪水が起きたという「ノアの箱舟の物語」を。我々は一日も早くこの「傲慢の罪」に気づき改善しなければなりません。

 

自然天使は僕たちが知る事の出来る世界全てに数多く存在します。例えば「天体の天使」はそれぞれ太陽や月の秩序を守り「暦の天使」でもあります。「黄道十二宮の天使」は星の運行を見守り星座の秩序を守るでしょう。

また僕達の身の回りに目を向けても多くの天使が存在します。特に僕達の生活に切り離せない天使は「火の天使」や「水の天使」です。

そして自然界の秩序を守るのが「生と死の天使」です。死と言うと「死神」を連想しますが、実は死神も天使の一人です。この「生と死の天使は」生き物の誕生と死という秩序を守っているのです。

また自然の木々などの植物の成長を助ける天使も存在します。別名「フェアリー(Faeries)妖精」とも言います。家の庭先に花が咲いたなら、このフェアリーが手助けをしていると思ってください。

 

この他にも、ここに書ききれないほどたくさんの天使が存在します。普段は我々に気にも留めてもらえないような天使ですが、自然にとってとても重要な天使ですので、時々「感謝」の気持ちを口にして下さい

 

◎大天使(アーク・エンジェル)

聖書の中にも、その名前が度々出てくる「大天使」は全ての天使の頂点に立ち、守護天使自然天使などを見守り、時には我々人間にも救いの手を差し伸べてくれる天使です。聖書の中で聖者と呼ばれる人間に救いの手を差し伸べた事で有名ですが、救いを求める人間が聖者でないと応えてくれないかと言えば、そうではありません。基本的に天使は全て、惜しみない愛を分け隔てなく与えてくれます。ですから、心の底から助けを求めるときは大天使の名前を呼んでみてください。心の中でその名前を思い浮かべるだけでもかまいません大天使は皆さんのすぐ側にやってくるでしょう。

 

大天使は有名な四大天使ガブリエル、ミカエル、ウリエル、ラファエル)以外にも存在します。一説には七大天使とも十二大天使とも言われていますが、世界中の聖典で、その名前が完全に一致しているのが、この四大天使です。

四大天使の役割について後のブログ記事で個々に詳しくお話しします。

 

天使全般について

これは全ての天使に言えることですが、基本的に天使は大天使であろうと皆さんに奇跡を起こしてくれる存在ではありません。その人間の「人生」という宿命をまっとうする事に手を貸してくれるのです。ですから、我々が間違った道を歩もうとしている時に、何らかの方法でメッセージを届けてくれるのです。

人はそれぞれの道を、それぞれの宿命に沿って歩んでいます。隣の宿命がいいからといって他の宿命に変えてほしいと頼んでも無理な願いなのです。ただし自分の宿命から反れてしまいそうな時危機が迫っている時などは大きな力となってくれるでしょう。

ですから天使が全ての願いをきいてくれないからと言ってがっかりしないで下さい。もしあなたの願いが届かないようでしたら、あなたの宿命とは関係のないことを頼んでいるのかも知れません。

今回のまとめ

今回は前回のブログ記事の補足として3つのタイプの天使について書きました。補足の方が長い記事になってしまいましたが、これから「ガーディアン・エンジェル・セラピー」で天使にお願いするときに、とても重要なポイントを書きました。

お願いする相手の事を知る事はとても大切です。なので次回からは個々の天使についてもう少し掘り下げて行きたいと思います。 😆

これからも浪漫紀行は、身近で見つけた奇跡や、みなさんに役立つ記事を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2017 All Rights Reserved.