感化力のひとつ「誘導」

2018/03/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は念波が起こす心理的「誘導」についてお話したいと思います。

誘導とはどんな現象?

科学用語で「誘導」とは、ある物質の振動を、離れた他の物質に再現する事をいいます。誘導と聞くと道路案内か心理学でセラピストが行う誘導が思い浮かびますが、科学の「誘導」は違います。どちらかと言えばエネルギーの伝達のことで、誘発を指すようです。

例えば、磁石は離れた場所にある物質の磁場に影響を与えます。肩こりに効く磁気ネックレスをイメージしてください。また電気を帯びた物質が離れた物質に同じ振動を誘発しますし、太陽の熱も熱波によって地球に届き地表を暖めます。音だって音波で遠く離れた窓ガラスを振動させます。これらすべてが「誘導」です。

念波の誘導とは

科学の「誘導」と同じように、人間の発した念は心の振動をそのまま、波のように受信側の人間に伝えます。そして、その心の念を誘発し再現しようとします。この自然現象は毎日、いつでも、どこでも当たり前のように起こっています。ただ、私たちがその事を認識していないだけです。

あるグループ、例えば、何か仕事のプロジェクトチームがあって、人数は5名程度で、それまで仕事が上手くいっていたのに、たった一人、心に不満を持つ人間が入った途端、いざこざや喧嘩が始まりプロジェクト自体が暗礁に乗り上げた。なんて経験はありませんか?

まじめで大人しかった学生たちが、ある思想家と出会い、言動が過激に変わり、果ては過激派となった60年代から70年代の学生運動も「念波の誘導」によるものです。

誘導は悪いことばかりじゃない

先の「誘導」の例は悪い事ばかりを取り上げましたが、よい心を持った念が伝われば、好ましいことが起こります。この「運命の秘法」の目的は、好ましい人生を送るためのものですから、本来は「誘導」の好ましい例だけを取り上げればいいのですが、刃物という道具の使い方と同じで、危険を理解したうえで知ってもらいたかったからです。

すばらしい精神力と知識、そして人や国を思いやる、大きな心を持たれた師といえば、弘法大師、空海が一番に思い浮かびます。真言宗の開祖であり天台宗の開祖最澄と共に、日本仏教の基礎を築いた空海は飢餓や飢饉で苦しむ民を導き、時の権力者までをも動かし国づくりにまで関わった、その「誘導」はまさしく、聖なる誘導だと思います。

今回のまとめ

  • 誘導」とは、ある物質の振動を、離れた他の物質に再現する事。
  • 念波の誘導」は心の振動をそのまま、波のように相手側の人間に伝える。
  • 好ましい心を持った人間の「誘導」ではすばらしい事が起こる。
この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2017 All Rights Reserved.