「学ぶことの意味について」天使からの手紙~Letter,6

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回も「ガーディアン・エンジェル・セラピー」を通して得られた天使からのメッセージを紹介するコーナーの第六弾です。

テーマは「学ぶことの意味について」です。

僕は子供の頃よく「何でこんな役に立たない勉強ばかりしなければいけないの」なんてへそ曲がりな事ばかり言っていました。

学校での勉強は嫌いで、試験の前になると慌てて友達のノート見せてもらい、何とか赤点を免れていました。親からは「勉強しないのはあなたの勝手だけど、大人になって後悔するのもあなた自身ですよ」とよく言われました。

大人になってから、この疑問に対して真剣に考える事があって、僕は再び守護天使にこの疑問をぶつけてみることにしました。

天使からの手紙

僕は社会に出ると、親の言葉どおりになりました。大した学歴もない僕が無理をして大企業に就職したまでは良かったのですが、当時はバブル全盛期。

出身大学別の出世コースがあって、そのレールに乗れない僕は、自分の腕一本で飯を食うんだと決心し、一年半で有名大企業を辞めていました。

東京の舞台装飾の建て込みに職を得た僕は、大工仕事の下手間から始まって、八年で何とか設計の仕事で食べられるようになったのですが、その間、何度も親の言葉が身にしみる経験をしました。

しかし前にも書きましたが、三十歳を過ぎたある日、事故で全てを失って、振り出しに戻った僕は、今の仕事の勉強を一から始める事になったのです。

今になって思えばものすごく遠回りをして今の仕事に至ったわけですが、今更になって、勉強の大切さを感じるのです。

僕は失敗の連続の人生ですが、人は何故、学ばなければならないのか?守護天使に聞いてみる事にしました。

※紫色で書かれた文章が天使からの手紙です。

Letter,6(天使からの手紙・6)学ぶ事の意味について

【何を知るか、何を学ぶかはそれぞれの人間の宿命によって決まられている。だから、人は「学ぶ」事からは逃れる事は出来ないのです。あなたは、その身をもって「学ぶ」ためにこの地上に遣わされたのですから】

【宿命とはあなたが、この地上に遣わされた目的。究極の宿命とは「学ぶ」事にあるのです】

【「学び」とは何も、子供の頃の勉強だけではありません。大人になってからも、その時々の学びがあります】

【「学び」とは「成長」の事でもあり。毎日が学びであり、成長であるのです】

【学ぶ事は人間の宿命ですが、学ぶか学ばないかは自由です。しかし学びの無い魂は再び、その人生をやり直さなければならないのです】

 

守護天使から矢継ぎ早に手紙(メッセージ)が届きました。僕はさらに突っ込んだ質問をしました。

人生の学びも大切ですが、僕の知りたい事は子供時代の勉強についてです。その意味について知りたいのです。例えば、大人になって何かの職人になるなら、その技術だけ学べばいいのではないですか?分けの分からない、微分積分など、何の役にもたちません。

 

【子供の頃の「学び」には二つの意味があります。一つ目は「学び」とは、その人間の生き方、姿勢のことです。子供の頃に学ぶ事に慣れることで、その生き方の姿勢を作っているのです。子供の頃、多くを学んだ者は、その姿勢が確かなものになるのです】

【二つ目は、人生の可能性を見つけることです。その選択肢を「学ぶ事」で作っているのです。どの分野に進めるかは、この見極めで決まるのです。しかし可能性が無限にあるわけではありません。その魂の宿命の範囲で選択するしかないのです】

 

僕は、その宿命の答えが何か知りたいのです。自分の人生が今、その宿命に沿っているのか、正しい選択ができているのか知りたいのです。

 

【あなたが、あらかじめ全ての宿命を知っておくことは出来ません。あなたが学ぶべき宿命は、その人生で一つではないからです。】

【その時代、年代で、なすべき宿命は変わって行きます。もしあなたが先に宿命を知ってしまったら、今、果たすべき宿命を、今学ぶべき事を投げ出してしまうかも知れません】

【もしそうなったら、先の宿命も変わってしまうのです。ですから、あなたが選択できる事は「今なす事を行うか行わないか」ただ、それだけなのです】

【学ぶか、学ばないかの選択権は常にあなたにあります。先ばかりに気を向けていないで、今学ぶべき事に全力をつくすこと。それにかかっているのですよ】

【それこそが運命を自分の力でつかんだ事になるのです。与えられた、宿命を受け入れて、言い方を変えれば、与えられたあなたの才能、環境を受け入れて、全力で学ぶ事です。そうすれば、運命をつかみ、次の宿命を与えられる事でしょう】

 

僕はこの天使からのメッセージを得て、自分が今を頑張らないで、ゴールばかり見ていた事に気づきました。マラソンの選手のように、今の一歩、苦しいけども、今の一歩を全力で踏み出すことが大切だと分かりました。

その一歩一歩の積み重ねで、人生の与えられた宿命を果たすことが出来るのだと感じました。「学ぶ」事は、単なる一歩。しかし大きな一歩だと分かったのです。

今回のまとめ

僕は過去、長い間、足を踏み出さないで立ち止まっていた時期がありましたが、しかし再び一歩を踏み出し始めまたとき天使からのメッセージで気づかされました。

僕達の選択権は、学ぶか、学ばないかしかないのです。また人生というマラソンはいつ再開してもいいように思います。

みなさんも自分の周りをもう一度見渡してください。今できることで、踏み出せていない事が必ずあるはずです。その学びが、あなたの運命を切り開いてくれるのです。

これからも浪漫紀行は、身近で見つけた奇跡や、みなさんに役立つ記事を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.