タロット、占星術など、占い、スピリチュアルに関するサイト

【タロット占い師になる】シリーズ『占い師』を成功させる魔法の心理学!【中級者向け】

2021/04/19
 







この記事を書いている人 - WRITER -

前回『タロット占い師になる』シリーズの【中級者向け】の内容⬇をお届けしたと思いますが……。

占いの占術を信じるな!占いの術者を信じよ!

ちょっとキャッチーなタイトルを付けすぎましたし、

おそらく、このブログ記事を見て、まだ具体的な方法が分からないと思った方も多かったんじゃないかと……。

みなみ
みなみ
みなみは「占い師として自分を信じること!」が大切ってのは分かったのですが……。
Ryusho
Ryusho
そうだね。まだそのテクニック的な話はしていなかったです。

そこで今回は、僕が昔、タロット占い師になったばかりの頃、学んでいた本の紹介と、少しだけ大切な部分をピックアップしてお話したいと思います。

内容的に短め(たぶん3分以内に読める)になると思いますが、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

『占い師』を成功させる魔法の心理学【中級者向け】

 

Ryusho
Ryusho
さて今回は、前回の『占術を信じるな!術者を信じよ!』というテーマを受けてお話しますが……。

占い師が、占い師になるために一番重要なものは何だと思いますか?

前回の記事を読まれた方は、もう占術(占いの技術)と答える方は、少ないと思いますが、答えを先にいうと【心理学】です。

ただしここで言う【心理学】は、医学的な【心理学】ではなくてラポールを築く心理学のことです。

 

◉人間関係を築く『ラポール』とは

ラポール|rapport」はフランス語から派生した言葉で(※英語圏でも同じ)「調和・一致・同意・親和性」を意味する言葉です。※主に『心理カウンセラー』が使う言葉。

これに似た言葉で「コミュニケーション」という英語の言葉もありますが、「ラポール」との違いは「言葉」というツールを使うかどうかです。

Ryusho
Ryusho
始めてこの言葉を知る方は、この辺のニュアンスが難しいので、もう少し詳しく説明すると……。
  • コミュニケーション」は、言葉などを通して気持・意見などを、相手に伝えること。
  • ラポール」は、言葉以外の身体の姿勢・反応など用いて、相手に伝えること。

ただし、勘違いして欲しくないことは、「ラポール」も言葉を使います!ただし、言葉以外の方法(目の動き・身体の位置・声の抑揚など)を積極的に使います。

そして「コミュニケーション」と「ラポール」にはその目的に違いがあります。

  • コミュニケーション」は相手に、気持ちやメッセージを伝えることが目的。
  • ラポール」の目的は、相手との、共感・信頼を得ることが目的。

そして、この「ラポール」を得るテクニックこそが、占い師として一番必要な心理学】なのです。

Ryusho
Ryusho
これが僕の言う、『人間関係を築くラポール』なのです。

 

◉占い師を成功させる『魔法の心理学』とは

Ryusho
Ryusho
さてそんな、『人間関係を築くラポール』を学べる心理学とはなにか?

実は僕、この心理学に出会うまで、かなりの量の無駄な心理学の本を読みました(もちろん購入して)

「専門的すぎて分からない!」「医学的で占い師の仕事には使えない!」「科学的データばかりで意味がない!」といった専門書ばかりで、実際に占い師として使える『人間関係を築くラポール』のテクニックを学べる本にはなかなか出会いませんでした。

そんな時、ちょうど(今から15年前)ヒプノセラピーのライセンスを取るために行った、東京のセミナーで知り合ったロシア出身の女性から『NLP(神経言語プログラミング)』の本が良いよ!と教えてもらいました。

これが⬇その時の本です。今も購入可能みたいですね。

 

この本は、日本オリンピック委員会(たぶん昭和の)スポーツ・カウンセラーである「著者:高橋慶治」氏が書かれた本で、素晴らしい内容の本だったのですが……。

当時、まったくの初心者だった僕には、少し内容が難しくて(テクニカル的すぎて)理解するのに時間がかかってしまいました。今は僕のバイブルになっていますがね(笑)※知識のある方にはすごくおすすめです。

僕は……。

占い師にとって『NLP(神経言語プログラミング)』は 、絶対に学ぶべき心理学の本だと思っています。

Ryusho
Ryusho
しかし、もう少し、優しく学べる本がないかなと探していたのですが……。

そんな時、これまたヒプノセラピーの上級ライセンスを取得しに、またまた東京のセミナーに行った時、今度は確か講師の(ニーバス博士)だったと思いますが、『ビジネスを成功させる魔法の心理学』という本を教えてもらいました。

これが⬇実際の本です。これはひょっとして今は入手困難かも。

 

この本は「ビジネス向けのNLP入門書」で、大企業向けのコミュニケーション・コンサルタントとして国際的に活躍されていた(15年前ですが)「著者:ジェニー・Z・ラボード」氏が書かれた本で……。

Ryusho
Ryusho
さらに一般的にこういった外国の専門書の翻訳は難しいのですが……。

イギリスなどでビジネス・コーチングをされていて国内でNLPトレーナーの第一人者として活躍されている「著者:北岡泰典」氏が翻訳を担当されていて、分かりやすかったです。

Ryusho
Ryusho
今回のブログ・タイトルを見て、もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが……。

占い師』を成功させる魔法の心理学!というタイトルは『ビジネス』と置き換えて付けさせていただきました。ある意味『占い師』もビジネスの範囲に入りますからね。

少し古い本ですが、今読んでもNLP初心者には勉強になる本だと思います。※中古本しか出回ってないかも知れませんので、ご了承くださいませ!また、値段の高すぎるコレクター本もありますが購入の際は自己判断でお願いいたします。

 

まとめ

 

今回は『占い師』を成功させる魔法の心理学!

について、紹介させていただきました。

前回の記事とあわせて【中級以上】の占い師を目指す方にお役に立てれば嬉しいです。

みなみ
みなみ
もう少し、師匠が内容を教えてくれると良かったのですが……。
Ryusho
Ryusho
そうだね。でも僕の説明よりも、本の内容がいいので、まずは入門書として勉強してみてくださいね。

また、ステップアップとして、先に紹介した『NLP(神経言語プログラミング)』の本を読まれると、より理解が深まると思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また次回、お会いいたしましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2021 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!