僕の新しい相棒を紹介します。「RICHO GR」です。

 




この記事を書いている人 - WRITER -

昨年末の一番の出会い…といえば、この「GR」だったわけだけれど、まだ本格的に使ってなくて、今年から始めたブログ企画で「神聖幾何学を探せ」で、ちょこっと撮影してみた…

近くのホームセンターで「神聖幾何学」を見つけました。

しかし…あらためてスナップ写真として使ってみると、僕はコンパクトなカメラの方が合っているのかな?…と気付き始めた・・・。

写真に長い文章は不要だけど…よく散歩に行ってる近くの公園。でも「GR」で撮影すると…違った景色に見える。RICOH GRは28mm単焦点レンズで、大体こんな感じで…APS-Cサイズのセンサーだから、絞るときりっとして、僕はわりと…この世界観好きかな。

1690万画素のGR。ブログ用に画質は少し落としているけど…片手で撮ったと思えない、この解像度。GRといえば ”モノクロ” というイメージがあるけれど…撮っていても納得。でもモノクロだけじゃない…。

JPEG撮って出しで…この色合い。RAW現像とか色調整をしなくてもRICOH GRの標準エフェクト機能を使えば…レトロ感のある写真が簡単に撮れる。天気が悪かったので※日中シンクロは使ったけど…エフェクトの種類も豊富で…この色合いはGRにしか出せない「GR色」(※日中にストロボを使った撮影)

もちろん寄りのマクロ撮影だって出来る。「椿」が艶っぽく感じるのは…僕だけかな?…撮る前から、このレトロな感じをイメージして撮っていて…うまく言えないけど、とにかく目の前にある空気感になんとか近づけたい…。

GRは「スナップシューター」と呼ばれていて、瞬間的な感性を一瞬で表現してくれる。そういう意味ではモノクロが、しっくりくるカメラではあるけれど…なかなかどうしてセンスのいいエフェクトのおかげて、エモーショナルな「GRカラー」で世界を切り取れる秀逸なコンパクトカメラ。

いまの僕みたいなアマチュアでも「感じる写真が撮れたなら」それは間違いなくRICOH GRのおかげです。

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!