瞬間を生きる…

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「私たちの魂が、今あること…を学ぶなら」

「私たちの魂が、今にいる方法…を学ぶなら」

「私たちの魂が、過去を手放し、未来を忘れること…が出来たなら」

 

「私たちは、隠された真実を知ることが出来る。

…歪んだ世界を、見渡すことが出来る」

「私たちの世界は…」

「私たちが生きる、この世界には…過去なし、未来なし」

「ただ、今があるだけ、今と言う瞬間があるだけ」

「この世は…瞬間の時空連続体」

 

「過去と言う時間は…心の錯覚」

「未来という時間は…心の創造。

…そして、今と未来をつなぐ、時空があるだけ、連続した瞬間があるだけ」

「私たちの生きる、この世界の本当の姿は…瞬間の時空連続体。

…だから過去も未来もない。…ただ今と言う時空があるだけ。

…今と言う瞬間があるだけ」

 

「この世界は、巨大なクラゲ。海に漂う無形のクラゲ」

「絶えず、形を変えて海を漂う一つのクラゲ」

「ある瞬間は…もう過去とは違うクラゲ」

「別の瞬間には…未来をつくるクラゲ」

「だから、今の形に過去の形は存在しない。

…そして未来の形も存在しない」

「あるのは、今と言う形だけ。

…未来につながる…今という瞬間の形だけ」

 

「未来と今をつなぐ、たった一つの”もの”は海。

…宇宙という名の海」

「海のリズムで、クラゲは形をが変える。

…海のリズムでクラゲの居場所が予想できる」

…一貫性のある波からクラゲの形が想像できる」

流動的な海のなかで、未来のクラゲが育つ。未来に影響するクラゲが育つ」

「しかし…まだクラゲの一部は…過去の形」

「過去の形は…単なる錯覚。今にはもうない単なる記憶」

「でもこの記憶に、未来の種が縫いこまれている」

「未来を想像する種が縫いこまれている」

 

「私たちが触れられるのは…この未来の種だけ。…そしてその種を育てることだけ」

「でも、それが…今と言う、瞬間を知る…こと。

…そして…今と言う、瞬間を生きる…こと」

― 瞬間を生きる ― リュウショウ・オカモト

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!