『マヤン・オラクル』からの神託とは…

2019/07/16
 







この記事を書いている人 - WRITER -

Top Photo By:WalkersskによるPixabayからの画像

師匠~なんか上のメニューに『マヤン・オラクル』って項目、増えてません?
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
おっ、よくぞ気づいてくれた!…ありがとう(笑)嬉しい!

実は…ここ3日間くらい…

マヤの奇跡『マヤン・オラクルからの神託を、何とかみなさんに届ける方法はないものかと…色々と試行錯誤しておりまして…

やっと本日、完成し公開する運びとなりました。それで早速、上のメニューバーにセットしたわけです。

師匠~『みなみ』はまだ、話に全然ついていけてません。『マヤン・オラクル』って何ですか?新しい占い?『神託』って?
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
ごめん。ごめん。苦労して作ったので、つい興奮してしまって…

今からマヤの奇跡『マヤン・オラクル』を詳しく説明していこうと考えています。興味のある方は、これからお付き合いくださいね。

今回の記事内容は、以下の項目となっております。読みきり目標時間は5分を予定しております。※目次の閉じている方は開いて見てね。

マヤン・オラクルからの神託とは

Image Photo by:OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

Ryusho
Ryusho
『みなみ』ちゃんはマヤ文明のこと知ってる?
何となくですけど…確か、すっごい昔に南米で栄えてた文明で、一夜で都市が消えてなくなったとか…
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
ははっ(笑)『一晩で消えた』って話は、それこそ都市伝説だけど…

ピラミッドを造れるほどに高度に発達した文明が、衰退して消滅したこと(数百年かけて)は事実だからね。

また今回もウィキペディア博士に登場してもらうと…

マヤ文明は、メキシコの南東部、グアテマラ、ベリーズなど、いわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明のことで、メソアメリカ文明のひとつに数えられる。高度に発達した文明で、独自のマヤ文字をもつ文明でもあった。~ウィキペデイア調べ~

 

マヤン・オラクルとの出会い

ところで…何で、また今回『マヤン・オラクル』を取り上げるんですか?
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
実は、僕の個人的なことなんだけど…

今から10年以上前の話で、僕が丁度、タロットで占い師デビューして2.3年経ったある日のこと、ふと立ち寄った本屋で『THE MAYAN ORACLE』という本を見つけたんだ。

当時僕の持っていたタロットカードは、ライダーウェイト版マルセイユ版、そしてトート版という3種類だったので、これもタロットカードの違うバージョンかなと思ったんだ。

駆け出しのタロット占い師だった僕は、当然その本(カード付き)を購入して勉強したよ。

すると、本の中には『マヤン・オラクル』は占いの道具ではない…と書かれていたんだ。

占い用のカードでないとしたら?何ですか?
みなみ
みなみ

それは魂の成長を助けるものということだった。

当時の僕はまだ、英語にうとかったから『オラクル』が神託って意味だって知らなかったし…でもカードのスプレッド(展開法)やカードの読み方なんかはタロットに似ていたから…

不思議に思って、他の『マヤン・オラクル』関連の本を図書館で探してみたけど、まったく見つからなかったんだ。

そこで著者を調べたら『アリエール・スピルスバリーマイケル・ブレナー』という海外の人で、当然聞くことはできないわけで…

そこで僕は、この本を翻訳された方の名前を頼りに、本屋から出版社に問い合わせてもらったんだ。

すごい行動力ですね。
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
今みたいにネットのない時代だからね。足を使って探すしかないんだよ(笑)

そうしたら何と…この『THE MAYAN ORACLE』の翻訳をされた方が、僕の町の近くに住んでいることが分ったんだ。(※これこそシンクロニシティ)

僕は、すぐに会いに行ったよ。彼女はすぐに僕のことを受け入れてくれて(突然だったのに感謝してます)色々と、著者であるアリエール・スピルスバリーさんから聞いた話を教えてくれたんだ。

そして僕はその時『マヤン・オラクル』は占いの道具(カード)として使ってはダメという訳ではないけど…

当たった外れたという占断をするよりも、人間の魂の成長を助けるメッセージ…つまり『神託』として使うべきだと納得したんだ。

詳しくは、本を読んでもらえると分ると思うけど…残念ながら現在は本の出版社が倒産して、絶版本になっているんだ。

『マヤン・オラクル』の翻訳者であるマダム恭子さんからは、色んな話を伺ったけど、僕がタロットカードを使って占い師ではなく占いカウンセラーと名乗りだしたのも、この頃からだし…

Ryusho
Ryusho
僕が当時30歳を過ぎてから英語の勉強を始めたのも、彼女の影響です(笑)

よくよく考えたら、その後カウンセリングやヒプノ・セラピーを勉強して単なる占いから『魂の癒しと成長』にシフトしていったのも『マヤン・オラクル』のお告げのせいかも知れません。

ありがとうございました(感謝)その後マダム恭子さんも僕の店に来ていただいて…しばらく行き来はあったのですが、彼女が県外に引越しをされたのを機に疎遠になってしまいました。

今回この記事を書くにあたって、知っている連絡先すべてにかけてみましたが連絡がつきませんでした。

※もしこのブログを読んでくれたなら、ご連絡をいただけたら嬉しいです(僕の連絡先は変わっていません)みなさんすいません。個人的なことを書いてしまいました。

 

マヤン・オラクルの『スターグリフ』たち

もしかして…今回『マヤン・オラクル』を取り上げたのも、何か『神託』があったからですか?
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
そうだよ!…ブログに書いていいかどうかも聞いてみました。

そうしたら…

過去に隠されたもの、忘れられたものに再び光を当るように』ってメッセージがあって決心しました。

そこで今回は…みなさんに全てのカードを、ご紹介できませんが…

44枚あるマヤン・オラクルの中から20枚の『スターグリフ(顔・紋章)』たちを紹介したいと思います。

さらに…せっかくですので、みなさんにもメッセージを授けてもらえるようにいたしました(※実はこのプログラムが大変でした…笑)

またメッセージは抽象的な言葉なので、少しだけ僕の解説を付けましたので参考にして下さいね。

わぁ~楽しみです。さっそく『みなみ』もご神託…いただいちゃいます。
みなみ
みなみ

メッセージを授かりたい者よ!…下のオラクルを開くのだ!

≫このオラクルを開く

クリック先のページに従ってお進み下さい。

 

『マヤン・オラクル』の関連書籍

今回記事内で紹介した『マヤン・オラクル』書籍を載せておきますが、絶版本で新品では入手できません。程度の悪い中古でも高額で取引されているので…

もし購入されるのであれば…よく値段を検討してからにして下さいね。

 

海外物でオラクルカードのみ(英語の説明書付き)でも良ければ、こちらがあります。価格もお手ごろです。

 

おわりに…

今回は『マヤン・オラクル』について紹介いたしました。いかがでしたか?

みなさんに楽しみながら知っていただきたくて、今回は少し趣向を凝らしてみました。

『みなみ』のスターグリフさんは【チューエン CHUEN】でした。ご神託…いただきました。
みなみ
みなみ

注意事項があります今回の『神託』で選ばれたスターグリフは、自分の『誕生日』から決まるバースデーカード守護カードとは違います。

『お名前』から選ばれたスターグリフプログラムが選択したものですので誤解のないようにお願いいたします。

Ryusho
Ryusho
今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。このオラクル(神託)によって、あなたに、より良き未来が訪れますように願っております。
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!