分りやすい写真を撮るな…と言われても…

 




この記事を書いている人 - WRITER -

自分の撮った写真を評価してくれる雑誌や、写真のワークショップなんかを見ていると…講師の方から聞く言葉で…「分りやすい写真を撮るな」というものがある。何故かといえば、その講師によると…

「誰にでも撮れる、いわゆる分りやすい写真は…見た瞬間に興味を失うから」その反面…

「分りにくい写真は…これ何を撮ってるんだ…と興味が惹きつけられるから」だそうだ。

なるほど確かにそうだな…と思いながらプロの写真家が撮った作品や、新進気鋭の写真家の作品なんかを眺めてみる。最近ではネットの普及で、購読料を支払えば主だった写真集をパソコンで簡単に見られるし…もちろんGoogle検索で、有名どころは一通り見る事ができる。

前にも書いたけど…僕は他の人が撮った写真を見るのが好きで、プロ・アマ問わずよく見ている。インスタもその一つだけど、少しスタンスが違う。僕が主に見ているサイトは、カメラや写真が趣味のハイアマチュアが投稿するGANREFや海外のサイトではLenscultureなどがそうだ。

もちろん日本の戦後の有名な写真家たちの写真集も見るけど…こっちは高くて購入できないので近くの図書館で借りて見ている。少し話がそれてしまったので本題に戻そう。これらのサイトや写真集などで、先ほどの「分りやすい写真を撮るな」というテーマで俯瞰して見て見ると…。

写真講師の言っていたことの意味がよく分る。確かに「分りやすい写真」「ありきたりな写真」は一瞥しただけで、その写真を見なくなってしまった。そんな写真…プロの写真には少ないが、アマチュアの写真には結構多い。実は僕の写真もそうだが…今は何とかそこから抜け出したい…と思っている。

それと、もう一つ…僕なりに重要なことに気づいたことがあった。それは「分りやすくない写真」…つまり「分りにくい写真」の中に、大きく分けて二つのタイプがある…ということだった。それは…。

「被写体が分りにくい写真」と「撮影意図が分りにくい写真」だ。…簡単に言うと「これ何が写ってるの?」と「何でこれを撮ったの?」…という写真だ。どちらも確かに興味を惹かれる写真なのだが…。

「分りにくい写真」を撮るのは意外と難しい。どこが難しいかと言えば…結局「何だか分らない写真」になってしまうこと。そう…この僕の撮った写真がそうだ。「これ何の写真?」「何でこれを撮ったの?」…と一瞬、興味が沸くかもしれないけど…「その写真の中に見た人が何かを見つけられない写真」は…僕はダメだと思う。

つまり「分りにくい写真」はいいけど「分らない写真」はダメって事。何度見ても結局最後まで「何の写真か分らない写真」って…新進気鋭の写真家の作品に意外と多い。読み手の問題でしょう…と言われてしまいそうだけど、文学や芸術の世界と同じで、行間を読め…とか、分らないのが芸術だ…と言われても僕には納得できない。

だって…写真を見るのはプロばかりじゃなくて…僕みたいなアマチュアや、写真について全くの素人の人も居るわけで…むしろ素人の方が多いんじゃないかな?…そんな多くの人の心に届く写真がいい写真じゃないかな…と思う。

僕が大好きなアンリ=カルティエ・ブレッソンや、その後継者の一人と言われたソール・ライターなどの写真集を見ると…最初は、これ何だ…と思っていても、じっくりと写真を見ていると、何が写されているのか、そして撮影者が何を切り取りたかったのか…きちんと伝わってくる。

僕もいつか…そんな写真を撮りたい…と思っている。

― リュウショウ・オカモト ―

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!