窓は…人の心を写しだす。

2019/03/09
 







この記事を書いている人 - WRITER -

旧引田郵便局…風の港館にて RICOH GR Lens18.3mm F2.8 ハイコントラスト白黒

なぜ人は、これほどまでに「窓」に惹かれるんだろうか…。窓越しに見える景色…僕だけじゃなくて、他の多くの写真家たちも撮ってきた、この構図。ソール・ライターの写真にも、数多く見つけることが出来る。「窓」には結界の意味があるんじゃないのかな?「向こうの世界と、こっちの世界」…この2つの世界を隔てる”結界”として、無意識が感じる意味が、僕の心を惹きつけている気がしてならない。

向こうの世界には…魔物が棲んでいて、僕らは隠れているのかな?…それとも自分の存在を消したくて…窓のこっち側に潜んでいるのかな?…アンリ=カルティエ・ブレッソンなど巨匠と言われた多くの写真家たちも、同じ感覚を述べていたっけ…。「窓」はそんな撮影者の心情を写しだす。「孤独だけど人と関わりたくない」…という写真家の複雑な心情を…。

― リュウショウ・オカモト ―

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!