僕にとってカメラは…”めっけもん”探しの旅

2019/03/14
 







この記事を書いている人 - WRITER -

僕にとって最近、カメラを持つ意義が変わってきている気がする。人によってカメラを持つ意味は、色々あると思うけど…。例えば「写真を撮りたい人」「シャッターを切りたい人」「映像として残したい人」などなど…様々な理由があると思う。…でも僕の場合は、ちょっと変わっていて「めっけもんを見つけたい人」というわけだ…。”めっけもん”を見つけたい???…って言われても、いまいち意味が分らないと思うけど…。

「いい写真を撮りたい」とか…「メカ好きでシャッターを切るのが好きだ」とか…「絶景を記録として残したい」とか…そういう人ってどれも、カメラを持つ側の、とてつもないエネルギーを感じる訳だけれど…僕にはそれが無い。

他の人が書いたカメラに関するブログやyoutube動画なども、よく見るけど、凄く情熱を感じるものばかりで…。写真が上手くなるための動画や、カメラ自体のコレクションに、新機種のカメラやレンズの紹介や、写真技術のレクチャー記事などなど…見れば見るほどカメラ愛や写真好きの人達のエネルギーに圧倒されてしまう。

でも残念ながら僕には、そんなエネルギーは、ほとんど無いと言っていいと思う。

そんな僕が…今年に入ってから、たびたびこんなブログを書いているのって、何だか変な感じだけど…自分の気持ちの変化への記録という意味で書いている。そんな僕の…つたない記事につきあってくれて、みんなありがとう。

引田ひなまつり…での”めっけもん” Nikon D5200 Lens 35mm F1.8

今の僕にとってカメラは「僕を外に連れ出してくれる相棒」という意味が一番強い。…だったら犬の散歩と変わらないんじゃないの?…と思われるかもしれないけど、それ正解です。(笑)…そして、びっくりするぐらい「どうでもいい写真」をたくさん撮っていて、みなさんにお見せできないけど…それでも、たまにいい写真が撮れたら、それは、その日の”めっけもん”として楽しんでいる。

あと前にも書いたけど…撮った写真をパソコンで初めて確認する時も、楽しんでいて…これも”めっけもん”を発見する感覚。でも僕のカメラを持つ意味は、これから変わってくるかも知れないけど…その変遷みたいなのも楽しみたいと思うのであります。…人生は”めっけもん”を見つけないとね。

― リュウショウ・オカモト ―

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!