毒を以って毒を制す…的な「空亡の解き方」とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

空亡の時期って、何かと気になりますよね。何をするにも、何だか悪い事が起こりそうで、つい気が引けて尻込みしてしまうものです。実は空亡とは悪い事ばかりではありません。詳しくは…

空亡とは運が下がる天中殺にあらず「摩訶不思議な空亡について考えてみる」…をお読み下さい。

…とは言っても、やはり気にはなります。そこで今回は…

空亡い働きをなくす解空上手く利用する方法

…についてご紹介したいと思います。今回は少し専門的で長くなるので、ここから先は初心者は読みとばしていただいて結構です。(※目次の、3 空亡の解き方(解空)からお読み下さい)

解空とは何か?

みなさんは「解空」という言葉をご存知でしょうか?文字通り「空亡を解く」と書きますから、空亡の働きをなくす事だと推測はつくと思いますが…。

実は、四柱推命において、解空の読み方は非常に難しく、熟練した占術者でないと間違った占断をしてしまいます。

四柱推命で占ってもらった時に…

「あなたの○柱が空亡していますが、よく調べると解空していて、空亡がなくなるかもしれません。もう少し詳しく調べさせて下さい」

…なんて占い師に言われ、期待して待っていたところ…

「やはり難しいようですね。残念です」

…などと言われ、がっかりする場合があります。別にこれは占い師が意地悪で言ったのではなく、占断において色んな事象を考慮しなければならないからです。

もちろん、このブログで何度も述べているように、空亡がすべて悪いわけではなく、空亡とはゼロに戻ることです。もしかしたら四柱の一つの空亡が、悪いものをゼロにしてくれているかも知れません。それを解空することで、悪いものが表に出てくる可能性もあるのです。

また、同じ空亡であっても、影響のすごく出やすい人と、ほとんど出ない人がいる事も考慮しなければならないでしょう。

 

空亡とは(成り立ち)

まず、空亡の考え方を簡単に説明しますと…空亡は十干・十二支によって決まります。

十干(じっかん)は  「・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10の要素からなります。

十二支(じゅうにし)は「・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・」の12の干支(えと)です。

この「十二支」と「十干」を組み合わせていくと60種の組み合わせができます。これを「六十干支」または「十干十二支」と言います。ちなみに一巡するのに60年かるので、60歳を迎えた人を祝う習わし「還暦」の元となりました。

上の並んだ十干と十二支を上下に見て下さい。(きのえ・ね)→(きのと・うし)と順に組みあわせて行くと、十二支の最後の二つ「」が余ってしまいます。この干支が空亡です。(※「甲子」「乙丑」「丙寅」…「癸酉」の生まれのグループの人は、戌と亥の干支が空亡です)

次の年は、余ってしまった干支「」から始まるので、申と酉が空亡になるのですが、これ以上説明すると複雑なので、空亡の成り立ちはこれくらにします。

 

空亡の解き方(解空)

ここまではいいですか?さて、話は解空に戻りますが…

空亡は各十二支の「支合三合」で解けるとされています。

また、ややこしい言葉が出てきました。少し説明しますね。これ以外にも方合(ほうごう)の4つで解空するとする考えがありますが、今回は大きく分けて、「冲(ちゅう)」と「合(ごう)」を考えて見ます。(※今回は簡易的に解空を利用するので、支合三合方合を一つのとして扱います)

「冲(ちゅう)」とは

とは、十二支を円形に並べたとき180度になる関係です。昔から「向かい干支」「逆さ干支」とも呼ばれる干支の事です。下図を見て下さい。

この6組がとなりますが、分かりにくいので、干支を方位に当てはめた下図をご覧下さい。

 

上図を見ると分かりやすいと思いますが、真反対の関係で反発する関係です。この図が無くても自分の十二支から数えて6番目になります。ちなみに古代中国ではお見合い相手に歳違いの人は選ばないという風習があったそうです。

「合(ごう)」とは

とは、十二支のうちの2つの支が、手をつなぎ合うことを言います。何故、この組み合わせになるかは、説明すると長くなるのでしませんが、下の組み合わせを覚えておいて下さい。(※以下は3つの合(支合、三合、方合)の中の支合の組み合わせです

昔から和合すると力が強まるとされ、結びつきが強くなると考えられています。とは反対に、お互いに惹かれ調和するのがなのです。

 

オリジナルな解空の解釈

ここからは、僕のオリジナルな解空利用の仕方を述べたいと思います。昔からよく、の相手は避けろと言われたり、いや、時に幸運をもたらす相手だと言われたり、占い師によって全く逆の事を言われたりしました。

どっちなんだ?と怒りとも取れる声が聞こえてきますが、僕が色んな占術を学んできた占い師の端くれとして言える事は…

が重なればとなり、さらにが重なれば大吉となる

…という事です。何かの名言のようですが、今僕が考えました(笑)

これは西洋占星術のアスペクト(星と星の角度)から来た考えでもあるのですが、占星術でも星が180度の関係をオポジションといって、ぶつかり合う関係、真反対の関係として、悪く捉え警戒しますが…

これも時と場合によって、幸運な星の位置関係と占断します。それはどんな時かと言えば…

運気が下がって悪い時期は、反目の星はポジティブな影響をもたらす。

…という事です。これを干支に置き換えると…

前にも言いました「向かい干支」「逆さ干支」は

運気が弱っている場合、の刺激に耐えられず不運になるより反対に、運気が充実し、世界を広げ、前向きな影響をもたらしてくれます。

しかし、これだけではまだ不安ですよね。そこで、もう一つ、干支の加えてあげることです。そうすれば、空亡などの運気が落ちた時期を、大運に導く、大吉に変換させることが出来ます

これが、この記事のテーマ「毒を以って毒を制す」…的な、僕が考えるオリジナルな解空の解釈です。

 

さらに具体的な解空の使い方

しかし、これだけでは、まだ空亡が解けた訳ではありません。実際に「(ちゅう)」や「(ごう)」をどう使うか?という問題で、色んな方法が考えられますが、僕からアイデアがあります。それは…

一つ目のアイデア

空亡の時期に「」や「」にあたる干支お守りを持つ事

例えば、僕は午年生まれですが、僕の干支から見て「」の干支はです。それから「」の干支はになりますから、それら2つの干支のお守りを身につけるということです。(※「」「」の説明文の組み合わせ表を確認して下さい)

この方法は、お守りでなくて、解空干支のアイテムなどを部屋に飾っても構いません。僕なら、かわいいネズミや羊などもモチーフにしたグッズをコレクションしますね。

二つ目のアイデア

空亡の時期に「」や「」にあたる干支生まれの人と積極的に会う事

ただし、これには一つ注意が必要です。それは、常に側におく人は「」の干支の人で、刺激やアドバイスなどを得る人には「」の干支の人を選ぶと言うことです。

例えば僕なら、仕事の関係で、毎日一緒に同じプロジェクトに関わる人を(ひつじ)年生まれの人と行い、苦言やアドバイスをもらう先輩などを選ぶ場合、(ねずみ)年生まれの人に相談する…と言った具合です。

ただし、友達や恋人などに、この理論を使ったり、相手にしゃべってしまうと、ひんしゅくを買うので注意して下さいね(笑)

空亡を使った相性を詳しく知りたい方は…

不思議と縁の出やすい「空亡の相手との付き合い方を考える」…をご覧下さい。

 

今回のまとめ

さて、今回は少し長くなってしまいましたが、いかがでしたか?これは僕オリジナル空亡の解き方(解空)ですので、四柱推命に詳しい方や専門の人からの苦情は受け付けませんので、悪しからず(笑)

また、こういった空亡時期の運気を上げる方法は、気持ちの部分が一番大切ですので、お守りやグッズ選びなど気楽に遊び感覚で、されるのが一番だと思います(※人選はダメですよ!笑)

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.