成功しない人ほど占いを定期的にしないのはなぜか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近、ネットでよく目にする本「成功する人は、何故、占いをするのか?」の逆説テーマとして、

「人生で成功していない人、夢を叶えられない人ほど、占いを定期的にしない傾向があるのは何故か?」

…について考えたいと思います。

ただし、占いをよく利用する人であっても…

「100%当たる占いなんて無いし、占いに人生を左右されるなんて…」

と思っている方がほとんどだと思います。占いを良く知っている僕も(当たり前だ…笑)…

「占いが当たるのは50%くらいで、丁半博打(ちょうはんばくち)みたいなものだ…」

…とよく口にしていました(僕の占いは的中率60%を誇っていましたけどね…)それでも下手な経済アナリストの市場予想よりは、占いの方が、まだましだ…とも言っていましたが…(笑)

何故、成功しない人は、占いを定期的にしないのか?

…と言うか、そもそも本当に「成功しない人(夢を叶えられない人)は、占いをしない、もしくは信じない傾向があるの?」…という疑問が沸くと思いますが…

あるコンサルタント会社の調査によれば3000人以上の成功者に、アンケートをとったところ、その夢を掴んだ、ほとんどの人が、定期的占いを利用していると答えたそうです。

ちなみに、僕の占いカウンセリング全盛期でも、定期的(数ヶ月に一度くらいのペース)に運勢を見にくる方のほとんどは、自分で会社やお店などを経営している方で、お勤めの方でも、医者、弁護士、大学や学校の先生などが多く、また芸術家や、踊り・お花などの家元方もいらっしゃいました。

もちろん絶対数で言えば、一般の恋愛占いや、悩み事相談の方が多くなるのですが…「定期的に占いを見る」となれば、いわゆる世に言われる「成功者」の方が割合的に多くなります

では今回のテーマに戻りますが「何故、成功していない人は、占いを定期的にしないのか?」について、まとめてみましたのでご覧下さい。

 

01.占いを「当たり外れで考える」

僕の占いカウンセリングは、相手(地位や職業)によって変わることはありません。金額も時間も、見る内容も(依頼によっては変わる)ほぼ同じです。

しかし、クライアント(依頼者)のスタンスは違います。「占い」と聞くと、その的中率ついて語りたがる人がいます。ひどい方だと、名前と生年月日を伝えると「さぁー当ててみろ」と言わんばかりの態度の人もいます。

あるいは「先生の占い、当たるんでしょう。だったら、悪い事は言わない下さい。だって成功しないと、言われたら、努力しても意味ないもん」…という人もいらっしゃいました。

そんな時に、僕がよく言っていたことは…

あなたの人生は、占いの結果決まるのではなくて、この結果を踏まえて、あなたがどう選択するかで決まるのですよ…

つまり結論から言うと、占いにとって一番大切なことは的中率ではありません。今回、占った結果から、どう選択するかでで、「人生が幸せになるかどうか決まるのです

その時、占い師に求められることは、占いの的中率ではなく、クライアントに人生のいいアドバイスをすることだと思います。(どんなに占いを勉強しても的中率は50%くらいです)

 

02.占いに「決断してほしい」

今回のテーマから外れているように聞こえますが、占いを定期的利用しない人ほど、占いをすると「自分の人生を決めてほしい」と言います。

これは、自分で自分の人生の判断がつかなくなってしまい、いわゆる自暴自棄で、決断を誰かにして欲しい状態です。こんな例がありました…

「もう、この彼と結婚したらいいのか、どうか分からなくなったの…相性で先生が決めて下さい

もちろん、占い師の僕が決められるはずもなく、こう答えました。

相性で幸せになるか決まるのではないですよ。最悪の相性でも、乗り越えて幸せになった夫婦もいらっしゃいますし、最高の相性でも、別れてしまった方もいます。幸せはあなたの判断で決まるのです。

この時の判断とは「得た結果(この場合は相性)から、相手の良いところも悪いところも含めて愛せるか?」…ということだと、付け加えて説明しました。

これまで多くの成功者たちを見てきましたが、定期的占いを活用される人達は…

「占いで決断をするのではなく、判断の材料の一つとして活用していた」という共通点があります。

決断判断は似ていますが、意味はまるで違います。人生でどちらが正しいかなど決まってはいません。正解が決まっていれば(占いで分かれば)その時、決断すればいいのですが…

良く悪くも、どの道を進むかは、あたなが決める事です。もしその判断が間違っていたなら、また修正すればいいと思います。その時の判断材料の一つに、占いを加えてみることです。

もし何から何まで会社経営の決断すべてを占い師に任せるなら…その占い師が経営者になればいい…ということにもなりますよ(笑)

 

03.「運命を知る」のが怖い

「占いなんかで、人生を決めて欲しくない」…という意見を一番よく耳にしますが…

これは運命宿命の誤解からきている恐れだと思います。

運命」つまり、あなたの未来は、まだ何も決まっていませんし、占い師がどんな秘術を使っても知ることは出来ません。

これに対し「宿命」は、あなたが生まれながらに持っている、さだめであって、まっとうな占い師に聞けば分かります。「宿命」を一言で言ってしまえば「才能」です。

違う言い方をすれば、あなたの「立ち位置」とでも言えるでしょう。「自分の才能や立ち位置くらい、分かっているよ…って」…声が聞こえてきそうですが…

でももし、あなたが知らない、あるいは、まだ気づいていない才能が隠されているとしたら…どうされますか?

まず、大切なことは「自分の宿命を知ること」そして、タイミングを知り「自分の運命を開花させること」です。

こう聞くと、怖くないでしょう(笑)

よく「人の百倍働けば成功する」とか「人の何倍も努力すれば夢は叶う」…と聞きますが、これも、ここで僕がはっきりと断言します。

そんな事はありません!

僕が大好きだった実業家で、アップルの創業者の一人、スティーブ・ジョブス氏がオリンピックを目指して努力していれば、世界的なアスリートになったと思いますか?

ちなみにスティーブ・ジョブス氏は日本の禅道などに精通していましたから宿命論(立ち位置)も知っていたと思われます。(※占いをしていたかどうかは知りません)

つまり、成功するなら努力をするのは当たり前で、その前に、自分の立ち位置(才能)を間違えない事!

…が重要です。

そして、もう一つ重要なことをお伝えします。それは…

人間一人の人生において、宿命は一つとか限らない

…ということです。

二つ以上の宿命は、なかなか同時期には開花しませんが、これで、もう人生をやり終えたなどと考えずに、一つ果たしたなら、また次の一つを見つけることも、考えてみてはいかがでしょうか?

後、付け加えるなら「宿命」とは「お金を稼ぐこと(仕事)」だけではありません。母になり子供を育てることも、立派な宿命ですし、誰かを癒す音楽を奏でることかも…知れませんよ(笑)

 

今回のまとめ

今回も少し長くなってしまいました。「何故、成功しない人ほど、占いを定期的にしないのか?」などという酷いテーマでしたが(笑)最後まで読んでいただいてありがとうございます。

みなさんが占いの本質を知って、上手く活用される事を願っております。今日も、みなさんに幸せが訪れますように…Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.