ホロスコープの「1番目のハウス」が示すもの…とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回「ハウス」のお話をしたと思いますが…知らない方や、忘れた…という方は…

あなたの月が…どのハウスに入っているかで「隠された世界の鍵」が分かります…を先にお読み下さい…(^_^)ニコニコ

また、今回も「難しい占星術の話はイヤだよ!」…「簡単な星座別恋占いを読みたい!」…という方は…過去に色々と書きました…「西洋占星術」一覧…から選んで読んで下さいね…(^_^)ニコ

でも、そもそも「ハウスって何?」と思いませんでしたか?(いまさら何だよ…って話だな…ヾ(- -;)

少し前後した感は否めませんが…占星術のホロスコープにとって大切な「1番目のハウス」について…少しだけお話したいと思います。

ハウスの概念とは

ホロスコープの意味からハウスを理解する

今回は「そもそも論」…的な話ばかりになりますが…m(-_-)m スイモハン(薩摩弁)

そもそもホロスコープ」という言葉は、ギリシャ語で「上昇してくる角度と時間」という意味を持っています。(…はっ?何の?…(ノ゚ο゚)ノ

今から説明します。

ある人が生まれた瞬間の「場所、時間」から真東を見て、地平線を上昇してくる星座(天体)を基点として作られた図がホロスコープです。(ふむふむ…(゚-゚;)ヾ(-_-;)

この基点を基準にして、黄道(太陽の通り道)360度を30度刻みに、12に区分けしたものが「ハウス」と呼ばれる部屋のことです。(※イコール・ハウスの事で、実際の占断にはもっと複雑なハウスが用いられる)

(…という事は…12星座と一緒になるんじゃないかな?…ヾ(・・;)

上記の説明のイーコール・ハウスは等分割方式と言って12星座の区切りと一致しますが、誕生時間が分かる出生図の場合は、プラシーダス・ハウス(占断用)を用いますから、星座とは全く異なります。

(…それで、前回の月のハウスを調べる時に…生まれた時間が必要だったんだな…(*゚ー゚)vニカッ♪

 

一番目のハウスが示すもの

前回のブログで、自身のホロスコープを作成された方も多いと思いますが、その説明文の一番最初に出てくるのが、この※1st house – アセンダント(ASC)※日本語で上昇点です。(※1st house – アセンダント(ASC)海外のホロスコープ無料作成サイトではアセンションになっているが翻訳の間違い)

実は…

占星術において、アセンダント(ASC)の星座や他の天体との関係は、誕生星座(太陽の星座)よりも重要視されます。(えっ!そうなの…驚き…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ここが一般的に知られている星座占い(誕生星座占い)と占星術の違いです。(でも…星座占いの方が有名だよな…ヾ(- -;)

はい。これは星座占いが暦の月ごとの太陽の位置で、簡単に知ることが出来るという利点から広まったためです。少し話が反れてしまいましたが…(笑)

アセンダント(ASC)はホロスコープを読み解く「」となります。とくに出生図ホロスコープのアセンダント(ASC)は、その人間の「へその緒(お)」です。(ちょっと…何言ってるか、分からない…ヾ(・・;)

つまり、その人間の人生を知る、一丁目一番地で…(もっと…分からんわ…ヾ(- -;)

●アセンダント(ASC)「一番目のハウス」は、生まれ持った環境(性質、容姿、健康)を示すとされています。(やっと、意味が分かったわい…ヾ(^o^;)

よく…”人間の性格は生まれつきのもの”…と考えられますが…この「生まれ持った環境」の意味には…

人の性格は…生まれながらの性質が生まれた環境に左右されて性格形成されたもの

…という意味が含まれています。

また、占星術が発展した時代には、王家に生まれた者は、必ず王になり、奴隷を父とする子には、奴隷の身分しか与えられなかった事から、その人間の人生すべてを決める重要な上昇点(アセンダント)でした。(酷いな…ヾ(- -;)

しかし現代では、その人間のベースとなる、基本的な性質と考えられています。ただし、その中には、生まれながらの容姿や健康、継承すべき技術や家系…なども含まれます。

例えば、一番分かり易い事例は…歌舞伎の家系に生まれた人を考えれば分かると思います。

生まれながらの家系、継承すべき技・技能、子供の頃からの環境、そして何より役者としての、容姿、性質、健康などが一番目のハウスの生まれ持った環境」となるのです。

これは特殊な例を挙げましたが、我々一般の人間であっても、あなたにとって重要な継承すべき”もの”…が一番目のハウス」には描かれていると思います。(フーム…何だか奥が深い気がする…(゚-゚;)ヾ(-_-;)

 

今回のまとめ

さて、今回は「1番目のハウスが示すもの」というテーマでお話して参りました。丁度良い機会でしたのでアセンダント(ASC)についても説明しましたが、分かりましたか?(うん…意味は分かったが…私の継承すべきもの…とは何ぞや?…(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ

個々の「1番目のハウス」の意味につきましては、本格的な占星術師に見てもらうしかありませんが…

前回お伝えしたホロスコープ作成サイトで、ある程度、説明されていますから(※翻訳がちょっとおかしいですが…)参考にしてみてはいかがでしょうか?

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございます。今日も、みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.