占星術と周期との関係「周期占いとの違い」について

 
この記事を書いている人 - WRITER -

西洋占星術以外の…他の占いに詳しい人ほど、運勢は  “12年毎に巡ってくるもの”  とか…9年周期説や、60年還暦説などを考える方が多いと思います。

これは、古代中国で発展した易経や干支の考えが残る、我々日本人にとって当然のことなのですが…実は、

西洋占星術は、運勢が巡ってくる「周期占術」とは違う

…ということを、今回のテーマとして、お伝えしたいと思います。えっ違うの???…w(゚o゚)w ワオオー!…というプロの占星術師も、いらっしゃるとは思いますが、少しお付き合い下さいませ(また、占い業界を敵にまわす記事を書くつもりか?…ヾ(ーー )ォィ

周期占いとは違う占星術

天体周期について

占星術で使う、太陽系の天体は、それぞれ一定の、正確な周期で太陽を中心に周回している…ということは小学校の理科で習ったと思います。(だったら…周期、関係あるんじゃない?…ヾ(- -;)

確かに…個々の天体は明確な周期を持っています。例えば木星です。木星は地球から見て、12年に1回、同じ星座に現れます。

土星は、30年に1回、同じ星座に現れます。では、ここで問題です。木星土星が、同じ星座に現れるのは…何年に1回でしょうか?…(イヤだイヤだ…計算苦手…( ̄。 ̄)ボ~~~ッ

小学校で習った「最小公倍数」で、計算できますよね…(^^)ニコ

答えは…12と30の「最小公倍数」60です。(…分かってたよ…(  ̄っ ̄)ムゥ

つまり、木星土星が、同じ星座に現れるのは60年に1回ということになり…古代中国の易経も、天文暦(星の動き)や節季(陰暦)を応用していたことから、60年還暦になったと思われます。(ふーん…なるほど…(‘-‘*)♪

ちなみに、地球から見て、この土星より遠い天体(天王星、海王星、冥王星など)は、社会の天体と呼ばれ、個人の運勢よりは、国家や社会など、”長い年月をかけて成長するもの”  を見るのに適した天体と考えられています。(天王星の周期は84年で、3つの天体が揃うのに約420年かかります)

注意:個人のホロスコープにおいて、土星より遠い天体も重要な天体で、不要という訳ではありません。

 

あなたのホロスコープは、唯一無二のもの

さて話は…占星術のホロスコープになりますが、ホロスコープが何か知らない方は…

あなたの月が…どのハウスに入っているかで「隠された世界の鍵」が分かります…から先にお読み下さい。

個人の運勢を占うホロスコープには、いったい何個の天体が入っているか…ご存知ですか?

上記の記事から、あなたのホロスコープを作成すれば、分かると思いますが…僕は、最低でも10個の天体(メジャー・プラネット)と2つの※感受点、さらに、2つのマイナー・プラネット(小天体)を表示させています。(※感受点とは、天体以外の重要なポイント)

では、ここで問題です(今回は…本当に質問がおおいな…ヾ(- -;)コレコレ

ある人の出生ホロスコープ(誕生日)のパターンと、10個の天体が同じ星座(パターン)になるには、どれくらい期間(年数)が必要だと思いますか?

(えっと…太陽が同じ星座に現れるのに1年必要だよね…月が27日で…水星に金星の周期は…w(゚o゚)w オオー!…頭がパンクする)

ふふふ…ごめんなさい。意地悪な質問でしたよね。まさか本当に計算を始めるとは…(笑)…10個の天体が個別に持つ周期の「最小公倍数」を計算するには、高性能パソコンが必要です(騙したな……(  ̄っ ̄)ムゥ

天王星、海王星、冥王星の3つの天体でも420年ですから、それ以上で、もう気の遠くなるような年月…周期が必要という事になります。つまり…(つまり、何だよ…(≧ヘ≦) ムゥ

占星術の根幹であるホロスコープは…周期占いではない

…ということです。(それが言いたいために、こんな手の込んだことを…(  ̄っ ̄)ムスゥ

あなたの誕生日から作られた、出生ホロスコープは、唯一無二のものなのです。

ちなみに、パソコンで10天体周期の「最小公倍数」を計算しても、何百万年…単位では出現しませんでした。

 

天体のパターンを利用した法則性

(じゃぁさー…私から一つ質問があるんだけど…(*゚ー゚)v♪…周期を利用しないで、どうやって未来を占っているの?)

おっ、初めて…いい質問をしたね…(゚ー゚)(。_。)ウンウン(初めては…余分だよ…(  ̄っ ̄)ムゥ

占星術では、未来を占う場合に、日めくり暦にあるような「固定周期」を使用するのではなく…

天体と天体が作る、ある特殊な法則(パターン)を利用して占っています。

(…何、そのパターンって……(*゚ー゚)v♪

それが「天体のアスペクト」です。

(アスペクト?…何じゃそれ…(ノ゚ο゚)ノ

まぁ、簡単に言えば、天体と天体の位置関係を、その角度で分類分けしたパターンのことです。

(ふーーん…そいつで未来が読めると言う訳か?…(*゚ー゚)v♪

そんなに簡単なものではありませんが…このアスペクトパターンは、何年後に必ず出現する…という周期的なものではない…ということはお伝えしておかなければなりません。

天体のアスペクト」につきましては、また深い話になりますので、機会を改めて、またお話したいと思います。(出た!…記事ひっぱり作戦…ワァオオーw(*゚o゚*)w

 

今回のまとめ

今回はみなさんに「占星術は周期占いではない」…ということを知っていただきたくて、この記事を書きました。少し、ややこしい話でしたが…ご理解いただけましたか?(…まぁ、ボチボチな…(゚ー゚)(。_。)

以前から、占星術の修学には、長い年月が必要だと申し上げていますが…僕も一つずつ、お伝えできたらな…と考えています。(あんまり…ひっぱるなよ…ヾ(ーー )ォィ

今回も、最後まで読んで頂いてありがとうございます。今日も、みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.