亀鶴公園の花しょうぶの里で見つけた、トトロの世界

2018/06/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。RYUSHOです。今回の浪漫紀行身近で見つけた小さな奇跡の続編記事を書きたいと思います。自宅から車で30分にある亀鶴(きかく)公園に行ってきました。時期的に菖蒲(しょうぶ)が見ごろだったので写真を撮ろうと思っていたのですが、今回も奇跡の発見があったので、ご報告します。

上の写真は、香川県の亀鶴公園の宮池周辺に咲く花しょうぶの写真です。しょうぶと言えば青紫の色をイメージしますが、黄色い花しょうぶが見事に咲いていました。奥に見えるさくら橋を渡ると、こんもりとした浮島に行けます。この島は公園の名前の由来となった亀島で、亀の背に見えることから名づけられています。 😛

亀鶴公園に入園

駐車場に車を止めると、すぐにこの景色に出会えます。池の脇に咲く花しょぶに目を奪われてしまいました。

公園について

前後しましたが、亀鶴(きかく)公園について、少し説明したいと思います。県立亀鶴公園は、香川県東部地域きっての桜の名所で、西方に鶴の飛ぶ姿を形どっている”鶴が山”があり、深い緑の中に宇佐神社が鎮座しています。鶴が山の東には、広大な宮池があって、池の中央に浮かぶ亀島が亀に見える事から「亀鶴公園」と名付けられました。

さくら橋に向かって散策

さっそく僕は、花ショウブを横目にさくら橋に向かう事にしました。

黄色い花しょうぶの中に紫の花しょうぶが少し咲いています。

花しょうぶアップ画像です。

来た道を振り返り、しょうぶ越しに宮池から鶴が山を見た写真です。

さくら橋入り口です。奥に亀島の大きな森が見えます。この時一瞬、風が通り抜け樹々たちを揺らしました。何かを感じた僕は身を引き締め神聖な気持ちで渡ることにしました。

神秘の森

写真からはあまり伝わりませんが、さくら橋を渡ると気温が少し下がり結界を越えた感じがしました。

亀島は頂上に向かって散策小道が登っていたのですが、何故か僕は神聖な場所に安易に入ってはいけない気がして亀島周辺に沿って歩き宮池の方へ向かいます。

亀島側道を抜けて宇佐神社に向かう堤塘(ていとう)手前で森を振り返ったシーンです。亀島には300本を超える自然豊かな樹木があり、野生のイノシシと猿も生息していると看板が出ています。この時僕は、トトロの住む森のイメージが沸き上がってきました。何故そんな事を思ったのか?

 宇佐神社に向かって

東讃地方きっての桜の名所。亀島と宇佐神社を結ぶ堤塘(ていとう)です。幅20m、長さ300mに渡り両側に桜(ソメイヨシノ)が約300本植樹されていました。桜のシーズンにまた来たいと思います。先に進むと中央奥に宇佐神社が見えてきました。

堤塘(ていとう)左右に広がる広大な水を誇る宮池の眺めです。

宇佐神社に渡る少し手前であじさいの花を見つけました。

宇佐神社

桜樹のアーチを抜けると鶴が山の神社の入り口があります。その入り口脇にある置物に、先ほど亀島で湧き上がったトトロのイメージと妙なシンクロを感じ、納得してしまいました。その画像がこちら。

トトロ?いや、化け猫?そうではなくて狛猫だ。でも異様に大きい。やっぱり、トトロだ・・・と思ってしまいました。それにしてもデカイ。僕は心の中で鶴が山のトトロと名づけました。

鶴が山のトトロを後にして、鳥居を潜り先に進むと、いよいよ神社境内です。

境内脇の手洗い場で身を清めました。そして、門をくぐると、そこは・・・。

本日、二度目の奇跡の瞬間です。門をくぐると鶴が山の森から聖なる光が差し込んでいました。僕の近くにいた、老夫婦が思わずため息を漏らすほどでした。

僕は光に導かれるまま、本殿に向かいます。結界を越えるたびに、まったく違った世界が広がる神聖な場所だと感じながら、一段づつ石段を登りました。

神社で手を合わせお祈りをした後、鶴が山から下を見下ろしました。

距離はありませんが、以外に高低差があります。僕はこの時、来た道とは違う側道を見つけ、降りてみることにしました。

これが宇佐神社境内の碑の石だん・万葉の庭です。小さな石版に色んな短歌が詠まれていました。

これ以外にも探すと色んなところに見つけることが出来ます。

まさに万葉の庭です。

万葉も庭も終わり、宇佐神社から花しょうぶ園に戻ります。

しょうぶを見に来て出会えた奇跡に感謝し宇佐神社を後にします。狛犬ならぬ狛猫にもう一度挨拶をして、しょうぶ園に戻ることにしました。

再びしょうぶ園に

しょうぶの中を渡るように進みます。

宇佐神社にいた神聖な気持ちも手伝ってか花しょうぶの天国にいるような気分です。

そして、僕はしばらく進み、元いた現実の世界と戻ってきました。

最後に

亀鶴公園は以外な出会いと発見があり、素晴らしい体験をしました。後で調べてみると、この場所は7世紀頃に作られた古墳群だと分かりました。神聖なる場所。神々の住む場所は、こんなに近くにあったと知って驚き、感激しました。

みなさんも、探してみてください。以外に近くにトトロの住む森を発見できるかもしれません。※トトロは神聖なものの隠喩です。

これからも浪漫紀行は、こんな日常の奇跡を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2017 All Rights Reserved.