不思議と縁の出やすい「空亡の相手との付き合い方を考える」

2018/05/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回「空亡とは運が下がる天中殺にあらず」という記事を書きましたが、風水や四柱推命に詳しい方やそうでない人でも、驚かれたと思います。

それは空亡=凶というイメージが付いてしまっている為で、僕はこのイメージを変えたいと思って、この記事を書いていますが「空亡の扱い方」がとても大切です。

扱い方次第では大吉にも大凶にも変わる空亡において、今回は特に「空亡の相手との付き合い方」を中心に考えて行きたいと思います。その前に、空亡の影響について、少しお話します。

空亡が影響する3つの事柄

まず、前回の記事でお話した空亡ですが、あなたの人生において大きく分けて3つの事柄に影響を及ぼします。

1.年運

10年ごとに2年間空亡に入ります。年運という人生のサイクルに空亡が影響を及ぼします。前回の記事で求めた空亡の干支(えと)の年が空亡の年になります。

ちなみに僕の空亡寅卯なので寅年卯年2年間空亡年です。

この空亡の時期をうまく乗り越えたい方は…

毒を以って毒を制す…的な「空亡の解き方」とは…をご覧下さい。

 

2.方位

風水的に空亡方角というものがあります。文字で書くとすこし分かりにくいのですが、

真北(まきた)を司るのが子(ね)です。そこから右回りに、東北が丑(うし)と寅(とら)、真東(まひがし)に卯(う)ときて、真南(まみなみ)は午(うし)、真西(まひがし)は酉(とり)がその方位を司ります。

1つの干支(えと)が司る方位は、一周360度の内30度です。※風水気学では正中線を15度にしますが、ここではとりあえず1つの干支30度で数えましょう。

空亡方位の関係を表にしてみました。確認してみてください。

子丑が空亡なら 北と東北
寅卯が空亡なら 東北と東
辰巳が空亡なら 東南
午未が空亡なら 南と南西
申酉が空亡なら 南西と西
戌亥が空亡なら 北西

 

風水的にはもっと詳しくコンパスと地図を使って方角を求めなければいけません。今回はイメージとして捉えて下さい。12干を8方位で簡略的に表現しています。

3.相性

不思議なことに空亡相手とは妙に縁が生まれることが多いと言われています。えっ空亡の相性は凶だから、関わり合いたくないと思う方も多いとおもいますが、実はそう単純なことではありません。

みなさんも身近な人や知り合いの空亡を調べてみて下さい。意外に多く居ることに気づくはづです。特に夫婦など、元は他人だった二人が一緒に生活している場合、空亡が何らかの形で影響していることが非常に多いと言われています。

しかし、ここで注意してほしい事が、この空亡の相性でも色んなタイプがあって、そのタイプの扱い方によっては大吉にも大凶にもなり得ると言うことなのです。

そんな空亡タイプについて説明して行きたいと思います。

相性別3つの空亡のタイプ

※僕の空亡は「寅卯」ですが、僕を例にして見た相性として解説します。

1.相手が空亡のタイプ

この空亡の相性のタイプは一番多いと思います。例えば、自分の空亡が「寅卯」だとすると、寅年卯年生まれの人は、あなたにとって空亡相手です。

この空亡相手は「現実的な利害関係を結ぶには相応しい相手ではない」とされています。空亡とは天の導きが及ばないか変則的な配置になっているので、特に人間社会において利害関係がスムーズに運ばないでしょう。

相手が空亡の場合に向かない関係とは

共同経営者、共同研究・開発者、ビジネス・パートナーなどが考えられます。夫婦も共同関係と思われるかもしれませんが、実は夫婦は社会的利害関係ではなく家族なので、吉とまでは行きませんが大丈夫です。

ただし、夫婦で一緒に商売や会社をしている場合は、凶の相性といえるでしょう。※夫婦の相性は複雑で、今回の空亡だけでは判断できませんので、ご注意下さい。

相手が空亡の場合に向く関係とは

しかし空亡相手悪い事ばかりではありません。むしろあなたにとって重要なヒントやアドバイス、また時には嫌なことを言って、あなたを気づかせてくれる存在です。

知識や精神的な支えという意味では、他の相手にはない、大きな教えをもたらしてくれるでしょう。実は世の成功者と呼ばれる人達は空亡相手取り囲まれて暮らしている人が非常に多いと言われています。

ただし、それはアドバイザーという立場であって、相手のおかげで仕事が上手く行ったからといって、一緒に組んで商売でも始めようとした瞬間から関係が崩れ始めるので要注意です。

2.相手が同じ空亡のタイプ

これは自分と相手の空亡が同じ人の事です。例えば、僕は空亡が「寅卯」ですが、相手の空亡も「寅卯」の人の事です。※相手の干支(えと)は関係ありません。

何か気が合う」と感じる場合は、この相手が同じ空亡のタイプが非常に多いはずです。一緒にいると落ち着いたり、話が弾んだり、おそらく男女間の関係なら、一番恋愛に発展しやすい相手です。

相手が同じ空亡の場合に向かない関係とは

一緒に居て安心感があり、気が合う相性なので、一般的には「」の相性と見られていますが、一つだけ気をつけなければならない事があります。

それは運勢の波長がまったく同じになるので、運気が一緒に上昇しますが、また一緒に下降もします。そのために、落ち込んだ時は、二人揃ってとことん落ちるので注意が必要です

また、新しい事を始めたりする場合でも、あまり斬新なアドバイスは期待できません。最悪、ブレーキになってしまう場合もあるので、アドバイスは他のタイプ(相手が空亡)に求めましょう。

相手が同じ空亡の場合に向く関係とは

基本的に「」な相性なので、特筆することはありませんが、恋人や夫婦になれなかったとしても、長く付き合える親友とか、親子関係や家族なら言う事は無いでしょう。

3.お互い相互が空亡のタイプ

これは非常に稀なケースで、なかなか出会えない相性タイプになりますが、摩訶不思議な縁(えにし)によって引き合う相性です。僕も色んな方を見てきましたが、めったにお目にかかりません。

この相性は、例えば僕の空亡は「寅卯」ですが、相手の空亡が「午未」だったとします。さらに僕は午年(未年でもOK)生まれで、一方相手が卯年(寅年でもOK)生まれなら、この相互の空亡タイプになります。

この相性タイプは大吉か大凶どちらに転ぶか分かりません。

正直に言って、僕の経験(占術研究)では計り知れない相性です。他の占術研究者たちの意見も、吉凶分かれるところですが、僕の意見としては「凶の相手の凶の相手は、大運の相性ではないか?」という事です。

分かりやすく言えば「敵の敵は味方であるが、いつまで続くか分からない」という相性です。なので、この相性の付き合い方(扱い方)は・・・。

世の中を変えるほどのドラマチックな事柄、例えば、企業を創業する場合のパートナー(この場合、全く違った能力、才能を持った二人)であったが、会社が成長するにつれて、意見が合わなくなり、別れて別の会社を作るケースなど。

実はこの事例は、この相性タイプが非常に多いと言われています。もちろんこのケースは有名人などの夫婦でも起こりえます。夫が世間に知られるほど出世させますが、最後は敵(かたき)同士になってしまうケースです。

どちらにしても、この相性は「何をもって大吉とし、何をもって大凶とするか?」その考え方を問われるケースだと思われます。ただし、我々一般人には少しヘビーな相性と言えますので、穏やかな生活を望むなら注意して下さいね。

今回のまとめ

今回の記事は、伝えたい事が多くて少し長くなってしまいました。最後まで読んでくれてありがとうございます。

ただし、今回の空亡の相性で、運命的に吉になる人とばかり関係をする事をすすめるものではありません。また空亡(凶)の相手と決め付けて付き合い方を変えることもしないで下さい。

相性や縁(えにし)はこの空亡だけで決まっているものではありませんので、数ある占術や相性占いの一つだと考え、たやすく吉凶を判断しないでくださいね。 😆

これからも浪漫紀行は、身近で見つけた奇跡や、みなさんに役立つ記事を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.