もし地球から…意識を持つ者が全て絶滅しても、地球は存在するのだろうか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回もまた、「量子力学とスピリチュアルの話」の続きで…前ブログでお約束していた「違う次元~マトリックス・モデル」についてお話したいと思います。

(いや~!ミクロの世界の話かと思ったら、こんどは地球の話かよ…

今日も元気な、つっこみマン只今 \( ̄^ ̄)/ 参上!!…です。

はは(笑)そうだね。「ミクロからマクロまで、最先端科学からスピリチュアルまで」と…少し振れは幅が大きいように思いますが…実は、これらのことって繋がっているんですよね。

前回の記事でも書きましたが…この両極端な科学者と研究者たちが、互いに隔離された場所で研究をしているだけでは、人類の革新(科学革命)は起こらない…と思います。

(科学者が、現実を無視する…って話だろ…(゚ペ)  エットォ…

そう。「科学的例外」のことだね。まだ…前回の記事を読まれていない方は…

あなたの意識は本当に…あなたの中にあるの?…からご覧下さい。

(それはいいんだけど…今回は、何で映画の話なの?…(・vv・) ハニャ???

あぁ「マトリックス・モデル」のことね。これは、僕が勝手に言っていることだけど…これからお話する内容を理解するのに、イメージ的に映画のマトリックス(※キアヌ・リーブス主演のアメリカ映画)が分りやすいと思ったからで、また後で説明します。

それでは、さっそくテーマに入りたいと思います。今回もまた、この世界の話に興味のある方は、お付き合い下さいませ。…(笑顔)

(何だか…あんたが作り出した迷宮に…入り込んでしまっている俺がいる…(≧∇≦)b OK

意識を持つ者が全て絶滅しても、地球は存在するのだろうか?

もし地球から…人間を含めた意識を持つ者が全て絶滅しても、地球は存在するのだろうか?

この問いに対して、今までの私たちの常識に照らし合わせて考えれば…

一切の生命がいなくなったとして物質的な世界は存在している。

…と答える方が多いと思われます。

しかし…僕はそうは考えません。(地球は存在しないと思います)

(いや俺は…そう考えます…(゚д゚)(。_。)ウン!…だってさ~どう考えても、石ころくらいは、あるだろ!

まぁ、つっこみマンの答えが”常識”と呼ばれる普通の反応ですが…ここが今回のブログ・シリーズ「量子力学とスピリチュアルの話」の一番重要なポイントです。

それは…

今までの常識とされていた科学を超えられるかどうか?

つまり科学革命が起こるかどうか?…の重要な分岐点だと思います。

(それで…何度も強調文字を多用していたのか…(-_-)ウーム

みなさんは、どう思われますか?もうすでに、この問いに対しての、僕の答えは、過去3回のブログ記事(量子力学とスピリチュアルの話で示しています。

(いや…それでも…地球は存在すると思うな~( ̄ー ̄?)・・・

では…意識レベルが低いと思われる…動物や植物がいなくなっても、地球は存在しますか?

(うん。やっぱり…あると思う。

…だって月や他の惑星のように、動物や植物がいなくても存在する訳だし…( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪

今、つっこみマンと凄く、いい問答をしていると思います。これ程…常識という名の科学の壁を超えることは難しいのです。前回のブログ記事で書いたように…

二重スリット実験で示された、意識が物質世界よりも根源的だという事実があったとしても…意識が脳の中(肉体という物質)に存在しない可能性があるとしても…

まだ物質主義(※物質が意識より先に存在した)科学を、常識として信じますか?

(はい。信じます!…(≧∇≦)b OK…だってバカだと思われたくないからネ・・・

その頑なな感じが良いね。ますます僕としてはやる気が出てきます…(笑)

(あんた…何か変なスイッチが入っていない?…ヾ(ーー )ォィ

ニワトリの卵

それでは、地球だ…人類だと、質問のスケールが大きすぎたので、もっと簡単な、しかし現代科学でも解明できていない質問をします。

ニワトリは、卵が先に生まれのたか?…ニワトリが先か?

…という問題です。

(へっ…意識と物質に関係ないように思えるけど…(゚ペ)ありゃ?

それが関係あるんです。もし物質主義科学(意識より物質が先に存在する)で考えるなら、ニワトリより先に卵が存在しなければなりません。(※ニワトリは意識の宿る存在)

では、ニワトリの存在しない卵は、どこから来たのか?物質主義科学でどう考えますか?

(ふぅーむ。意地悪な質問だな…天から降ってきたとか…( ̄ω ̄;)エートォ…

考えるのを諦めたような答えだね。でも最近までの科学者たちも、つっこみマンと同じレベルの回答しか出来ませんでした。…それが「ダーウィンの進化論」です。

(えっ、サルが進化して人間になったっ言う…あの有名な理論?

…それが俺のレベルと一緒って…何だか照れるな…(*^-^)ニコ

いやいや褒めていないから…(笑)名誉の為に、前置きしておくと「ダーウィンの進化論」は元々、環境適応進化が書かれているだけで…

魚の卵が突然変異して、鳥の卵になったり、サルに生まれ変わったりする…といった理論ではありません。…そもそも天文学的確立で起きる突然変異を何度も繰り返し、魚がサルに進化したなどというバカな理論科学的根拠もデータ(証拠)も存在しません

(さっきの俺のレベルって…おバカな理論レベルってこと?…(  ̄っ ̄)ムゥ

ごめんごめん。でも物質主義科学者たちも、つい最近まで「ダーウィンの進化論」を利用して「ニワトリは卵が先か、ニワトリが先か」という問いに、何の科学的証拠もない突然変異で答えていたんだよね。

つまり…

石ころが、環境に適した風に吹かれて転がっていると、奇跡が起こってニワトリの卵になった。

…と言っているのと同じで、これが物質主義科学の答えでした。

科学者たちがそうなら…俺なんか仕方がないな。

…でもダーウィンの進化論って、まだよく聞くけどな…(゚д゚)(。_。)ウン!

僕の調べたところでは、最先端科学を教えるアメリカの大学では近年「ダーウィンの進化論」を人類の進化とは教えていなくて、学生にアンケート調査を行ったサイト記事によると、この進化論を信じている人は10%にも満たないということです。

残念ながら、保守的な我々、日本の学校ではいまだ「ダーウィンの進化論」を人類の進化と教えていて、信じている学生は多いと思います(調査データはありません)

(最近も某公共放送局で特集番組をやっていたわ…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

もし物質よりも意識が先…と仮定したなら

少し話がそれてしまいましたが…

もし物質よりも意識が先に存在し、意識が現実を生み出している(進化論とは違って多大な証拠がある)

…と仮定し、この論理に従うとなれば、物質と意識の因果関係が逆転します。そして、この世界を創ったデザイナー意識が存在することになります。

(また、ぶっ飛んだ理論だけど…もう俺は驚かないわ。

それより、もしそうだとしたら、そのデザイナーさんはどこに居るの?…(゚_。)?

これも仮定の話ですが…意識の発生の順番が「意識→脳(肉体)」であれば、肉体が死んでも、意識まで消滅する必要はなく。意識だけの、違う次元の(意識)世界が認められることになります。

その次元(意識の次元)に全ての意識は存在している可能性が考えられるのです。

(…という事は、この世界(地球)を創った偉い意識さんの他に、そこに俺らの意識も存在しているってことになるの?…そんな感覚は、あんまりないな…(゚ー゚*?)オヨ?

そうだね。我々の意識はやはり肉体に宿っている感覚があります。この揺るがない事実をどう説明したら良いだろうか?…と考えた時にイメージとして一番、分りやすいと思ったのが…

マトリックス・モデル」です。

(あんたの言いたいことが…やっと分ったわ。映画マトリックスは、この世界がプログラマーが創った仮想現実の世界で、そのプログラムに抵抗する人間が描かれていたけど…(゚ー゚)(。_。)ウンウン

そうだね。肉体意識別次元のものだとしたら、脳がアンテナのように意識を受信していると考えることもできるし、映画では意識の世界を生身を持つ人間として描いていたけど…

アストラル体という意識だけの存在かも知れません。また、ここまでくると、万物に命が宿っていると考える八百万の神(神道)などの※アニミズムに極めて類似してきます。(※自然界のそれぞれのものに固有の霊が宿る)

(ふぅわぁ…いつの間にかスピリチュアルの話になっているし…w(゚o゚)w オオー!

今回のまとめ

さて今回は、かなり話が飛躍的で…みなさん少し疲れたかもしれませんね。

特に最後の「マトリックス・モデル」は仮説ではありましたが、随分と魅力的な話ではありませんでしたか?…意識がいかにして物質世界を作り出し維持しているのか?その原理や科学的理論は、まだ、まったくもって分かっていません。

しかし物質主義に利用されてきた「進化論」よりは、「量子力学」のおかげで、意識の世界の存在の証拠は、今後も多く見つかって行くことでしょう。

また、この仮説を進めることで、科学のみならず「意識とは何か?」という哲学的な問いにさえ、この先、答えることがでるかも知れませんし…また輪廻転生や魂の根源などを説くスピリチュアルの世界との融合も図れる可能性も含んでいます。

(いや~今回は、本当に疲れたわ…次回はもうちょっと簡単な話にしてよね…(*’-‘)b OK!

今回も、最後まで読んでいただいてありがとうございます。みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.