占星術からみる「ラッキーカラー」…の続きで「支配星」の説明をします。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、前回の記事「僕のラッキーカラーの決め方」の中で途中になっていました「各誕生星座ごとのラッキーカラー」について、書きたいと思います。まだ前回の記事をお読みでない方は…

「ラッキーカラーって…誰が決めているの?」というお話…からご覧下さい。

では、前置きは無しにして、早速、話を進めたいと思います。…がその前に(やっぱり前置きがあるんかい!)前回も少し触れましたが、占星術の支配星について説明したいと思います。

占星術の支配星って何?

誕生星座(12星座)が広まったキッカケ

みなさんの中で「占星術の12星座」を知らない方はいらっしゃらないと思います。いわゆる西洋占星術の起源は、はるか昔の人々の生活と密接に関係していましたから、人類の歴史と共にある…と言ってもいいと思いますが、12星座がここまで一般的に知られるようになったのは、意外と最近であります。

正確な年代を調べたのですが分からなかったのです。…僕の記憶が正しければ※1960年代にアメリカのニューヨーク・タイムズに誕生星座(12星座)のコラムが初めて寄稿され、世の中に広まったと言われています。※もう少し前だったかもしれません。

暦が発明される以前「星読み」などが居た太古の人類や、また、紀元前409年、世界最古の※ホロスコープに星座位置が記録されていた事などと比べても「星座」が一般人に知られるようになったのは、本当に最近の事です。(※ホロスコープとは天体の配置図のこと)

もちろん、以前から占星術は天文暦と並び、学問として体系化されていましたが、専門的な分野以外の人に、流行として広まったのが最近であるという事です。

これ以上、起源の話をすると、また長くなってしまうので、機会があれば詳しくお話したいと思います。

 

12星座を支配する星って?

さていよいよ、支配星について、簡単に説明したいと思います。この話も詳しくすると、いくらでも深くなってしまうので、西洋占星術を専門的に勉強される方でなければ、こう覚えておいて下さい。

支配星とは、その星座に入ると、影響力が強くなる星のことです。

何で強くなるの?…ともし疑問をもたれたなら、占星術師に一歩近づいたかもしれませんが、今回はこれくらいでいいと思います。

でも「星が星座に入る???」…と疑問を持たれた方も、いらっしゃると思いますが、これも占星術のホロスコープを学ばないと、分からないと思いますが、こう覚えておいて下さい。

支配星10個の天体(10大天体)があって、12星座との相性が決まっている。

…ん?、またまた新しい言葉が出てきました。「10個の天体(10大天体)って何よって声が聞こえてきました。

10大天体とは「太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星」の事です。

少し占星術を始めると、色々覚えなければなりませんね(笑)

子供の頃、理科で習った、太陽系の惑星を覚える「すい・きん・・か・もく・どっ・てん・かい・めい」…って奴です。ん?…個しかない?…ってか!実はは地球の衛星になるので暗記惑星に入っていません。

それから太陽も恒星(自分で輝く星)なので、太陽系の暗記惑星には出てきませんが、地球の「」が入っています。ここでまた疑問をもたれた方、洞察力がいいですね。

今度は、太陽系の惑星の地球は、何で10大天体には入ってないの?…と思われると思いますが、実は…

占星術的には、私たち地球から見た天体図なので、対象は地球以外の天体(10天体)になります。

ここまではよろしいですか?なるべく簡単に説明しているつもりですが、それでも、もう分からない…という方は10大天体はこれだと、覚えちゃって下さい。

さて、ここまででやっと支配星10個の天体だと説明ができたのですが、こうゆう解説は本当に字数がかかります。(僕の無駄口が多いからだって?…そうかも知れません…笑)

 

みなさんの「さっさと自分の誕生星座と相性のいい支配星を教えてよ!」…って気持ち分かりますが、僕はこのブログ記事「ラッキーカラー」を通して、占星術にも興味を持ってもらいたいと思っているので、つい…(スイマセン)

しかし今回も、そろそろお時間となってきましたので、この辺りで…(また、ひっぱるんかい!)次回こそは、本当にサクッと、誕生星座別の支配星をお伝えしたいと考えています。(支配星でなくて、ラッキーカラーが知りたいんだけど…まだ、ひっぱるつもりかよ!)

 

今回のまとめ

今回も最後まで、おつきあいいいただいて、ありがとうございます。ご自分のラッキーカラーを知ることもいいですが、占星術の支配星の意味を知っておくと、これから開運する上で、色々と便利になります。

特に占星術の知識は深く、探求すれば長い道のりとなりますが、それだけに、知れば知るほどに面白いと思います。みなさんの空いた時間に、ちょこっと、こんな知識を読んでいただけたら嬉しいです。

今日も、みなさんに幸せが訪れますように…Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.