瞑想中のヴィジョンで「水に潜る」と…どんな意味があるの?

2018/09/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回の「瞑想のヴィジョン…の意味を考えるコーナー」第五弾は「水に潜る」です。まだ、前回の記事を読んでいない方は…

瞑想中のヴィジョンで「鳥」が見えたら…どんな意味があるの?…からご覧下さいね。

今回のヴィジョンも…前回の「空を飛ぶ」と並んで、よく見るランキング上位のヴィジョンです。これも夢で見る確率の高いシーンですが…夢とヴィジョンは違います。…(゚ー゚*?)オヨ?…という方は※上記リンクから確認してね。

水に潜る」ヴィジョンは、母体の中にいる ”状態” に非常に近いので…生命力や母性…そして無意識の世界と密接に関係しています。

なので、もしかすると…これからの人生を読み解くヒントが潜んでいるヴィジョンかも知れませんので…はりきって分析して行きましょう。

瞑想中のヴィジョンで「水に潜る」と…どんな意味があるの?

一般的にみて…

水中にいる」ヴィジョンは…良い意味ヴィジョンで、あなたの努力が報われたり、自由を表したりします。

そういった意味で、前回の…「空を飛ぶ」ヴィジョンに似ている部分もありますが…決定的な違いは…性的な欲望の高まりや、興奮などの意味が含まれていること。また、これは水中での状態や、出会う”もの”によって意味が変わってきます。

水中で…どんな状態?

水中の「ヴィジョン」の中であなたが、どんな状態なのか?…どうかで暗示の解釈が変わります。たった一人でいるのか?…それとも誰かと一緒にいるのか?

誰かが…近くにいる?

特に、異性の場合は…近々、恋愛の始まる暗示です。たとえ相手の顔が分からなくても(※ほとんどの場合分からない)穏やかな水中でいる(潜る)ことは良いことが起こる前触れです。

水中がに濁っている。

ただし、荒れた海(水中)や濁った水の中で、居たなら、恋愛のトラブルを暗示します。異性からの誘いには、注意が必要で…浮ついた気持ちでいると…軽々しい性的交渉に発展してしまうかも知れません。(※水か濁っていて、相手がよく見えない⇒悪い男に騙される暗示)

水中に一人でいる。

水中に  ”一人”  で潜る「ヴィジョン」は、自分の無意識の世界に入り込み、新たな可能性を発掘する暗示です。母のお腹の中に戻った気持ちで…新たな自分を発見するように努めて下さい。

水中で自分と向き合っている。

自分の内面に隠したネガティブナな感情と向き合うことの暗示です。変化を恐れ殻に閉じこもっていても、何も始まりません。少し潜って、自分(真実の心)と向き合えたらと感じたなら、浮上することで癒されることを示しています。

水中(海中)で亀と出合った。

「亀」は古来より、海の守り神の  ”使い”  とされていて、もし「ヴィジョン」で出会えたなら…大きな幸運を暗示しています。特に…健康面や恋愛などにおいての幸運が訪れるかも知れません。

ただし…その亀を追い払ったり、最悪…いじめたり(浦島太郎伝説)すれば、一気に幸運は…不運へと変化しますので、くれぐれも”亀をいじめたりしないように…(^_^)ニコニコ

恐ろしい生物と出合った。

もし水中(海中)で、サメなどの恐ろしい生物と出合ったとしたら、トラウマ(苦手なもの)などの克服と、成長の暗示です。平常心でいられたら、トラウマは克服され、自分の成長を感じることが出来るでしょう。

しかし、溺れたり、怖くて逃げたしたりすれば、克服は失敗に終わったことを示しています。※ただし、心配はありません。一度、浮上して、再びチャレンジ(トラウマの克服)することも出来ますから…

諦めないで、何度もチャレンジすることが肝心です。(※一度のチャレンジで克服は難しい)

溺れてしまった。

それと…最悪、溺れてしまっても、上手く浮上できたり、助かれば、逆に周囲からの救いの手があることの暗示になります。環境が勝手に変わり、不思議と上手く行く場合も多いようです。

 

今回のまとめ

さて今回も、瞑想で見た「ヴィジョン」の意味について、考えて参りました。(^_^)ニコニコ

水に潜る」ヴィジョンは、基本的には「自分と向き合う」ヴィジョンですので、心の穏やかさが…水中の状態として現れます。それだけに、チョッとした、気持ちの変化が、ヴィジョン暗示の変化に繋がり…解釈が難しい「ヴィジョン」の一つです。

また、今回も本格的なカウンセリング分析とは違いますから…参考程度に考えて下さい…ませ。(^_^)ニコニコ

注意:今回の「ヴィジョン」の意味についても、一般的なものを並べたもので、本格的にカウンセリングを必要とされている方は、きちんとした、ヒプノ・セラピストに「ヴィジョン」分析を依頼されることをおススメします。(^_^)ニコニコ

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございます。今日も、みなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.