「ガーディアン・エンジェル・セラピー」メソッド~天使を感じる事

2017/12/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今まで「ガーディアン・エンジェル・セラピー」メソッドを色々お話してきましたが、重要な事は「天使を感じる事」です。そのための様々な心の準備が、このメソッドな訳ですが、方法論に囚われてはいかません。

感じ方は人ぞれぞれ違いますし、メッセージを得られるまでの時間や、コンタクト方法も様々です。今回は僕の天使の感じ方についてお話して、皆さんの参考にしてもらえたらと思います。

天使を感じること

僕の天使の感じ方

皆さんの呼びかけに答えて大天使たちは何らかのコンタクトを取ってくるはずです。しかし最初のうちは、そのことに気づかないかも知れません。それは、天使とのコンタクトに慣れていなくて見過ごしてしまう事が多いからです。そこで、僕の体験から「天使が側に来たときの感覚」をお話します。

 

まず僕は天使からのメッセージを受け取る姿勢を作ります。座禅を組んで座り、自分の呼吸に意識を向けます。心を静めて、雑念を取り払わないと、わずかな感覚を見過ごしてしまうからです。

瞑想の方法を知りたい方はこちらをご覧下さい

しばらくすると頭の上から光を感じます。いつもそうです。少し左上から感じます。顔に太陽の光が当たっているような感覚です。でも、そんなに強い光ではありません。色は、そう・・・白ですが、少しオレンジがかっている場合のあります。そして必ず、自分の身体の中に暖かさを感じるんです。僕は、額の目と目の間くらいの所とか、両方の手の平などです。

この感覚があったら「あっ、来たな」と思います。日によってはその光がとても強くて、閉じたまぶたの中でもまぶしく感じるときもあります。皆さんも、よく「観察」してください。個人差はあると思うのですがキーワードは「」と「温かさ」です。

 

天使からのメッセージの形

天使からのメッセージは様々な方法で得られると思います。それは、皆さんの問いかけにもよると思うのですが、瞑想の中の映像で、感情で、あるいは言葉が聞こえてくるかも知れません。天使に話しかけて数日後、夢の中で、正夢として得られるかも知れません。また何もメッセージが無かったとしても物事が上手く行き始めることもあると思います。

僕は今後の自分の人生の方向を天使の問いかけたとき、同じイメージの建物を何度も見ましたが、その時はメッセージ内容を理解できませんでした。

しかし、それから何年か時間(とき)が経って、現実の出来事とのシンクロ(偶然の一致)などで初めて理解することが出来ました。

この様に天使からのメッセージが最初から分かり易い形で明確に送られて来るとは限りません。それはどうも私たち受け手の方の成長が足りなかったり、時が満ちていなかったりすると、理解できない様なのです。

大切な事は、天使からのメッセージを「信じる事」そして、その意味に「気づく」事です。

海外などでは、天使からのメッセージを使って、いわゆる自動書記と言う方法で小説や本など書いたと告白した作家も居ますし、作詞・作曲など人の心を癒す音楽などは天使からの贈り物だと思います。

今回のまとめ

今回はみなさんに天使からのメッセージを逃さないために、僕の感じ方(感覚)をお話しました。どんな些細なメッセージも見過ごさないように、観察する感じで見つけて下さいね。 😆

これからも浪漫紀行は、身近で見つけた奇跡や、みなさんに役立つ記事を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2017 All Rights Reserved.