「ガーディアン・エンジェル・セラピー」メソッド~呼吸編

2017/12/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は前回の続きで「ガーディアン・エンジェル・セラピー」の方法について、数回に分けて説明している中で、特に呼吸についてお話したいと思います。

簡単にリラックスする方法(呼吸法)

前回のブログ最後にお話しました簡単にリラックスする方法大切な二つのポイントの一つ「呼吸」について説明します。ちなみに二つ目は「観察」でした。観察の説明は次回の記事になります。

 

セラピーの呼吸とは

セラピーの呼吸と言っても特別な呼吸をするわけではありません。自分の呼吸に意識を向けるだけです。実は、呼吸は「聖なるものとつながる入り口」なのです。

普段、私達は「呼吸」を無意識のうちに行っていますが意識して呼吸」する事も出来ます。ほら深呼吸をしてみてください。これが意識した呼吸です。

また私達は一時たりとも、この「呼吸止めるわけにはいけません。それは「」を意味しているからです。無意識の呼吸は、あなたが起きている間や寝ている時も止まる事はありません。これは専門的に言うと潜在意識のおかげです。

あなたの生命の管理をオートマチックで行っている場所だと思ってください。呼吸の他にも心臓が意識せずに動いていることや、朝食べた物が皆さんが何も考えずに自動的に消化し身体を動かすエネルギーに変換されます。これら身体の機能全てを自動でコントロールしているのが潜在意識です。

その潜在意識が生命の維持に行っている身体の機能の中で、あなたが意識してコントロールできる事があります。それが「呼吸」です。

精神世界では潜在意識はすべての霊的なもの聖なるものと考えられています。過去、多くの精神学や心理学、あるいは哲学者などが潜在意識について研究してきた事は周知の事実です。

また「呼吸」は心を落ち着かせ精神を集中させるためにも、とても役に立つのです。ですからヨガ瞑想なども全て呼吸法をとても大切に考えています。

 

ただし今からお伝えする「セラピーの呼吸」は何も難しい事はありません。自分の呼吸に意識を向けるだけでいいのです。

 

セラピーの呼吸法

それでは自分の呼吸に意識を向ける一番いい方法をお教えしましょう。僕がこれまで色々試した結果一番よかった方法で、現在も実践している方法です。それは呼吸を数える事です。

いち、にい、さん・・・」とか数えてもいいのですが・・・みなさんも試してみると分かると思いますが、どうも呼吸と読み数えが上手く合いません。そこで「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ」と昔の日本数えを使います。※「いち、にい、さん・・・」で合う人は、そのままで構いません。

 

まず「ひぃ、ふぅ」と心で数えながら鼻から息を吸って下さい。次に幾つまで数えるかですが、吸った息で胸ががいっぱいになるまで吸い込みます。ですので個人差があると思いますが、最初は無理をせず苦しくなる前までで構いません。一般的に「むぅ(6つ)」くらいが最初はお勧めですが、それより短くても構いません。

ヨガとかで呼吸法を実践する場合は「やぁ(8つ)」まで数えるとされていますが、慣れてきたら自然と増えてくると思います。

 

次に吐くほうも手順は同じですが、今度は息を口から吐きます。吐くときも「ひぃ、ふぅ」と数え始めてください。ただし、できるだけ吐くときの息を長くする吸うときが6つなら、吐くときは8つくらい)ように心がけて数えてください。

この吐く息が長くなる事が、深く自分の内側に入っていくバロメータになります。慣れてくると意識しなくても吐く息が長くなってきますよ。 😛

 

これらが僕のおすすめする自分の呼吸に意識を向ける一番いい方法です。

ここから先のリラックスする方法は二つ目のポイント観察」が大切になってきまがすが「観察」の詳しい説明は次回のブログに譲ることとします。

今回のまとめ

今回説明した呼吸法は、あまり気負わず実験的にどれくらい息が長く(深く)吸えて吐けるようになったか?試す感覚でしてみて下さい。深呼吸できると身体に酸素の循環がよくなり暖かくなったりもして健康的にも良いはずです。 😆

これからも浪漫紀行は、身近で見つけた奇跡や、みなさんに役立つ記事を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2017 All Rights Reserved.