「感覚の扉」を開くカギは…あなた自身です!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回もまた、スピリチュアル関連で面白いニュースを見つけたので、雑談をしたいと思います。

(今日も元気な…チワ!☆つっこみマン…(/ ̄^ ̄)/只今参上!…です。

…よくまぁ関連ニュースを見つけてくるね…感心感心…ヾ(ーー ) コレコレ

今回の海外ニュース記事は、前から一度、話したいと思っていた内容ですので…(笑)

(まっ、俺が生かされる内容なら…何でもいいけど、…「感覚の扉」って…何?…(゚_。)?

慌てないで下さい。それは関連ニュースで詳しく説明しますから…

ただ、その「扉を開くカギ」は、あなた自身にある…ということをお伝えしたいと思います。

これは、このブログのスクロールバーの項目に「超能力開発」がありますが…その中でも、まだお伝えできていない重要なことです。

(俺も…その何だかわからないカギの一つだって話か?…( ̄ω ̄;)エートォ…

そうです。私たちが「感覚の扉」を開く、カギになれるかどうかは…ほんのちょっとした考え方で決まると考えています。今回は、そんなお話です。興味のある方はご覧下さいね。

(まだ全然、先が見えていないが…一応今回も、雑談に付き合ってやるか…(≧ω≦)b OK!!

スピリチュアル関連ニュース「感覚の扉」とは何だ!

スピリチュアル関連ニュースによると…「感覚の扉」とは、身体と精神の両方の感覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚を含む(五感)の、すべての外的要因からの刺激をフィルタリングする脳と中枢神経系のプロセスの事で、このプロセスは「私」と「私でないもの」の違いを解読し区別することができます。

もし私たちに「感覚の扉」がなければ、自分にとって重要なものと不要なものの区別がつかなくなり、すべての感覚に触れることとなって、現代医学で言うところの…心の病(統合失調症者など)になってしまうでしょう。

しかし…文明社会から隔絶された社会や先住民族の文化では、これら「感覚の扉」を制御し、必要に応じてそれらを開閉する方法を習得(生まれながらの人も居る)した者が存在しました。それが「シャーマン」です。彼らは、サイケデリックス(薬物)など使わずに、「知覚覚醒」や「※感覚ゲーティング・チャンネルの扉」を開けることが出来ました。もちろん、命のリスクなしにです。(※「感覚の扉」のこと)

あなたの意識状態を変えることで…ある程度「感覚の扉」を開く手助けをすることができます。さらに世界の形而上学の「知覚の扉」を開くことによって、自分自身や周囲の世界への深い真理を発見することもできるでしょう。薬物を使うことなく、このような方法で「感覚の扉」を自由に演奏することは、短期間で、あなたの人生のより深い意味を…また、まだ見ぬ未知への深みへと…人生を変える経験という旅行を可能にすると思われます。

注釈:これら海外ニュースは翻訳の際に一部校正してあります。

スピリチュアル雑談

今回は、完全にスピリチュアル関連のニュース記事でしたね…これらの記事で気になった部分はありますか?

(感覚の扉…のニュアンスはだいたい伝わったけど、まだ何かピンとこないし…(゚ペ)? フーム!

そう?…僕は ”なるほど”…と思う部分かいくつかありました。まず記事の冒頭「感覚の扉」の説明文で…

五感の、すべての外的要因からの刺激をフィルタリングする脳と中枢神経系のプロセスの事で、このプロセスは「私」と「私でないもの」の違いを解読し区別することができます。

…と書かれてあります。

(ちょっと…何言ってるか分らん…(゚_。)?

これは、日本語的に言えば「第六感(五感を超えた感覚)」の事を言っているように聞こえますが…

(えっ、違うの?…(゚ペ)?

ある意味…正しくて、でも正確ではありません。僕はこれを「自意識」と解釈しています。

(自意識って…俺が、ワイが、私が…っていう意識のことだろ…(*`▼´*)b オッケィ♪

そうです。それが五感の先にある感覚のことで、五感から得た情報を、コントロールしている感覚です。

(俺はまた、未来が見える、超能力のような感覚かと思っていたわ…(゚д゚)(。_。)ウン!

いや。それも間違いではないと思います。記事の中にある…

あなたの意識状態を変えることで…ある程度「感覚の扉」を開く手助けをすることができます。

…と書かれていて、これは変性意識のことだと思います。

(へんせい…いしき?…(゚_。)?

別名、トランス状態とも言って、ヒプノ・セラピーワーク(催眠療法)でセラピストがクライアントを導く意識のことです。

(だったら、あんた出来るんじゃないの?…ヾ(- -;)

セラピーの第一歩として、クライアントを変性意識に導けるかどうか…がセラピストの腕の見せ所です(笑)

(なら、俺も…そのトランスへと導いて「感覚の扉」開いてくれよ…

これで俺も…超能力者の仲間入りだい!…((o(^-^)o))わくわく

変性意識に導くのは、それほど難しくないけど…すぐに「感覚の扉」が開くかどうかは分りません。ニュース記事にも書かれてあるけど、扉を開く手助け…になるとは思いますが…

(そうなの?残念…何かほかに情報はないの?…( ̄ー ̄?)…..??アレ??

海外ニュース記事を、隅々まで読んでみたけど…これ以上の具体的な方法は書かれていませんでした。ただ変性意識に入るため「瞑想」や「ヒプノ・セラピー」を推奨するだけです。

(あ~やっぱりな!…本当に大事な秘密は…タダでは教えてくれないって奴だろ…ヾ(ーー )ォィ

その記事も、きっとどっかの有料サイトに誘導するステマだよ…

せっかくタダで才能が開花できると思ったのに…甘かった俺…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

つっこみマンの指摘も一理あると思うけど(※タダで教わろう精神に一理なし)…そんな無駄に思える情報の中に、真実が散りばめられているのが…ネット情報の世界だよ。

そこで僕は、記事の中に「感覚の扉」を開くヒントを見つけました。

(何?何?…教えて教えて…タダで教えて…(≧∇≦)b OK

催眠療法や瞑想を定期的に実践することは…あなたの潜在意識を尊重し、あなたの心の中で無視されている部分にたどりついて、あなた自身と世界の形而上学的な背景を垣間見ることができます。これらの慣行は、あなたを、留めている過去のトラウマなどの事柄や何年も投獄されたままになっている心の門戸を開くのを助けます。瞑想と催眠療法は、あなたの直感に触れるための素晴らしいツールなのです。(※原文に忠実に翻訳)

(これ…どう見ても有料サイトに誘導するステマだな…ヾ(- -;)

確かに…この後、海外のヒーラーを名乗る専門家へのリンクが貼られていましたが…(笑)

しかし僕は、この記事の中に「感覚の扉」が開く重要なポイントを、書いてしまっていることに気付きました。

(アンダーラインの部分だろ…それくらい俺でも分るわ…ヾ(・・;) オイオイ

そうです。その文章の中でも特に…

あなたの心の中で無視されている部分にたどりついて

…という部分が重要です。つまり…

自分の中の自意識以外の、無視されている意識にたどり着く

…ことが「感覚の扉」を開くカギだ!…と言っているのです。

(なるほど!…w( ▼o▼ )w オオォォ!!…それで、それで、具体的に次はどうするの?

その具体的にどうすれば良いのか?…については、また長くなってきたので、次回以降に考えて行きたいと思います。

(やっぱし、引っぱるつもりか!…あんたもステマか?…ゞ( ̄∇ ̄;) ライライ

失礼な!…僕は変なサイトに飛ばしたりしませんし、重要な情報も無料で読めますから…

(ごめんごめん…どこかの新聞サイトみたいに…

記事の途中から料金取ってないしな…俺が悪かった…m( ̄ー ̄)m ゴメン

今回のまとめ

冗談はさて置き(笑)…今回の ”ずっこけ”雑談はいかがでしたか?…”ずっこけ”が過ぎるので、内容が頭に入ってこない…との意見が聞こえてきそうですが…

また、面白く、みなさんに役に立つスピリチュアル・ニュースを見つけたら紹介したいと思います。

(いや。俺は ”ずっこけ”…と言われようが、このスタイルで続けるぜ!…(≧∇≦)b OK

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。今日もみなさんが幸せが訪でありますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



Comment

  1. 上木 幸美 より:

    無視されている意識。。。
    潜在意識としか私の頭の中には出てこないです。
    扉の開閉を自由に使う。。。
    なんとなくわかるような気がしますが、何をどうわかっているのか?と聞かれると、私の知識では説明しがたいものがあります。
    次回、楽しみにしています。

    • ryusho.okamoto より:

      コメントありがとうございます。真剣に読んでいただいて嬉しいです。
      おっしゃるとおりで、言葉や文字で表現しにくい”もの”を僕の”つたない”言葉で
      いかに説明できるか?…
      何度も同じテーマでブログを書くしかないと思っています(笑)
      もし、つたなくて伝わらなくても、また読んで下さいね < (_ _)> アリガトォ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.