人類の起源を調べ始めた「リモートヴューア」たち

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、最初に断わっておきますが雑談のような内容です・・・(笑)

(雑談ね・・・当然、話し相手は…俺、つっこみマンしか居ないよね…スチャ!☆(/ ̄^ ̄)/只今参上!

あれ?・・・色…変わってない?

(気分転換だよ!…紫は俺にとって、”余所行き” のカラーだから…(≧∇≦)b OKキマッテル?

余所行き(よ・そ・い・き)…って今の若い子は使わない言葉だよ。

(じゃぁ~何て言えばいいんだ?…(゚ペ)?

外出着の事だから…アウターかな?…でも余所行きって、”おめかし”…の意味が含まれているから、ちょっと違う気がするけどね。

(…ところで、本当に雑談だな!…こんな感じで、大丈夫なのか?…(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ…

いつも、小難しい話ばかりだから、たまには良いんじゃないかな?

(でも…タイトルが、また何だか、ややっこしいし…そもそもリモートヴューアって何だ?…(゚_。)?

遠隔透視者だね。基本的にスピリチュアル関連のニュースで、僕が最近知ったことなんかを取り上げて、雑談形式で書いていこうかな?・・・と考えています。※リモードヴーイングを知りたい方は…

リモートヴューイングは当たらないのに、なぜタロットは当たるのか?…をご覧下さい。

なるほどね…また、評判がいいと、シリーズ化宣言するって奴か?…ゞ( ̄∇ ̄;)ライライ

そうだね。でも消えていったシリーズは数知れず・・・(涙)

(まっ、良いんじゃないか・・・(>_< )ヾ(^^ )ナカナイノ…じゃぁ~そろそろ、本題に入ろうか!

スピリチュアル・ニュース

リモート・ヴューイング」技術は、冷戦時代にロシア(旧ソ連)の諜報活動の一環として開発され、アフリカで同国の偵察機の喪失事件の解決と、将来の出来事に関する予知を遠隔地から行った事例が報告されています。また、米ソ冷戦時において、技術開発競争の一つとして両国で発展し…アメリカ側が複数の諜報機関と協力して設立したスタンフォード研究所(SRI)では、複数の「リモートヴューア」が働いていました。さらに数十年後…これらの多くの人々は、プログラム終了後も…秘密裏に軍によって研究と実験を続けていました。

その中の一人で最も成功し、陸軍訓練を受けた遠隔視聴者の1人でありスターゲイトプログラムの元メンバーだったジョゼフ・マクモニーグル氏(Joseph Mcmoneagle)が新たなプロジェクトに参加するというニュースが飛び込んできました。

それは「人類の起源を発見しようとするセッション」だそうです。

最新の研究結果は発表されていませんが…彼のセッションは1980年代に、すでに軍の研究として行われていたようで、偉大な作家であり研究者のジム・マーの著書「  私たちの巧みな歴史」の中で、そのセッション内容を紹介しています。

129分のセッションの間、彼は原始的な地球であると思われたところに沿岸線を描いた。彼は後に、恐竜時代の約3,000万〜5千万年の間であったと推定した。この海岸線には、高さ約4フィート(約1.2m)の毛むくじゃらで直立して歩いている生き物を発見します。その生物は小さな頭部にもかかわらず、知性を発揮しているようで、驚くことに、この生き物はジョゼフの霊的存在を認識していたようであり、彼は、その生物が…その場所で生まれたのではないと感じた。※「私たちの巧みな歴史」より

スピリチュアル雑談

(そんなに何十年も前から…人類の起源を調べていたんだ…( ̄ω ̄;)フーン

…ジョゼフ・マクモニーグル氏って昔、日本の超常現象系のTVに出演していたよね…(゚д゚)(。_。)ウン!

よく覚えていたよね。たしか行方居不明になった人を遠隔透視で探す番組だったよね。

(それで…行方不明者は見つかったっけ?…(゚ー゚*?)オヨ?

それが…ホワッとした終わり方で…手がかりは見つかるけど、発見にまでは至らない…って感じかな。

(ふーん…まっ、日本のテレビは80%以上が ”やらせ” だからな…ヾ(ーー )ォィオイ!

ネットの世界も半分はウソ情報とか流れているけどね。

でも、この前なんかさ~ニュースを見ていたら、政治問題の意見を街角でインタビューしてるのネ…

それで、それに答えている一般人のおばさんが、他のテレビ局でも出てるのよ…

…あれ ”※サクラ” だろ…ヾ(-_-;) オイオイ (※偽客のこと)

たまたま、だったんじゃないの?

(それが、そのおばさん。さらに他の局にも、日を変えて、帽子とメガネで変装して出てるのよ…

…これ完全にアウトだろ・・・w(゚o゚)w オオー!

しかし、よくそんな細かいことに気付くね…(感心)

(だって俺…希代のつっこみマンだからさ~一応メディアにも、つっ込んどかないと…(゚д゚)(。_。)ウン!

スピリチュアル関連から、話が反れてしまっているけど…遠隔透視自体もウソだったと思う?

(いや。俺はそうは思わないな…アメリカの、それも軍が予算をかけて研究した…ってことは、それなりの成果はあったんじゃないかな?…d(>_・ )グッ!

…ただし、正確率は不安定だった…とか…σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

何だか、この雑談形式になってから、つっこみマンの推理が冴えているね…(笑)

(そっか?…俺はいつも冴えているつもりだが…(  ̄っ ̄)ムゥ

じゃあ、人類の起源についての※リモートヴューイング内容は、どう思う?(※「私たちの巧みな歴史」の内容)

(はっきり言って微妙だろう。だってリモートヴューイングの成功の是非は…事前情報をいかにシャットアウトするかにかかっているからサ~…

…人類の起源…という段階で、恐竜とか、DNA宇宙人説とかに、影響を受けてると思う・・・(゚д゚)(。_。)ウン!

そうだね。1.2mの頭の小さな直立している生き物って…どう見ても、宇宙人のグレイだね。

(毛むくじゃら…ってところが、恐竜のイメージが被ったか…

…あまりにグレイに似すぎると、まずいと感じたか?…(゚ペ)?

でも僕は、意図してこうなったのではなくて…事前情報を遮断するのか不可能だったから…だと思います。

(まぁ、”やらせ” ではないと言うことか…でもそうなると、リモートヴューアが人類の起源について遠隔透視するのはムリじゃない?・・・(゚_。)?

現在も研究が続いている…という事は、将来、自分の記憶や自我さえも遮断する能力を持ったリモートヴューアが出てくるかも知れないし…その遮断をサポートする※VRのような器具が開発されるかも知れないよ。(※バーチャルリアリティの略)

(だったら、いけるかもね。…ところでアンタ、情報についてネットとメディア…

…どっちを信用しているの?…(?_?)アレ?

どっちもリスクはあるけど…ネットは自分で調べられるから自己責任だけど、新聞やTVなどのメディアは情報(人の意見)垂れ流しだからね…メディアは洗脳に近いと思います。

(俺もネットの方が信用度高いね…だってネットはウソ50%で、メディアは80%以上だろ…(≧∇≦)b OK

その情報(数字)も違っているかもよ?…大切なことは、「この情報が本物かどうか見極める力」…をつける事だと思います。

今回のまとめ

今回から、こんな雑談形式にしてみましたが…いかがでしたか?

(うざい!…と思っても、コメントは送らないように頼むぜ…

…俺のステージが無くなってしまうからさ~( ̄ω ̄;) ゴメンネゴメンネー!

つっこみマン!雑談コーナー気に入ってたんだね…(驚)それでは、次回もこんな感じて続けたいと思います。

今回も、最後まで読んでいただいてありがとうございます。今日もみなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.