【開運チャレンジ】縁結びの旅『由志園に行って参りました…④』番外編

2020/02/10
 







この記事を書いている人 - WRITER -

11月末、念願の『出雲大社』に参拝させていただき、ご報告が遅れておりました【開運チャレンジ】の、今回は第十弾をお届けしたいと思います。

せっかく島根県の松江市に来たのですから『由志園』にも寄ってみよう!…ということで前回行って参りましたが、今回は由志園の見事な庭園の続きを見ようというわけで…

そうなんです。前回お届けした『由志園』からの、またまた後編です。。。そして今回が正真正銘の最後です(笑)

約40年前、松江市の中海に浮かぶ大根島に、初代園主『門脇栄』によって造られた「池泉回遊式日本庭園」を散策しましたので、ご覧くださいませ!

前回…師匠は『由志園』の迷いの森に入られましたからね(笑)
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
そうなんです!…でもいい意味での迷いの森でした!

というわけで、さっそく出雲の旅、由志園に参りましょうか…。

スポンサーリンク

『由志園に行って参りました!④』

まずは、由志園ホームページのご案内から。。。

『由志園』の日本庭園は、出雲地方の豊かな地形を凝縮した箱庭に、大山を模した築山、名勝地「鬼の舌震」や宍道湖、中海を表現しています。水の流れは、日本海へ至り、弓ヶ浜を表した広大な州浜と美しい白砂青松庭が配されています。- 由志園ホームページ引用 ー

出雲の歴史を育んだ八岐大蛇の物語や宍道湖・中海の風景を思い描きながら、由志園をご散策ください。

これ。。。前回、僕が迷い込んだ、『由志園』の森です。凄くないですか?…人口の森に見えませんよね。

そして。。。なんと川を上って行くと、そこに大きな滝が出現しました。

写真からは、分かりにくいと思いますが、滝から下流に水が流れていて、結構な落差がありました。

何だか、ジブリの『もののけ姫』に出てきそうですね。

紅葉は、普段、気にも留めない自然に目を向けさせてくれます。

森は、そんな気持ちを思い出させてくれる神聖な場所ですね。ここは公園ですが、そんな気持ちにさせてくれました。

さて。。。そろそろ迷いの森から抜け出して、もとの公園に戻ることにします。

いよいよ…終着点が見えてきました。この坂を下りた先に、『由志園』の建物があります。

ここを曲がると、終園です。すこし名残惜しい気も。。。

お疲れ様でした。到着です!…その前に。。。

あまりにも黄色が見事だったので。。。パチリと一枚!

順路どおりに進んで建物に入ると、休憩室(喫茶)がありました。

今回の『縁結びの旅』前半で行った、足立美術館のような、大きな鑑賞窓があって、これはこれで見事でしたね。

スポンサーリンク

最後に

昨年の11月に3日間に渡って旅をしてまいりました『出雲の旅』は今回で終焉となります(涙)…みなさま最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

師匠…お疲れ様でした。これで本当に終わりなんですね!
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
実は、この後、「宍道湖のしじみ」と、岡山のご当地グルメ「日生のカキオコ」をいただいて帰りました。
なな。。。なんですと!…そのご報告は。。。
みなみ
みなみ
Ryusho
Ryusho
はい。写真はありません!…でもめちゃくちゃ美味しかったです。

特に牡蠣がいっぱい入った「日生のカキオコ」は、おいしすぎてびっくりしました。

今回も、最後まで見ていただいて、ありがとうございます。また一緒に開運の旅に出ましょうね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!