頭の中が煮詰まったら、カメラと出かけるといい。

2019/01/24
 




この記事を書いている人 - WRITER -

どんなに精神的に強い人でも”煮詰まる”時はある。むしろ、自分で”強い”なんて言い聞かせている人ほど、完全に頭が煮詰まってしまい、その事にさせ気付いていない。かく言う僕がそうだ。癒しだ・・・スピリチュアルだ…と偉そうに言っているけど、中身はこんなものだ。そんな時、頭をリフレッシュさせる方法は、たぶん人によって異なると思うけど、僕の場合は、とりあえず外へ出る事。…でも意味もなく、ただ近所を散歩するっていうのは好きじゃない。僕ってそんな面倒くさい奴。

つまり ”きっかけ” がないと、重い腰が上がらないタイプで…結局、インドアの仕事のスケジュールに追われてるとか、天気が悪かったとか、何かしら”出かけられない”理由を探し納得して、また、頭が煮詰まってしまい悪循環を繰り返す。そんな悪癖から僕を救ってくれたのが、カメラだった。

カメラを持つと、いつもとは違う道を歩いてしまうので不思議だ。今の僕のポケットの中には、いつもRICOH GRが入っている。少し前までは、一眼レフのNikon D5200だったので、散歩のお供…という感じではなかったけど、こいつとなら問題ない。…何を撮るかは決めていないし、撮らないかもしれない。でも、ポケットの中にGRがある…というだけで、とにかく歩き始められる。そしていつの間にか、煮詰まっていた脳が、脱出を始めている。

そして…脳の中が空っぽになった時、何かをキャッチして、瞬間的にGRのシャッターを切る。

プロの写真家が見れば、大した写真じゃないけれど…僕にとっては、そんな瞬間を切り取った記録でもある。そして、後で撮った写真を見返してみると、その時の状況や心情なんかも思い出せ…冷静にその時の自分の心と向き合える。つまり僕にとってカメラは、心を癒してくれるヒーラーであり、自己分析をしてくれるカウンセラーでもあるのだ。

こんな感覚でカメラと付き合っているフォトグラファーは居ないと思うけど…どんな時でも僕に付き合ってくれる親友のようなGR。本気になって撮ってもAPS-Cセンサーのおかげで一眼並に撮れる。GRとはそんなカメラ。ポルシェを街乗りに使っている感覚かな?…でもみんなにGRをごり押しするつもりは毛頭無くて…自分に合う親友や車は、自分で探せってこと。

でも、頭が煮詰まった時に”カメラ”はおススメだって事だけは伝えておきたいと思う。まだGRと付き合い始めて、あまり時間は経ってないけど、今ではGRを持たない日はちょっと考えられない。僕にとってGRとは、そんな相棒のようなカメラなのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!