「神聖な幾何学」生命の花は成長パターンの1つかも?

 




この記事を書いている人 - WRITER -

今回は以前にお伝えしていた…

あなたの意識を進化させる「神聖な幾何学」とは…の中でお約束していた「生命の花」について、新たに調べて分ったことをお話したいと思います。

(今日も元気な…スッチャ!☆つっこみマン参上…(/ ̄^ ̄)/ オハ・コンバン・ニチワ!…今日は紫でキメる~ぜ!

はいはい!…前回の記事の最後に言ってた「生命の花」をもう少し調べるって約束だね。

そうです。あなたの意識を強化に進化させる「生命の花」について…の第二弾になります。

(また何か見つかったのね…(≧∇≦)b OK

はい。このテーマは何度かお伝えしているので、あまりボリュームはありませんが…よろしければご覧下さい。

「生命の花」には成長過程が存在する

世界中の古代文明や遺跡、近年ではミステリーサークルの模様などにも見つかった「神聖な幾何学」の一つ「生命の花」(Flower-of-Life”フラワー・オブ・ライフ)の他に…

「生命の種子」「生命の木」「生命の果実」というバージョンがあることが判明しました。

「生命の花」Flower-of-Life フラワー・オブ・ライフ

前回の記事の復習になりますが…この形はエジプト神殿をはじめとする古代から、現代の文明でも世界各国に存在しています。

●日本では神社や狛犬の玉座に、このモチーフが多く見られます。伝統工芸品や染め着物の柄としても長い間親しまれてきました。

●古代エジプトのオシリスの神殿や古代中国の紫禁城、パレスチナのガリラヤ、イスラエルのシナゴーグ、インドの古代寺院などでも発見されました。

●近年でもスペインやトルコなどのモスク(イスラム教寺院)でも多く目にする事が出来ます。

このように、このモチーフは言語や文化の違う世界各国で、古くから存在してきた「神聖な幾何学」で…また一説では、「沈黙の言語」または「光の言語」とも言われ、すべての言語の源であり「宇宙の原始の言語」とも考えられています。

またこの幾何学模様は、私たちの身体の中に深く刻まれていて、DNA、分子や原子…数学や物理学、音楽のハーモニクス(調和)にまで、影響を与える「モチーフ」なのです。

「生命の種」Seed-of-Life シード・オブ・ライフ

まだあまりよく分っていませんが・・・まず6個の円が重なり創り出される形で、生命の誕生を意味するモチーフらしいです。

●6つの円の中心に一つの円を足して、7つの円が構成されたもの
●生命の誕生、受精卵が細胞分裂を始めるプロセスを表している…とされています。

「生命の樹」Tree-of-Life ツリー・オブ・ライフ

(※参考図:ウィキペディアより)

言わずと知れた…カバラ数秘術やタロットの原典であり、神秘学などの分野においても、世界中の神話に多く見られ、生命の進化を象徴するモチーフを類別する概念です。 代表的なものに北欧神話の世界樹、聖書の生命の樹、仏教の娑羅樹、メソポタミアの”生命の木”、アッティスとキュベレーの神話、常世国の非時香菓(ときじくのかぐの木の実)を成らせる木などのモチーフがあります。(※ウィキペディア調べ)

「生命の樹」が根本的に表現する真理は、私たち一人ひとりの魂の進化の課程を11個のセフィロト(円)で表し、その道筋を22個のパス(径)で示しています。

「生命の果実」Fruit-of-Life フルーツ・オブ・ライフ

●13個の円と、33個の直線パターンで描かれるモチーフです。

エデンの園にあった「生命の樹」に生えた禁断の実…つまり「知恵の実」とも考えられ、女性エネルギーの(円)と男性エネルギーの(直線)を加えると、深遠なる「宇宙の秘密(知恵)」を得られる…とされています。

僕は…このモチーフは、このブログで兼ねてよりお話してきた、この世界の創造主「デザイナー」が知る「宇宙の構成システム」ではないかと考えております。

なので…知っては行けない「禁断の果実」とも呼ばれているのかも知れません。(※僕個人の考えて…諸説あり)

今回のまとめ

今回、新たに分った「神聖な幾何学」の報告はここまでですが…いかがでしたか?

(よく調べたね…「生命の花」以外に3つも加わったよ…w(゚o゚)w ビックシ!

「生命の樹」は以前から知っていましたが「生命の種」と「生命の果実」は新着です。でも「生命の果実」は、だいたい調べがつきましたが…「生命の種」は、まだまだ、分らないことが多くて、今後の調査が必要です。

後…もう一つ調べることは、これらのモチーフは「生命の種」から「生命の樹」「生命の花」と続き最後に「生命の果実」へとつながる、一つの生命サイクルになっているのでは?…ということです。

(おおーそれ正解かも…(゚ー゚)(。_。)ウンウン

種から樹になって花が咲き、実が実り…また種が落ちて、芽吹くという…植物サイクルと同じになっています。

(だから…花だ樹だという名前が付いているの…かもね…(*`▼´*)b オッケィ♪

詳しい文献が見つかれば、また紹介したいと思います。今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。今日もみなさんに幸せが訪れますように。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!