意図したものより…偶然に出会ったもの

 







この記事を書いている人 - WRITER -

これは「写真」に限った話ではないけれど…僕は「偶然に出会ったもの」を大切にしたいと思っている。違った言い方をすれば「偶然の中に意味がある」…と思えるんだ。ただ「意味ある偶然の出会い」は毎日起こっているけど…無視してしまっていることも多い。

僕はスピリチュアル・カウンセリングでタロット・カードを良く使うけど…これも「意味ある偶然の出会い」だと思っていて…最近では写真なんかを撮っているけど、これも奇跡的な偶然の一瞬を撮る…という意味では同じなんじゃないかな。もちろん、何を撮りたいか…という意図がないと写真は撮れない訳だけれど…その先の何が撮れるかは…偶然に出会ったもの…がほとんどなんだ。

映画のように、画面に映るすべてがセットアップされた写真も…それはそれで素晴らしいと思うけど…僕はあまり心が動かないし…まぁ…この辺りもバランス感覚だとは思うけど…どちらかと言えば偶然とか自然を大切にしたいと思っている。たぶんこの感覚は、僕がスピリチュアルの世界にどっぷり浸かっていたせいもあると思うけどね。

後…写真意外で、意味ある偶然の出会い…が多いのは図書館だと思う。先日なんか借りに行った本がなくて、どうしようかな?…と思っていたら、同じ著者が出した新刊本(内容は違う)が、偶然にも新刊棚にある…と図書館員さんに教えてもらって…内容は違っていたけど(写真の本を借りたかったけど文学の本)…その時何となく、その本が気になって借りて読んでみたら…ジャンルは違うのに、求めていたことが書かれていたんだ。

そして、その本から、僕は多くの”気づき”を頂きました。具体的な内容については、また表現できる方向が決まったら、書きたいと思うけど…今の僕にとって大切なメッセージが書かれていたと思う。もちろん、こんな重要なメッセージは本だけではなくて、他の人が何となく言った言葉の中や、偉人の言葉にも、たくさん含まれていると思うけど…。

大切なことは…受け取る側の僕たちの準備が出来ているか?…ということなんだ。僕たちの準備が出来ていないと、当然のように無視してしまうからね。また写真の話に戻るけど…有名な写真家たちが、よく言っていることは…。

結局、写真家は…その瞬間、その場面に立ち会えているか?…に掛かっている。

まぁ、僕のようなアマチュアは、その意味ある偶然の一瞬に立ち会っていたとしても、まず気付かないか…運よく気付けたとしても、その瞬間を撮る技術が足りていなかったり、するんだろうけどね。でも、この分野でも、事前の準備が全てを決める訳だから…やはりこの世の事象は、全て同じ…って事になると思うのであります。

また今回も僕の戯言(ざれごと)に付き合ってくれてありがとう。みんなも…意味ある偶然に出会えるように…少しだけ心の準備をしてもらえてれば嬉しいな。

― リュウショウ・オカモト ―

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!