魂の復活

 




この記事を書いている人 - WRITER -

「私たちは、魂の復活を願っている。無意識で願っている。

…だが願うだけでは叶わない」

「何故なら、魂を知らないから。私たちの、本当の魂を理解していないから」

「魂を知らないのに復活はない。復活したくても、行き先が見えない」

 

「だから私たちは祈っている。ただ神に救いを求め…祈っている。

…もし一時、神聖が垣間見えたとしても…それでも行き先は、まだ見えない」

「私たちが誰であるか?何者であるのか?

…神は見せてくれない。ただ祈りなさい…と説かれるだけ」

 

「それでも、私たちは魂の復活を願っている。

…神を信じ願っている。祈りの理由も目的も、分らなくなっても願っている」

「願いが祈りに変わった瞬間…意識が変化する。突然、意識が変性する」

「意識の変性は…私たちに神秘を体験させる。

…これが復活の入り口。そして復活の始まり」

 

「深い神秘の体験は、魂の理解を助けるが…それは、私たちの人生を大きく変える瞬間」

「私たちが誰であるのか?何者なのか?

…その体験に自分を発見するメッセージが含まれている」

 

「あなたの生まれた理由」

「あなたの宿命(さだめ)」

「あなたが世界とつながるため、貰った贈り物」

「過去の人生や思い出…など」

「そして…メッセージには

…あなたの人生を大きく変える、多くの可能性が含まれている」

 

「これが魂の復活。私たちが求めている、本当の復活」

「あなたは復活したいと願っていますか?

…本当に願っていますか?」

 

「ならば…祈るしかありません。ただ祈り続けるしかありません。

…でも神に祈るのではなく…あなた自身に祈るのです。あなたの魂に復活を願うのです」

「そうすれば、あなたの魂は答えてくれる。きっと答えてくれる。

…ユニークな形で、あなたに答えを届けてくれる」

 

「魂の復活は…さまざまな形でやって来る」

「予期せぬ時にやって来る。それらのメッセージに…あなたは気付くことが出来ますか?」

「神秘的なメッセージを受け取ることが出来ますか?

 

「メッセージを信じ、どう行動するかは、あなた次第」

「魂は強制しない。魂は無理強いもしない。ただ私たちに委ねられている。

…そう言った意味で、私たちは自由。…魂からつねに自由で生きている」

 

「でも自由には責任が伴う。私たちに自身に責任が伴う。

…私たちは自分の人生に、大きな責任があるのです」

「私たちの魂は、私たちが想像するよりはるかに深くて広大。

…私たちの魂は、私たちが気づいてさえいないことを発見する」

 

「その中で、特に注目すべき事柄は、

…私たちがなぜ…自分…という特殊な才能を持って生まれたか…を理解すること」

「他人とは違う、ユニークな資質を持って生まれたか…を理解すること」

「そうすれば…あなたの中にコアが芽生え…魂のコアが生まれるはず」

 

「コアは植物の種と同じ。どんなに小さくても、

…その内側にエネルギーを蓄えている…成長の源を蓄えている」

「ただ、あなたが、なすべき事は…学ぶこと。

…種が苗木に生長する方法を学ぶこと」

「知識が、あなたの成長の水となり、知恵が、あなたの成長の養分となる」

 

「だが私たちは、一度得たコアを落としそうになる。

…せっかく得たコアを手放してしまいそうになる」

「そのとき魂は訴える。私たちに特殊な感覚を使って訴える。

…わたしを離さないで…」

 

「もし、あなたが…その感覚に気づくことが出来れば、

…人生を魂で満たすことが出来るでしょう」

―魂の復活― リュウショウ・オカモト

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!