魂の闘い

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「私たちの魂はいつも闘っている。

…私たちの魂は、他人の経験が自分にはない…というジレンマと闘っている」

「その闘いの中で自我が生まれ…しだいに我欲に変わる。我欲は単なる他人の映し鏡。

…だが私たちは、その鏡に映る姿を、自己だと勘違いをする」

「我欲の世界は所詮…他人の鏡。どんなに闘っても勝つことはない」

「この世に存在する全てのもの…にはそれぞれ魂が宿る。

…活気に満ちた風の踊り…古木に宿る小さな芽…そして、忙しく働く植民地のアリたちにさえも」

「宇宙は全てをデザインし、そこに魂を宿らせる」

「だが私たち人間は…他人の鏡と闘っている。愚かにも…自我と魂の分裂のために闘っている」

「生き残るため、世の混乱と秩序のため、他人の鏡に負けないよう

…構造を造り出し、維持することに闘っている」

「世は、この事を ”エゴ” と呼ぶ」

「エゴ こそが、人間社会が造りだした、大きな映し鏡だ」

 

「だがエゴは、魂との出会いを恐れている。

…何故なら魂は自由だから…唯一社会に構造化されない存在だから」

「もし君に、経験できる魂があるならば、エゴから逃れられるかもしれない」

「これが、私たちが最も深い魂を探す目的…これこそが魂の復活。

…そして、これこそが本当の魂の闘い」

 

「それでもエゴは、自我こそが唯一絶対の自己として、その鏡に姿を映させる」

「その時、君は…鏡に映った自身の存在に疑問を持たなければならない。

…まさに一時的であったとしても、アイデンティティーから自身を切り離さなければならない」

「私たちが知っている、すべての基礎。これまで積み上げてきた積み木を、崩さなければならない」

「君にそれが出来るのか?…本当に出来るのか?…問いかけてみる」

「その勇気が、自分にはあるのか?…と問いかけてみる」

「お金を稼ぐためだけの仕事を諦め…路上生活になるかも知れない恐れ。

…友だちを失い…孤独になるかも知れない恐れ」

「これら未知なるものへの恐れは、魂が求めるものを具現化する力を妨げる。

…魂が完全に体験することの邪魔をする」

「それでも君は…魂と向き合えるのか?」

 

「魂は決して無理強いはしない。ただ魂は待っている。

…君が恐れを乗り越え、気付いてくれることを待っている」

「君は…本気で魂と向き合えるのか?

…魂が破壊され、本当の自分が分らなくなっても…向き合えるのか?」

「君は…魂を、本気で取り戻すつもりがあるのか…と」

-魂の闘い- リュウショウ・オカモト

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!