タロット、占星術など、占い、スピリチュアルに関するサイト

【書籍紹介】『リサ・ランドール 異次元は存在する』は今読んでも新しい!

2021/06/07
 







この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。Ryushoです。最近、『宇宙・異次元』関連の動画紹介⬇をよくしているのですが……。

【動画紹介】『毎晩、夢に現れる宇宙人に聞いた話』の動画が面白かったので紹介します。

今回は書籍です。それも2007年に出版された、少し古い本です。

僕の大好きな写真家『森山大道』さんの言葉じゃないですが……。

過去はいつも新しく、未来は常に懐かしい

みたいな感じで、僕が昔買った本にふと目が止まって、再び読んでみると、今、僕が探し求めている『異次元』のことが書かれていましたので、今回のテーマとしました。

その書籍とは……。

リサ・ランドール 異次元は存在する』です。

これは日本人宇宙飛行士の『若田光一』さんとの対談をまとめられた本ですね。

ちなみに、先の写真家『森山大道』さんの言葉から着想を得た……。

ドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来は常に懐かしい

も超おすすめで、ホームページ⬆がありますので、興味のある方はぜひご覧になって下さいね。

それでは本題に戻ります。今回も内容的には短め(たぶん3分以内に読める)になると思いますが、気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

【書籍紹介】『リサ・ランドール 異次元は存在する』

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

Ryusho
Ryusho
先に書籍の紹介をしますね。

リサ・ランドール氏の書籍

 

 この本が出版された頃は、ちょうど僕が『ヒプノセラピー(催眠療法)』を始めたばかりの頃で、『潜在意識』とか集団無意識『アカシック・レコード』などを調べているとき偶然に出会った本です。

リサ・ランドール(Lisa Randall )氏は、アメリカ合衆国の理論物理学者で、専門は素粒子物理学と宇宙論。現在、ハーバード大学物理学教授。プリンストン大学物理学部で終身在職権(tenure)をもつ最初の女性教授となる。また、マサチューセッツ工科大学およびハーバード大学においても理論物理学者として終身在職権をもつ初の女性教授です。『ウィキペディアより抜粋

ただ当時は、まだ人間の意識が、普段から『異次元』に存在し、毎日アクセスしていることを知らなかったですし『宇宙の成り立ち』や、最先端物理学である『量子力学』について不勉強であった為、この本を一読したのですが、そこまで深く理解していませんでした。

Ryusho
Ryusho
ちなみに、このあたりの話に興味のある方は……。

ナオキマンの2ndチャンネル『宇宙のどこかにあるとされるアカシックレコードとは?!(深堀)』

……を見られると理解がより深まると思います。

Ryusho
Ryusho
今回は『ちなみに話』が多くてすいません。

ナオキマンさんのチャンネルは、数多くある『都市伝説・スピリチャル』系Youtuberの中でもトップクオリティーの動画で解説が分かりやすいので、おすすめです。

この動画を見てから、今回紹介する書籍『リサ・ランドール 異次元は存在する』を読まれた方が、より理解が深まるかも知れませんね。

ただし今回、ご紹介した書籍は中古本がほどんどで(※2021年6月現在Amazonで中古品270円+送料)新書が欲しい方は、3000円~5000円と価格に幅がありますので、楽天とか他の価格をよく調べて購入して下さいね。

 

リサ・ランドール氏の書籍

 

 


 

 

『リサ・ランドール 異次元は存在する』の内容

ではここから書籍『リサ・ランドール 異次元は存在する』の内容について、少しだけお話したいと思います。

Ryusho
Ryusho
本の目次を見ると……。
  1. わたしたちは異次元世界に囲まれている
  2. 万物の成り立ちを解き明かしたい
  3. 5次元世界と宇宙の謎

3つのChapterから構成されています。

これと最後に、日本人宇宙飛行士の若田光一さんとの『インタビューを終えて

  1. 宇宙にはみえないものが確かに存在する

という内容になっております。

 

感想レビュー】『リサ・ランドール 異次元は存在する』を読んでみて……。

 

Ryusho
Ryusho
久しぶりにこの本を読んでみて、驚いたことは『今読んでも新しい』ということです。

さらに言うと、ランドール博士の話は素人にもわかるように語っていて、非常に理解しやすく、かつ知的で洞察力に富んだ内容で面白く読めました。そして僕が注目した内容は……。

Chapter,1で、まず『わたしたちが暮らす3次元世界は、人間の目には見えない5次元世界に組み込まれている』という部分です。

特に3次元世界はバスルームにあるシャワーカーテンで、わたしたちはカーテンにつく水滴のようなものと説明していますね。

このように氏は、難しい理論物理学を、わたしたちの身の周りにあるものに置き換えて説明してくれて、感覚的に教えてくれています。さらに若田氏が、合いの手や質問を入れることで、さらに理解が深まって行きます。

Chapter,2では『万物の成り立ちを解き明かしたい』という彼女の気持ちを中心に『異世界ブームの到来』というこれからの未来の科学が向かうべき方向を暗示している内容でして、2007年当時から考えると、そのとおりになったなといった感想です。

そしてChapter,3では、『5次元世界と宇宙の謎』ということで、その『宇宙の謎を解くカギは重力』であると、はっきりと語っていて、現在、CERN(欧州原子核研究機構)※世界最大規模の素粒子物理学の研究施設で行われている

宇宙の秘密を解き明かすための研究』で、たびたび取り沙汰される『ダークマター(暗黒物質)』や『ダークエネルギー』も、宇宙の重力が存在する原因を調べる研究ですから、この本は単なるSFや都市伝説ではなく、きちんとした未来科学を語っていた理論物理学の本だったということですね。

ですが、難しい専門書ではなく読み終わった後、まるで異次元旅行でもしたかのような気分になりますし、またベストセラーになった、リサ・ランドール氏の『ワープする宇宙』を読む前に読んでおいたほうが、より理解が深まっていいと思います。

 

まとめ

 

さて今回も、また短めでしたが、紹介動画を含めて、深い内容だったと思います。昨今、僕はこういった『最先端科学』と『スピリチャルや精神世界』に近づいてきているように感じていまして、特に関心があったので、少し古い本ですが紹介させていただきました。

リサ・ランドール氏の書籍


 

 

 

今回のブログ記事で興味の湧いたかたは、一度読んでみて下さいませ。 

みなみ
みなみ
読んでみたいと思いますが、みなみにも読めますか?
Ryusho
Ryusho
はい。問題なく読めますよ。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また次回、お会いいたしましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2021 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!