自然に囲まれたカフェに行ってきました。「KITOKURAS」キトクラスカフェ…です。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

木を知って楽しもう…をテーマに、遊んで、食べて、散歩して、ゆったりと出来る場所、「KITOKURAS」キトクラスカフェに行って来ましたので、少しだけ写真をアップいたします。

実は…その昔、僕は建築士だった頃がありまして(占い師に、カウンセラーに、写真に…ってあんた何者?…w(゚o゚)w オイオイ!)その時、とくに自然の中に溶け込んだ建築(例えばログハウスとか)が好きで、よく高知県や、徳島県の山の中へ車で行っていました。

おそらく今はもう、無くなってしまったと思いますが、高知県の足摺岬(最南端)にあったログハウスのペンションに宿泊を、何度かしたことがありまして、その時の…

自然の中に包まれる感覚…が、この香川県の、それも自宅から1時間以内(車で)に行ける場所に、あったので驚いています。

「KITOKURAS」キトクラスカフェ

きっかけは、たまたま知り合いの人が、テレビ(地方局)でカフェの特集をしていたのを見ていて…僕が木に囲まれる自然が好きなのを知っていたので、教えてくれたことでした。それで早速、行って来ました。

看板だけを見ると、まるでハワイの道路わきにあるカフェのように見えます。

カフェがある「KITOKURAS」は、山一木材という材木屋さんが、森の中に作った、木のテーマパーク…といった感じの場所です。とてもセンスよく設計された木の空間に、カフェ、雑貨店、小さな図書館もあります。

定期的にマルシェもされていて、木が好きになってしまう場所です。


お店の奥には、のんびりできるベンチ、すべり台もあります。

カフェは一番奥で、ブランコやベンチの右横にあります。入り口が少し分かりにくいので、雑貨店だけ見て、帰りそうになりました。

これが、木の雑貨店の入り口です。少し中を覗いてみましょう。

あれ?…雑貨店ではなく、小さな図書室みたいです。子どもが乗る木馬もある。

図書室のお隣にある雑貨店に入りました。木で作られた雑貨がいっぱいです。

たくさん並べられた、木のお皿のあいだに、ワンちゃんが2匹おりました。名前は「無垢のむくちゃん」…と言うらしいです。

目が合ってしまい…一瞬、買ってしまいそうになりましたが…

僕が買ったのは…一番右の白い無垢の木の  ”やつ”  です。金属のねじを、少しだけ動かすと…小鳥のさえずり…に聞こえます。たしかバード・チャープ…と言ったっけ??…一番右の  ”やつ”  が一番やさしい鳴き声でした。

雑貨店には、木で作られた雑貨がたくさん売られていました。詳しくは、他のブログやお店のホームページで見て下さい。

これが「キトクラスカフェ」ですが、残念ながら店内は、他のお客さんが、たくさん居たのでブログにはアップできません(個人情報の関係です)その代わり、カフェのテラスがら、外に出て森の中からカフェを撮影してみました。

自然に囲まれて、気持ちのいい空間でした。真夏でしたが、木陰で、あまり暑く感じませんでした。

「KITOKURASU」の看板から道路を挟んで向かいにある山一木材さんの製材工場も、大物を扱うおしゃれなショールームになっているので、色んな木を使った製品をゆっくり見て楽しめます。(ごめんなさい写真がありません)

今回のまとめ

今回は、たまたま行った「KITOKURASU」カフェが、あまりに気持ちよかったので…ついブログに写真をアップしてしまいました。行ってみたい方は、住所とホームページURLを貼っておきますからご覧下さい。

住所:香川県丸亀市綾歌町栗熊東3600-5
電話番号:0877865331
備考【URL】http://kitokuras.jp/kitokuras/
※KITOKURASさんのホームページは、改装中みたいなので(ブログアップ時)上記URL内のFacebookページを見て下さい。
地図
香川県丸亀市綾歌町栗熊東3600-5

今回も最後まで見ていただいて、ありがとうございます。今日も、みなさんに幸せが訪れますように…Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.