大天使ラファエル「癒しのアークエンジェル」について考える。

2017/12/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回はアークエンジェルは大天使ラファエルです。その役割についてお話したいと思います。今回の大天使も皆さんにとってあまり耳にしたことの無い名前だと思いますが、やはりその役割は重要で、ある有名な神秘主義にも関係していますので、さっそく見て行きましょう。 😆

大天使「アークエンジェル」の名前とその役割

◎大天使ラファエルとは

ラファエル」その名前の語源は「神の熱」で「癒しを行える輝ける者」の意味を含んでいます。また「人間の生命を見守る者」とされています。それは、旧約聖書「創世記」からアダムとイヴが住むエデンの園にある「生命の木」の守護者と称されているからです。ちなみに、この「生命の木」とはユダヤ神秘思想において最高の秘儀「カバラ」にある「セフィロトの木」の事で、人間の魂の成長を十個のセフィロトつまり「魂の玉」の段階で表した木の事です。

ラファエルがこの「生命の木」を守護するという事は、人間の魂の成長を守り、命を守るという事です。つまりラファエルは人類全ての生命を守り癒す、医者のような大天使だということになります。この事がよく分かるのは旧約聖書・外典「トビトの書」です。

 

◎癒しの大天使

◎旧約聖書・外典「トビトの書」より

ユダヤ人トビトはある晩の事、殺された同胞の葬儀を終えて家に帰るのですが、死人に触れて不浄の身だった為に寝室に入らず、中庭の壁の側で横になり眠っていたところ、壁の上にいたすずめが糞を落とし、運悪くトビトの目に入ってしまいます。

慌てたトビトは医者に行きますが、どの医者も治すことが出来ず、目が白い膜でおおわれてしまい、失明してしまいます。そんなある日の事、トビトは遠方に住む知人に貸していたお金の事を思い出し、失明した自分に代わって息子のトビアスに取りに行くように頼みます。

こうしてトビトの息子トビアスは旅に出る事になるのですが、目的の場所が遠く不慣れな事もあって、信頼できる同行者を探す事になります。すると程なく彼の前にアザリアという若者が現れて、共に旅をする事になります。実はこのアザリアラファエルという天使でしたがトビアスは知る由もありません。

旅の途中、チグリス河に立ち寄ったトビアスとアザリアは、トビアスが河で足を洗っていた時、偶然その足に飛びついてきた魚を捕らえます。そして、アザリアはトビアスに対してこう言います。

魚を切り開き、心臓と肝臓と胆のうを取り出して大切に取っておきなさい

するとトビアスはアザリアに尋ねます。

兄弟アザリアよ、あの魚の心臓と肝臓と、胆のうは何の役に立つのですか

アザリアは答えます。

心臓と肝臓は、悪魔や悪霊にとりつかれて悩んでいる人がいた場合に、その人の前でいぶして煙を出すと悪魔に悩まされなくなるのだ。それから、胆のうの方は目に白い膜(白内障)のかかった人を治すのに遣うのだ

こうして再び旅を続けたトビアスはアザリアの預言どおり、悪霊に取り付かれたサラという名前の娘を助けます。そして、アザリアの勧めでそのサラを嫁にめとり、さらにトビトに頼まれたお金をもらいうけ、父のいる故郷に帰ります。そして、父との再会のときアザリアがトビアスにこう言います。

トビアス、再会の時、君のお父さんは、目を開けるだろう。そうしたらその目に胆のうの汁を注ぎなさい。胆汁が目を刺激するとお父さんは目をこするに違いない。そうすれば、白い膜が取れて、お父さんは君を見ることが出来るのだ」

トビアスは言われたようにしました。すると白い膜が目のふちからはがれ落ちトビトは息子を見ることが出来るようになったのでした。

 

大天使ラファエルの役割

トビトの書を読むと大天使ラファエルが魚から薬のような効能を取り出すことから、医療行為に熟知している事がよく分かります。もし、あなたが身体の体調に不調を感じたならラファエルの名前を呼んでみてください。軽い症状なら回復に手助けをしてくれるでしょう。

もし重い病ならどんな医療にかかればよいか、また偶然的な出会いによって良い医者に恵まれるよう守ってくれるでしょう。またトビトの書にあった悪魔祓いは、人間の精神面のケアを意味していると思われます。肉体的な癒しだけではなくて、心の問題についてもラファエルはあなたを癒してくれるでしょう。

 

またトビトの書の中でラファエルをするトビアスに同行し守り続けます。このことから、あなたがなどに出かけるとき守護を頼んでみてください。家を出てから、旅をして、再び自分の家に帰るまであなたを守ってくれるでしょう。あるいは、この「家に帰ると」いう意味から、家出人捜索やいなくなったペットを探す事にも力を貸してくれるかも知れません。

今回のまとめ

今回はアークエンジェル大天使ラファエル」について見てきました。ラファエルは一般的にあまり知られていないので「トビトの書」の説明が長くなってしまいました。

しかし何故ラファエルが癒しのアークエンジェルと呼ばれるか?分かったと思います。 😆

これからも浪漫紀行は、身近で見つけた奇跡や、みなさんに役立つ記事を中心に書いて行きたいと思います。みなさんの幸運な人生のお手伝いが出来ることに幸せを感じながら。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2017 All Rights Reserved.