「魔術師としての基礎訓練とは」魔導書シリーズ

2018/04/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

グリモワールの内容をそのまま行うだけでは、魔術は成功しません。魔導書に書かれた儀式や呪文を何度唱えても、効果がまったく発揮されないでしょう。

魔術道具や魔術を行う天文学的日時や、呪文の強さなどばかりに気を取られていても、残念ながら何の意味もありません。むしろ、魔術の達人と呼ばれる人は、それら魔術道具を一切使わなくても、魔術の力を発揮する事ができるのです。

これこそが真のマスター魔導師ですが…

魔導師いわく、道具にこだわっているようでは真の魔術師にはなれぬ!

…と言う事でしょうか。

そこで、今回のテーマは「魔術師になるための基礎訓練」を取り上げたいと思います。

基礎訓練

魔術師としての力を発揮するために必要な基礎訓練は2つあります。それは…

●クンダリニーの覚醒

●ビジュアライゼーション

の2つです。…と言われても何の事やら分かりませんよね。しかし心配無用、1つずつ説明しますね。※尚この2つの基礎練習は魔導書「グリモワール」に記されたものではなく、ヒプノ・セラピストの私が持っている基礎知識を応用して、魔術師基礎訓練に取り入れたものです。

 

クンダリニーの覚醒

まず、クンダリニーとはヨーガの言葉で、一般的な健康目的のヨガとは違い、超常的能力向上を目的としたヨーガで「クンダリニー・ヨーガ」と呼ばれています。

サンスクリット語でプラーナという言葉があって、意味は「生命」で、ヨーガでは、宇宙に満ちている根源的エネルギーとされています。

そして、その根源的なエネルギーであるプラーナを、人体の中で螺旋(らせん)状に循環させる事で、超常的能力を活性化させることを「クンダリニーの覚醒」と呼びます。ちなみに、クンダリニーはサンスクリット語で螺旋(らせん)コイルなどを意味します。

クンダリニー・ヨーガの実践については、専門的な修行が必要ですが、以前このブログで書いた…

自宅でも簡単に出来る仏教瞑想を応用した「手放しメソッド」瞑想法~その1…と、

自宅でも簡単に出来る仏教瞑想を応用した「手放しメソッド」瞑想法~その2…でも、プラーナの循環と制御は十分行えますので、一度ご覧下さい。

一度の練習では効果はあまり見られませんが、これらヨーガや瞑想を繰り返すことで、あなたの体内エネルギーは浄化され、魔術師としてもパワーや能力が高まって行く事でしょう。

 

ビジュアライゼーション

これまた、何の言葉か分からないと思いますが、日本語で言えば視覚化のことで、目を閉じて想像力で物を見る訓練の事です。

これは手前味噌で申し訳ありませんが、全米催眠術療法協会認定セラピストとしての私の得意分野でして、簡単にビジュアライゼーションのやり方を説明すると…

まず、単純な図形を白い紙の上に描きます。三角形でも四角形でも構いません。星の形でも良いでしょう。そして、その図形を30秒ほと、じっと凝視します。※超能力開発に使うESPカードを使ってもいいです。

そして、次に目を閉じて、今脳裏に焼きついた図形を、心の目で見る訓練を繰り返すだけです。これが「ビジュアライゼーション」視覚化と呼ばれる練習方法です。

慣れてくると、心の目で見た図形を、より長い時間留めて見たり、タロットカードなど複雑な図形を見られるようになります。さらに進むと、伏せたタロットカードを見ずに、ビジュアライゼーションで、言い当てたり出来るようになるかも知れません。

この「ビジュアライゼーション」の方法についても、より詳しく知りたい方は…

「ガーディアン・エンジェル・セラピー」メソッド~ビジュアライゼーション編…をご覧下さい。

今回のまとめ

さて、今回取り上げた2つの基礎訓練は魔術師になるためだけではなく、身体エネルギーや記憶力の向上にも貢献し、あなたの潜在能力を上げる効果を発揮すると思われます。そして、これの能力を手に入れた、あなたは魔術師になる準備が整ったことになります。

文字通り「ソロモン王の鍵」であるマスター・キーを手にしたあなたは、魔術師への道を一歩進めたことになるのです。

しかし魔導師への修行は始まったばかりです。ここから先に進むには、本格的にグリモワールの習得に励まなければなりません。例えば「ソロモン王の大きな鍵」では惑星霊の召喚惑星護符の作成です。

その為には占星術やカバラなど最低限の知識が必要となりますが…(※惑星霊とは占星術の7天体(惑星)の事です)

今回の魔導書シリーズはとりあえず、ここまでにしたいと思います。占星術や、カバラの生命の樹などの知識記事が、書き進んだ段階でまた、魔導書シリーズの次のステップが紹介できたらと考えています。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。みなさんの幸運な人生を願いながらRYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.