占い師になるには独学か?それとも学校に通うべきか?

2018/06/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今から20年以上前の時代では、何かの専門職に就く場合はほとんどが、その専門の師を見つけ弟子入りをするという事が一般的でした。

しかし、昨今では修行の代名詞であった寿司職人ですら専門学校で学べるという時代に変わりました。話によれば、わずか3年ほどで、客前で鮨をにぎれるようになるそうです。

僕の若い頃の感覚では、修行に入ると下働き(皿洗いや雑用)に最低3年かかり、一人前にお客の前に出られるようになるのに最低10年以上の修行期間は必要でした。

当時はこれが当たり前の世界で、現在の専門学校のように、最初から技術を教えてもらえる世界ではなく、弟子は師の技を見て覚えろというスタンスでした。

占いの世界も師から弟子へと

占いの世界も同じで、師につくと、毎日毎日、明けても暮れても師匠の身の回りの世話(掃除に電話受付、車での送り迎えなど)ばかりで、専門知識は教えてもらえませんでした。(…と書きましたが、実は僕に師はいません。これは僕の知り合い占い師を横目で見ていた体験談です)

僕はどうしたかと言えば、本から学びました。しかし今と違って、ネットも発達していませんでしたから、専門書を扱う本屋や図書館などに、毎日出かけていって学んでいました。

ある意味、僕の師は本の中で出会った先人達です。この本との出会いが、いわゆる師匠との出合いでもあります。本を探すのは大変でしたが、おかげで良いこともありました。それはまず、雑用をしなくていい事。そして、これが一番大切な事ですが、偏った知識に固執しなくていい事です。

本の中だと、日本だけでなく世界中の師匠と出会えます。例えば同じ占星術でも日本式と英国式、インド占星術や南米マヤ文明の占術とも出会えました。

僕の占星術が気になる方は…

恋人との小さな喧嘩が絶えないあなた。その理由を誕生星座ごとに並べてみると…。とか読んでみて下さい。

少し変わった占星術なら…

ネイティブアメリカンの動物占いで、あなたは何の動物になるのか…知りたくない?とか

また海外の占術も取り入れてみて…

星座占いとは違う、あなたの誕生月が、あなたの魅力を引き出す秘密を明らかにします。…などを読んでみて下さい。僕の占術の考え方がバラエティーに富んでいることが分かる筈です。(笑)

このように好きな占術、自分に合ったものを選べばいいです。僕の基本は西洋占星術(英国式)ですが、これら以外にも、インド占術やマヤ文明のマヤンオラクル、宿曜占星術など、いいところをアレンジしてあります。

しかし本物の師匠につけば、これは許されません。結局のところ、師についたとしても勉強するのは自分自身ですから、これは視野が狭くなるだけで、あまり勧められませんが、中には自分で何を勉強したらいいのか分からない方もいらっしゃると思います。

そんな人は、師について学ぶことも一つの手だとは思いますが、いずれ卒業し、師の下を巣立つ日が必ず来ると思います。

学校に通うべきか

さて、話は少しそれましたが、僕の考えでは基本的に、専門知識を学ぶ場合は独学だと思います。本から学ぶにしても、一時期、師について学んだとしても、自分から学ぶ姿勢がないと習得出来ないと思います。

それに昨今ではネットという便利な道具があって、どんな本から学べば良いのか?また専門的に教えてくれるサイトまで存在します。ネットを活用して学ぶ事も、また本から学ぶ独学も同じだと考えます。※少し楽して学ぶことになりますけどね(笑)

何から学んでいいか分からない方は…

占いを勉強したいけど、何から始めればいいの?という話…に僕の体験談も含めて書いていますので読んでみてくださいね。

しかし同じネットで学ぶにしても、スクール専門学校スタイルの、いわゆる占い専門講座サイトがあります。僕は通ったことがないので、詳しくは分かりませんが、内容のカリキュラムを見ると、手取り足取り、とても親切に、また動画付きで教えてもらえるみたいです。

この学校スタイルは、とても人気で受講生も増えているみたいですね。ただし僕が15年前くらにNHK文化講座で簡単な講義をしていたときと比べて講座金額がとても高いことに驚きました。ちなみに学校と言えば、世界の大学で唯一、西洋占星術を専門課程にしている大学がイギリスにあって、20年位前でしたが、僕も行きたいなと思っていました。(※行けませんでしたけどね(涙))

何事も学ぶ姿勢が第一

僕は決して、学校で学ぶことを否定している分けではありません。独学よりも効率よく学ぶことも出来ますし、素晴らしい先生と出会えるかもしれません。特に初めて占術という専門知識を学ぶ方にとって、何から学んだら良いのか分からない場合には、学校は一番いいと思います。

また昔の師匠と弟子の関係のように、固執した技術にもならないでしょうし、占術の中でも分野や種類が合わないなら、違う専門に変えればいいだけの話ですから。しかし、もしあなたが、プロの占い師になりたいろ言うのでしたら話は少し違います。

もしプロになりたいのなら、学生のように教わるのではなく、自分から貪欲に知識を求めに行く姿勢が重要になります。そしてその専門知識が、自分や、また今の時代に合っているのか見極める事も大切です。プロの占い師として、あなただけのスタイルを確立すること。これが一番重要な目標となるでしょう。

この姿勢を貫いていると、きっといつかあなたのオリジナルなスタイルが出来て、人気占い師になれると思います。がんばってくださいね。

今回のまとめ

今回も少し長くなってしまいましたが、最後まで読んでくれてありがとうございます。少し説教くさくなりましたが、本気で占術を勉強されれいる方へのエールだと思って聞いて下さいね。 😛

みなさんに幸せが訪れますように。RYUSHO

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.