占いカウンセラーが考える「コンフォートゾーン」とは…

 
この記事を書いている人 - WRITER -

もしみなさんが…「今よりいい生活がしたい!」…そのために「いい仕事がしたい」…もっと具体的に…「年収を上げたい!」と思っていたとします。

そういう中で、当然、新しい仕事にチャレンジしたり、最大限の努力を重ねると思いますが…でも、なかなか新しい仕事が上手く行かなかったり、成績(売り上げ)が上がらないと…

この仕事(新しい)自分に向いていないのかな?…と疑念が生じたり、不安になったりすると思います。そして最終的に、自分が上手くいかないのは  ”が弱いせい”  だと考えているかもしれません。

でも、これって、ただ単に「メンタルが弱い」という  ”ひとこと”  だけで片付けられるような単純な話じゃないんですね…。(^_^)ニコニコ

この一連の心の動きを…心理学的に分析すると「コンフォートゾーン」という潜在意識の働きが関係していることが分かります。

そこで今回は…巷の心理学や自己啓発で話題になっている「コンフォートゾーン」について  ”占いカウンセラーの立場”  から考えてみたいと思います。でも安心して下さい 。あまり専門的な話にはしません(…つもりです…(^_^)… )

 

コンフォートゾーンとは

みなさんは「コンフォートゾーン」という言葉、聞いたことはありますか?

最近、自己啓発の本を読んだりすると、よく目にするようになりましたが…本にはこう書いてあります。

「成功したかったらコンフォートゾーンを抜けださないといけない!」「成功はコンフォートゾーンの外にある!」…てね。

何それ?…って感じですよね(笑)でも、気になりませんか?

難しい話は抜きにして、僕が「コンフォートゾーン」とは何なのか、どうやってコンフォートゾーンから抜け出せばよいのか、をお伝えしたいと思います。(本当に、そんな事出来るの?…(^_^)…)

 

コンフォートゾーンを、ちょこっと解説

コンフォートゾーンとは、日本語に訳すると「心地よい場所」とか「快適領域」になります。心理学的に言えば「心の縄張り」みたいなもので、あなたの潜在意識が感じる「不安やストレスのない、安心していられる環境」のことです。

少し専門的になりますので…読み飛ばして下さいね(笑)

”ちょこっと、うんちく”

コンフォートゾーンは、もともと1908年に、アメリカの心理学・動物行動学者であるロバート・M・ヤーキーズ博士と、心理学者のジョン・D・ドットソン博士が提唱した「※ヤーキーズ・ドットソン の法則」に端を発した言葉で(※ある程度のストレスを感じていたほうが、作業の効率が上がるというもの)逆に、そのストレスに慣れた状態を、コンフォートゾーンに入った…とも言う。

また、コンフォートゾーンは心理学のホメオスタシス(※恒常性維持機能)から生まれた概念で、ホメオスタシスは「同一の状態」といった意味です。(全然、簡単な話じゃないな!…専門的だし…笑)

つまり…あなたには潜在意識のホメオスタシスの働きによって「同一の状態を維持する」一定のコンフォートゾーン(縄張り)が設定されているんです。

これは、あなたの仕事や年収、成績にも及びます。

少し下世話な話になりますが…例えば、あなたの年収が300万円台だったとします。すると、普通にがんばっても、あなたの年収は、250~350万円台に収まるでしょう。(えっ…そうなの?)

でも収入が50万も下がったら(年収250万円)何か、がんばって(成績を上げる)と思われますが、めちゃくちゃがんばっても、年収350万円が限界です。(上下トータルで100万円上げるって、無理だと思うな…涙)

しかし…250万円以下に下がることもありません。これが心理学が言うところの「コンフォートゾーン」です。つまり潜在意識の中で「安全な縄張り」が設定されていて、そこから出ないようになっているのです。(だったら…いいじゃん!…って話…笑)

 

成功や成長の足を引っ張るコンフォートゾーン

でも、もしあなたが「現状からもっと成長したい」…とか「年収を倍にしたい」…とか考え、そして新たにチャレンジした場合、この安全な縄張りである「コンフォートゾーン」が、あなたの足を引っ張ることになるのです。

どうやって、足を引っ張るのか…ですって?…それは、みなさんも、もう既に何度も経験されていると思いますが…

成績を上げようとがんばっても、すぐには上手くいきません。そんな時、あなたの潜在意識が…不安、自信喪失などから、ネガティブ・キャンペーンのオンパレードが心の中で展開され…最悪、チャレンジを止めてしまいます。

この心の動きは、誰もが経験する心理学的な動きで、本来はあなたを危険な場所、環境から守るためにあるのですが…成長の壁を越える場合においては、やはり  ”足かせ”  になってしまうのですね.

では、占いカウンセリング的に、成長(成功)のために「コンフォートゾーン」を克服する方法は、無いの?…って話ですが…

…「あるよ!」…と答えたいと思います(また、このパターンかい…という事は…もしかして…笑)

…(^_^)ニコニコ …はい、お察しの通り(笑)「コンフォートゾーンを克服する方法」につきましては、次回のブログ記事でお話したいと思います(…やっぱり、また引っ張る作戦だね…笑)

興味のある方は、次回も読んで下さいね(笑)

今回のまとめ

今回は「コンフォートゾーン」を年収で説明しましたが、スポーツの成績とかで考えると、より分かり易いかもしれません(…だったら、最初からそうしたら?…笑)

僕…今はもう止めてしまいましたが(…コンフォートゾーンの影響か?)昔、ゴルフをやっていまして、18ホールのコースを午前と午後に、それぞれ9ホールづつラウンドするのですが…

その日の午前中、めちゃくちゃ調子が良くて「よし、自分のアベレージ(平均スコア)を超えるぞ!」…と息巻いて、休憩を挟んでから、午後のラウンドに出たとたん、めちゃくちゃスコアを崩してしまい、結果的に、アベレージを少し下回る成績で終わった…という経験は何度もありました(コンフォートゾーン…恐るべし…(T_T)…)

逆に成績のいい選手が、前半悪くても、後半になると、きっちりスコアを合わせて来る…何てことも、よくありますよね。その時、僕はまだ、心理学を学んでいなかったので…ゴルフの神様のいたずら…なんて思っていましたが…

これらは潜在意識のなせる技、だったんですね。今だったら、小さな成功体験を…おっと、この話はまた次回にしたいと思いますので、お楽しみに。

今回も、最後まで読んでいただいてありがとうございます。今日も、みなさんに幸せが訪れますように…Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.