「冒険しない若者は恋愛もしない」って本当?…について、ひとこと言わせて!

2018/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本の若者があまりチャレンジしない」という声を聞いて、少し心配ではありましたが、いよいよ「恋愛もあまり興味がない」という若者が増えているという事で、大変心配になって何を書こうか考えていたのですが…

思い切って「僕にとって冒険とは?」という、個人的な体験と意見を書きたいと思います。

ただし、今からお伝えする言葉は、有名人や偉人などの名言ではありませんので、あまり役に立たないでしょうし、興味の沸かない方は読み飛ばしてもらって結構だと思います。(笑)

それでは早速始めたいと思います。

 

僕にとって冒険とは?

手前味噌ですが、僕が20代の頃は…

旅に行きたくて、行きたくて、仕方がなかった…です。

でも、お金がなくて、リッチな旅は出来なかったけれど、安い冒険の仕方を、いつのまにか身に付けていました。10代や20代前半は、自分の欲望に正直で、ガマンが出来るはずもなく、冒険をするために、バイトをしたり、その冒険に必要なバイクや車を買うために、働いていると言っても言い過ぎではありませんでした。

この頃の、働く目的はずばり冒険のためでした。

 

何故、人は冒険をするのか?

一口に冒険といっても、危険な場所に行くことではないと思います。他の人は分かりませんが僕にとって冒険とは

自分が今まで経験したことのない事にチャレンジする事

…でしたし、今でもそう思っています。とくに子供の頃から、知らない場所に行くことが大好きで、友達と自転車で「どこまで行けるかチャレンジ」をしていました。(※小学生の時、県外にまで行って保護されました)

少し大きくなって車の免許を取ってからは、中国・四国地域は何週したか覚えていません。その他、本州も行きましたが、残念ながら北海道は縁が無くて行ってません。

後、僕は20代は東京に住んでいたので、夏は湘南・江ノ島あたりでドライブ、冬はスキーに温泉めぐりと、忙しくしていましたし、また季節に関係なく、夜はディスコ(今のクラブ)に深夜ボーリング、後当時はビリヤードが流行っていたので、毎晩プール・バー(ビリヤード台のあるバー)に入り浸っていました。

しかし、世間からは「遊び人」と呼ばれ、親からは「バカ息子」と言われていましたが、仕事はきちんとしていました。イベント会社のADでしたが、内容はアシスタントで、簡単に言えば、コンサートや展示会の設営をするスタッフでした。

何故、この仕事を選んだかと言えば、トラックに荷物を載せて日本中(本州メイン)旅出が来たからです。それはもう、タイトなスケジュールで、遊びと合わせると殺人スケジュールと呼んでいました。

でも何で、こんなバカな事を続けていたのか?と言えば…それは…

毎日、人生から刺激をかき集めていたからかも知れません。

新しい事がしたい、知りたい、知らない人や知らない場所に行ってみたい。ただそれだけの理由でした。(※やはりバカでしたでしょう)

 

若者よ、大志を抱け

…なんて言葉も、僕は大人たちから言われていました。でも、そんなものはありません。目標も目的も無く、ただ、型にはまった社会に抵抗しながら、

若者は冒険してなんぼ、冒険は若者の特権だ!

…と心で叫んでいたかも知れません。

後、若者は「世界を旅した方がいい」…と言われましたが、これも違うと思っていて、僕はたまたま、旅行が好きだったから、色んなところに行きましたが、冒険は海外に行って、険しい山に登ったり秘境を旅する事ではなく…

若者の頃にしかできな事を経験すること

…と思っていました。法律に触れることはいけませんが、ちょっとくらい無茶してもいいと思います。それは、どの程度まで?と言われるかもしれませんが、まっ常識の範囲で…(笑)

 

恋愛は頭で考えてしない!

そして、冒険と似ていることが、恋愛ですが…最初から恐れていては何も出来ません。何かの心理学記事で読んだことがありますが、最近の若者は「内向的であり、社交的だと

最初、僕はその意味が分からなかったのですが「恋愛などに内向きないのに、インスタ顔出しオッケー」とか、「人前では話せないのに、ツイッター自己主張形」とか…

なんだか複雑ですね。僕らの若い頃は単純で、明るい人は全部明るい。根暗(ねくら)な人は全てにおいて大人しいと相場が決まっていたのですが…。たぶん現代の若者は情報過多で賢すぎるのかな?

そんな、頭でっかちな若者に一言…

恋愛はフィーリング(直感で)。付き合ってみてから考える!

…位の方がいいと思いますが、ただし、恋愛でひどい目にあって、僕は責任が取れませんから、失恋を引きずってしまうタイプの人は、慎重にして下さい。(※だったら意味無いじゃん

そう、これでは若者を恋愛に向けられないので、そんな失恋に悩んでいる人におススメの記事があります…

「失恋中毒脳」から立ち直るオキシントンの出し方…を読んでみて下さい。少し勇気が出るかもしれませんよ。恋愛から立ち直る方法を知って、恋愛に恐れない心を身に付けて下さい。

 

特に10代・20代の頃は、些細なことでも傷つきやすいですからね。参考にして下さい。そして最後には、恋愛も冒険と同じ、と言うことで、こんな気持ちになってもらえれば嬉しいです。

私は恋愛が大好きです。そして世界を一緒に旅をして、一生を共にできる彼(彼女)を見つけるのって素敵なことで、ただ退屈な毎日を送るのとは、人生か変わります。冒険心を持つと、世界中のいろんな魅力、いろんな人、いろんな場所に出会えて、人生の視野が広がります。

 

今回のまとめ

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。とくに今回は、ただ僕の感想というか、少し説教臭くなってしまって、ごめんなさい。でもこれは僕の、若者への本当の気持ちです。(※ブログタイトルは、ひとこと言わせて!だったけど、全然一言じゃなかった)(笑)

ブログ記事を名言集っぽく、かっこつけて書きましたが、しゃれだと思ってお許し下さい(笑)

この記事が少しでもみなさんのお役に立てれば、嬉しいです。Ryusho

この記事を書いている人 - WRITER -
こちらの記事もよく読まれています。



こちらの記事もよく読まれています。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2018 All Rights Reserved.